テーマ:ニュース

9/13 「日暮し雑記・好い加減にせよ」

 コスモス。 酔語です。 ご無沙汰しています。 朝晩は少し肌寒いですが日中は春のような陽気でした。 特に昨夕は、西の山の端にくっきりした真ん丸いオレンジのお日様が懸かり、東の空には、波のような薄雲を裂いて真ん丸い白い月。あまり眼にしたことのない幻想的な光景を醸し出していました。(残念ながら、私も同行者もカメラを携帯していませ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

8/4 「日暮し雑記・きつと帰ろう!」

  ヒマワリ 八月になりました。八月の異名は様々ありますが、「葉月」が一般的でしょう。 樹々や草花が最も色鮮やかに咲き茂りる八月。野山を映す海も川も最も活力に溢れます。 遠き昔、八月は九月初旬~十月初旬、一年かけて育んだ作物の実りの秋でした。 黄金に揺れる稲穂に群れ舞う赤とんぼと一刈り入れ・・・何時しか夕暮れにな…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

7/30(土) 「日暮し雑記・何時かきっとⅡ」

 クマゼミ 先ず、新潟・福島の豪雨で被災された方々に、お見舞い申し上げます。 ☆☆☆ 近所で蝉が一斉に鳴きだし やっと夏らしくなりました。 例年より遅かったのは、春の天候不順の所為かも知れません。 早朝から鳴き誇る。大合唱は喧しい・・・ですが、夏の風物詩ですし、大人しいと寂しい・・・・ 我が襤褸屋も、嫌な蚊の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/17(日) 「日暮し雑記・何時かきっと・」

夏・夏・夏。 台風が往った今日は、幾分気温の低い一日でしたが、明日からまた 「暑い日」 がやってくるようです。 急に猛暑になって戸惑いましたが、まあ、夏ですから夏を堪能しましょう。 このところ、トップニュースは 「汚染牛」 一色でした。 日本は本当に不思議の国だ。 どれだけ大気が汚染されようと、海洋がされよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

7/18(月) 「日暮し雑記・ミラクルなでしこ」

なでしこ 「純愛」「大胆」「勇敢」    サッカー=なでしこ世界の頂点に、澤がMVPと得点王 7月17日、サッカーの女子W杯決勝で、日本はPK戦の末、米国を下して初優勝を達成。写真は優勝を喜ぶ日本の選手たち(2011年 ロイター/Kai Pfaffenbach)ロイター [ハイライト映像]HIGHLIGHTS Jap…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/6 「木曜雑記・逃げたらあかん」

運命の扉は かく叩くのだ!  鳩山さん。逃げtたらあかん。 鳩山首相の沖縄での言動が大きな波紋を巻き起こしている。 沖縄県民の方々だけでなく、全国民が首相が明言した5月末を、多少の不安は抱きつつ、鳩山さんなら人々の思いを酌んで裁定してくれるだろうと心待ちにしていた。 ところが、鳩山首相の訪問は、負担のお願いだ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

5/5 「日暮し雑記・こどもの日」

 「こどもの日」 鯉の滝登り こどもたちの健やかな成長と幸せ、立身を願うに相応しい日和でした。 連れ合いは朝からいないが、珍しくガキどもが大人しく家にいる。 と、思ったのだが・・・ 上天気に浮かれて公園にでもと草履を履きかけたその時、「待った!待った!」 「留守番を命ずる」 ガキどもの声だ。兄弟で何処やらへ出か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

5/4 「火曜日・鳩山さん腹案は?」

 腹案は何処へ行った?。 沖縄訪問中の鳩山首相は、仲井真知事や高嶺県議会議長と会談後 記者団に対し、「国外移設は不可能、県外への全面移設は困難。 沖縄の県民の皆様に 負担をお願いしなければならない思いできた。」と述べた。 理由は散々聞かされてきた抑止力の維持。 首相「沖縄にも徳之島にも」移転検討伝える 5月4日11時4…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

5/2 「日暮し雑記・五月晴れ」

 春の陽光が眩しい。             春の海 ひねもすのたり のたりかな (蕪村) 春爛漫 空に雲一つなく、少し汗ばむほどの陽気でした。 木陰のベンチでビール片手に憩う私の頬を撫でる爽やかな風に 足元のタンポポやシロツメ草も気持ち良さそうだった。小さな若葉のケヤキも揺れていた。 間もなく本格的な 風薫る五月が…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

5/1 「日暮し雑記・土曜日」

 今日も春・晴天 連休。家族・友人・恋人と野山や行楽地で楽しんだり、普段 お忙しいお父さんやお母さんも、子供たちとt楽しい団欒をされていると思います。 私も一応、お誘いは受けましたが出不精ですので、土産(地酒)と土産話を楽しみに待つことにしました。 無聊を託っているのではありません。唯、孤独な天使を気取っている出不精な男で…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

4/30 「春がいっぱい」まで もう少し。

 春うらら写真:信州写真館様から拝借。 鳩山最終案まで残り一カ月。 いよいよ「友愛」 「命」 「人間のための経済」「コンクリートから人へ」そして国民生活第一」を、高らかに謳いあげた鳩山首相の政治・外交力と胆力が試される時が刻一刻と迫ってきた。 沖縄県民はもとより全国民、米政府、アジア欧州など世界が注視している。 主権を有…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4/29 木曜日の戯言。

 春 晴天。 明け方凄まじい雷鳴が轟き思わず飛び起きましたが、8時ごろには上がり、9時ごろには青空が広がり、10時になって春一色になりました。この調子で続いてくれることを願っています。 ★★ 共同通信が28 、29 両日に実施した調査によると、 鳩山内閣 支持率は20・7% 不支持率64・4% 政党支持率民主 …
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

4/28 (水)ニュースアラカルト

 タンポポ 花言葉 真心の愛 明日から大型連休が始まります。 最高で11連休と言う会社もあれば暦通りの会社もあります。それでも5日間の連休になります。 皆様も色々計画がおありでしょう。幸い天気も大きく崩れないようですので大いに英気を養ってください。 さて、昨日から今日にかけて、メディアはバケツをひっくり返したような猛烈な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4/27 「火曜雑記・起訴相当」

 「起訴相当」 嫌な感じですね。 「起訴相当」検察審査会は27日議決を公表した。 意外とも言えるし然もありなんとも思える結果だ。 このところのメディアは鳩山攻撃、民主壊滅作戦を異常なほど加熱させており、この議決も最大に利用するだろう。 勿論、野党もメディアを尖兵にして大攻勢を仕掛けるだろう。 一年も費やし強制捜査…
トラックバック:13
コメント:1

続きを読むread more

4/26 「月曜雑記・自民と愉快な仲間たち」

 「新報道2001」では自民が勝っています。 検察審査会は、鳩山氏 「不起訴相当」と議決しました。 これで鳩山首相の「起訴」は無くなり落着しました。 だが執着心と猜疑心の塊りの野党とメディアは、またぞろ「説明責任」なるものを蒸し返して騒ぎ立てるようです。 昨日の沖縄の県民大会の報じ方も、県民を後押しすべきなのに、追い…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

4/25 「日暮し雑記日曜日」

 島ぐるみ・一丸 鳩山首相は24日、視察先の群馬県大泉町で記者団に次のように語った。 「辺野古の海が埋め立てられることは自然に対する冒涜(ぼうとく)だ。現行案が受け入れられる話はあってはならない」  【普天間問題】  ――(岡田外相が現行案を大筋受け入れたという)米紙ワシントン・ポストの報道は事実か。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

4/23 「金曜日の戯言」

 メデイアの足に踏みつけられないように。 首相「普天間にも職を賭す」 前原国交相「小沢氏を批判「二律背反だ」 ネットニュースには金太郎飴が如き見出しが並んでいた。 政治家況してや総理大臣なら、すべての政治課題に身命を賭す覚悟で臨むのは当たり前のことだ。 この国のマスメディアは異常だ。 紙と電波を駆使して四六時…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

4/22 「木曜雑記・もう直ぐ?」

 春なのに・・ mizuhofukushima  Twitte/福島みずほhttp://twitter.com/mizuhofukushima/statuses/12611734963/                     *** 昨21日の党首討論で、谷垣総裁は鳩山首相を酷評した米ワシントンポストの記事を採り上げて、訪米し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4/21 「水曜雑記・しかし何ですねえ」

 やあ!舛添です。 ついこの間まで権勢を誇っていた自民党が凋落の一途を辿っている。 歴代の総理、派閥の領袖や財界、官界と鉄のトライアングルで利権を縦(ほしいまま)にしてきた連中は、あまりに早い時の変遷に驚き嘆いているだろう。 自民党は離党者が続出し櫛の歯が欠けたような有り様だ。 そして、また何人か抜けるらしい。 自…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

4/20 火曜日の戯言・「悲しき哉」

  コバノミツバツツジ 4日ほど留守にしていました。 その間も多くの人がご訪問下さり感謝しています。 終えようとしている桜に代わって山々では、気品溢れる淑女ようなミツバツツジが一際、咲き誇っていました。 ツツジの花言葉の一つに「節制」があると教えられました。折角、美しいミツバツツジに出会えたのだから、度を超さないよう…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

4/15 「日暮し雑記・木曜日」

 春は名のみ。寒い一日でした。 米紙の報道を借りて自国のトップリーダーを貶める日本のメデイア。 いやはやなんとも情けない。 こうまで民主を排撃してどんな益があるのだろう。 旧勢力と共存共栄しし虚飾に満ちた栄華が忘れられないのか。 怪しいき振る舞いは日毎エスカレートしている。 私益なら私益と堂々と宣言すれば良い。 …
トラックバック:6
コメント:4

続きを読むread more

4/14 「日暮し雑記・水曜日」

 空振り。嬉しそうなマスコミ。 首相直談判不発、空振り。 メディアが嬉しそうに報じている。 自民党とマスコミはアメリカ様への思慕が募るあまり、自国の首相を連日攻撃している。 どうか鳩山主導で決着しないように・・・大好きなアメリカ様の海兵隊に、豪華基地を提供して欲しい。 世界の覇権王、人権蹂躙国家の尖兵米軍には、美しい海…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4/13 「日暮し雑記・火曜日」

 月見れば・・・  この世をば わが世とぞ思ふ 望月の  かけたることも なしと思へば (藤原道長) 一度で良いからこんな権勢を振るって見たい。と、夢に見ますが・・・現実に引き替えますと、あまりの壮大さにたじろでしまうのが庶民でしょう。 藤原一族のことは措いて置きます。 自民一族は藤原一族と比較にならない小さな権力…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

4/12 「日暮し雑記・月曜日」

 一日中 雨でした。 ★ 調査毎に下がる内閣支持率。 ANN 内閣 28・5 民主党 29・5 自民党 27・6 (10~11日) NNN 内閣 28・6 民主党 27・4 自民党 24・3 (9~11日) また、ANN では、 民主中心の与党が勝って欲しい 33% 自民中心の野党が勝って欲しい 39% と、自…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

4/9 金曜の戯れ事。

 ありがとうございます。 暖かい南風が吹きしく公園に桜吹雪が舞っていました。 公園で憩う老人と鳩の頭上に、、戯れる子供たちや犬たちを、追いかけるように、やっと満開になったばかりの桜が、生涯を終える舞を舞っていました。 近所の山は頂上近くまで住宅街になっていて、自生の山桜と染井吉野が未だ、眠りから覚めない緑に混在して季節特有…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

4/8 木曜雑記。

 思いあがり ☆ 戯言1。 この2、3日、新党「たちあがれ日本」の話でお茶を濁してきました。 私のような野次馬には恰好のネタですので、今日もまた少し書きます。 今朝、何時もコメント下さる方から情報を頂きました。 それによりますと、新党「たちあがれ日本 」は 「たれぽん」を呼ばれているようです。いやぁ~なんとも締まり…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

4/7 水曜雑記  

 立ち枯れ  立ち上がれるか? 「たちあがれ日本」全文           *** 今日もありがとうございました。
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

4/6 (火) 可笑しなお年より。

 老人党と揶揄されています。 お年寄りにも色んな方がいらっしゃいます。 でも、多くのお年寄りは後進に道を託して 残りの人生を淡淡と 一歩一歩、歩んでいます。私が土日にお会いしたお年寄りもそうでした。 でも、世は不思議です。 様々あっての世でしょうが・・・やっぱり可笑しい 平沼・与謝野新党の一人、園田氏は離党届に…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

4/5(月) 一言。

 さくら。 土日と所用で遠方へ参りました。 土曜日は少し肌寒い一日でしたが2週間前に伺った時と、景色は一変していました。 田はまだ静寂したままでしたが、守るかのように桜が咲き誇っていました。 それに増して、川沿いに連なる ほぼ満開の桜が圧巻でした。 私鉄、JR 、バス、タクシーと、車窓から見える景色は春一色だった。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

4/2 「日暮し雑記・金曜日」

 魔が差した。便利な言葉です。 御年75歳、自民党の長老で元大臣。 今期限りで引退し選挙区は長男が継ぐことになっていた。 選挙まで100日あまり、同僚も地元の支持者も有終を飾って欲しかったでしょう。 人の心奥には 魔が潜んでいます。日常に追われて暮らしている限り 魔が悪戯することはありませんが、ふとしたことで邪念が湧くと…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more