9/18(土) 「日暮し雑記・忘恩の徒」

画像 勝てば官軍菅軍。情けなや。


菅体制がスタートしましたが、鳩山政権が船出した時のような高揚感はありません。何故? と自らに問うのが恥ずかしいくらい、お粗末な動物集団だからです。

菅氏は政権交代からの一年間は試行錯誤を重ねてきた、今後は「有限実行内閣」を目指すと言っている。

試行錯誤の結果、内閣からも党の要職からも小沢グループを排除して官僚に魂を売り渡すことにしたらしい。怒
勝てば官軍と言うが不可思議な選挙(不正があった 無かった と話題になっている)に勝った菅は 正に官軍になった。

小沢氏は官僚・マスメディアの天敵である。菅一派に取っても目の上の瘤を排撃したかった。だが菅一派の才覚では政権交代は覚束ない。そこで、連中は政権交代を成就するまでは小沢氏を利用することにしたのだ。今の菅氏の言動に如実に表れているが、連中は端から小沢氏が主導した「国民の生活が第一」の理念などどうでも良かったのだ。しかし選挙中は声高にマニフェストの実行を叫び政権交代を訴え実現できた。

政権交代が為されたその時からメデイア・官僚と図って日夜、小沢氏を陥れる策謀を廻らし、メディアのバッシングキャンペーンに乗って小沢氏を背中から誹謗中傷砲を乱射してきた。連中は試行錯誤を重ねてきたのではない。最初から延命のために 権力に居座りたいがため、官僚・大企業・マスメディア・米国の走狗になる道を選んだのだ。
小沢追放と言う、唯一つの目的を持って悪徳を重ねてきたのだ。

忘恩の徒。

政権交代の立役者小沢氏と鳩山氏と その理念・政策を信じて呼応した有権者を掌を反す如き あっさり裏切った。この連中を 忘恩の徒 と 言わずして何と言おう。

菅の成績は、総選挙で約束したマニフェストを反故にし参院選に大敗した。その責任も取らず代表選に出馬し、マスコミの大支援で辛うじて不可思議選挙を勝っただけである。その菅に60~70%も支持があるとマスコミは言う。

マスコミは陰険な権力である。まだ何の実績もない。海の物とも山の物ともつかない政権に祝儀で支持率を与えたのではない。彼らは我こそが真の権力だと天下に周知せんがため、人々を扇動し虚構を作り出したのだ。

嵌められたのは小沢氏だけではない。我々もまた、誑かされた。嫌、、権力亡者と化した菅一派も誑かされたのだろう。果たして、マスコミは何時まで菅一派を よいしょ し続ける積もりだろうか?

人々の希望を己が野心のため踏み躙った 忘恩の徒 菅一派。
連中は、官僚主導こそ日本の生きる道だと、高言して闇の権力に 花まる を貰って有頂天になっている忘恩の徒である。悪魔に魂を捧げた者は、必ず悪魔に魂を抜かれる。

連中は異様にプライドの高い人間だ。しかし、庶民の感性はもっと豊かで鋭い。
本音と建前上手に使い分け 人々を煙に巻く口舌の徒・菅一派を 人々が許す筈が無い。

我執に囚われた者は哀れな末路を辿る。大臣・総理に上り詰めた己を己が褒め称えて無為な老後を送るだろう。

***

今度の菅再選は昨年、民主に一票投じた私としては、正に悪夢です。
民主党は、完全に第二自民党になった。
マスコミが如何に よいしょ しようが、菅一派が居座る限り支持はしません。
恐らく私と同じ思いを抱いている人も多いと思います。

民主の支持率は、マスコミの操作に拘わらず下がり続けるでしょう。
否、あっという間に急降下しレームダック状態になるかも知れない。

マスコミは、今しばらく菅とコラボを続けるでしょうが、官・財・米にとって、無用の長物になる日も近いと思います。何故なら菅政権はあくまで第二自民党 であり 自民もどき に過ぎない中途半端で信用できない集団だからです。

マスコミと菅一派の同床異夢のコラボレーション。
人々は、段々と菅一派が如何にエゴイストかを知りつつあります。

マスコミは、第四の権力を振り回して社業の隆盛第一。
小沢のいない菅民主など只の販促のツールでしかない、と、思っているでしょう。
商売が第一ですから、何時でも共同作業を止めると通告できる。

何れ近い内に、裏切り者(我々に仇なす《菅》は、裏切り者(官とメディア)に返り討ちにされるだろう。

***

少し くどいですが、小沢氏に対しての数々の暴言。
私たちへの感謝の一言も無い、思い上がった忘恩の徒を、決して許してはなりません。
言うまでもありませんが マスメディアの政治報道を鵜呑みにしてはなりません。

だけど、政治は、私たちの生活と密接不可分です。
無関心は己が首を己が締めることになります。私たちが監視していないと、庶民を大切ににすると公言してきた民主党のような政党からでも 似非政治家どもが這い出てきます。

昨年の黎明に欣喜雀躍したことを思い出して下さい。
菅一派は、自公時代へ・・・元の慣れ親しんだ道に回帰してしまった。
マシコミの扇動に惑わされた方々・・・お気持ちは分かりますが・・・それでは次世代が困ります。今、生きている人は次の世代へ より良き社会を残すのが使命です。

勿論、私たちには たった一票しか与えられていませんが、その一票で世の中を変えることが出来ます。

そして、近い内に必ず機会が訪れます。
その時は、マスメディアに乗せられないように・・・「忘恩の徒に」に、貴重な一票を投じないように お願い願い申し上げます。

***

毎度ですが、今晩もまた、明後日から別世界に行く者の能書きを くどくど 垂れました。
でも明日、もう一日あります。ww

遅くなりました。

何時も戯言にお付き合い下さり ありがとうございます。
感謝しています。

明日、天気にな~れ!!酔語

 明治大学マンドリンクラブ 丘を越えて


"9/18(土) 「日暮し雑記・忘恩の徒」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。