4/8 木曜雑記。

画像 思いあがり

☆ 戯言1。

この2、3日、新党「たちあがれ日本」の話でお茶を濁してきました。
私のような野次馬には恰好のネタですので、今日もまた少し書きます。

今朝、何時もコメント下さる方から情報を頂きました。
それによりますと、新党「たちあがれ日本 」は 「たれぽん」を呼ばれているようです。いやぁ~なんとも締まりない略称名すねぇ。
まさか定着することはないでしょうが、世間の嘲笑を買っているのは事実のようです。

だけど、ナベツネ、中曽根、石原~平沼と揃えば笑ってばかりもおられません。
自民には安倍元首相に代表される、復古思想、国粋主義者がいます。
与党の時は思想・信条を露骨に出さず、利権政治に酔っていましたが、野党になって桶(利権政党)の箍が外れた。もう、信条を曲げて桶にいても旨みがない。

で、ナベツネ、中曽根、石原氏が、自民の解体、そして後、糾合して新たな極を作ろうと絵図を描いたのでしょう。
「年寄りが決起したのだ」 野党になったのに未だ 「洞ヶ峠を決め込んでいるタカ派連中よ続け」と促しているのです。

味付け上手の狡賢い連中は、離党者の受け皿になり易いように、新党立ち上げに際して、リベラルと言われている与謝野氏を代表格としてキャスティングした。

まあ今は、タカ派同士 「打倒・民主」で同舟しているが、国粋派と親米派がいる。
如何にメディアが喧伝しても思惑通りに行かないだろう。

それにしても 「たれぽん」 とはねえ。
商品なら可愛いし、トレードマークとして売り上げに役立つかも知れないが、政党の略称としては些か拍子抜けする。でも、「老人とたれぽん」可愛らしいという人もいるかもね。

☆ 戯言2。

幻の「舛添副総裁」…打診しようにも連絡つかず
4月8日8時11分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000038-yom-pol

 自民党執行部が反執行部の代表格の舛添要一・前厚生労働相を党副総裁に充てる人事方針をいったん固めたものの、「幻」に終わっていたことが分かった。

 党幹部によると、副総裁就任を舛添氏に打診しようとしたが、連絡がつけられずにいるうちに、舛添氏が「一切の役職に就かない」と記者団に宣言したことなどから、断念したという。

          ***

★ 思い上がり。

笑 総理にしたい政治家のランキングで圧倒的な支持を受けている舛添某。
読売の報道を見て、椅子からずり落ちた人もいたと思う。
だが、その報道を信じた自民党の地方支部から、総裁にせよ幹事長にせよ本部に殺到しているらしい。

では、と、谷垣総裁は河野氏を幹事長代理に抜擢し、舛添氏を副総裁で遇することにした。

笑 ところが舛添は気に入らない。
古今東西、本当に助けて欲しいなら三顧の礼を尽くして迎えるのが道理だ。
その昔、劉備も関羽、張飛を従えて請うたではないか!
電話でポストをやろうなど、沈みかけの船頭のくせにおこがましい!

笑 打算だけで生きてきた者の哀れさ。
高学歴が自慢で、タレントに転進し知名度が上がった。
次は名誉を手に入れたい。自民の戦術と舛添の思惑が一致して議員になれた。
その後は、ご承知の通りメデイアに乗ってパフォーマンスで凌いできた人物です。

河野と舛添。
「たそがれ」 往く自民。
あっと驚く清新な若手がいるか。

立ち上がれるか・・・どうかの新党「たれぽん」 
共に、立ち枯れないように・・・笑

         *** 今晩もありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 35

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

かん
2010年04月08日 22:13
小気味良い日刊ゲンダイ。

いつもは見出しだけですが、本日は拾って読みました。(笑)
一面は、集合離散を繰り返す、ジミントー分派の歴史。二面には、ジミントーのシャドーキャビネットならぬ「ネクストジャパン」についての記事。記事の最後に、党内からの批判として、山本イチタのコメントを紹介しています。そして、「口先男の一太にこう言われるようじゃオシマイだ」ですって。
三面は、新党「たれぽん」、見出しは「インポ老人のおまじない政党か」これまたいいね。

また、五面の下の方に「検察審査会の聴取内容が漏れた不思議」という記事があります。当事者の証拠隠滅や審査員が逆恨みされる危険などの理由から、罰則付きの守秘義務が課せられているにも関わらず、小沢事件関係の審査会の内容が記事になっていることを、問題視しています。司法ジャーナリストのコメントとして、「検察のリークとしか考えられない。狙いは世論喚起」と断じ、結論としてこう書いています。
「検察も大マスコミも、あれだけ批判が噴出した『リーク』報道の反省がゼロだ」
こういうジャーナリズムの気概を持ったメディアが、ゲンダイに続いてもらいたいものです。

ちなみに、夕刊フジの一面の見出しは、「普天間失敗で菅首相」と、フグスマの肛門様のコメントをそのまま見出しにする節操のなさです。
キオスクで日刊ゲンダイが売り切れていたら、買うのは東スポしかありませんね。

失礼しました。
さとし君
2010年04月09日 09:34
おはようございます。
復古・国粋の芽が出れば出させていくしかないですね。対米との関係において、同じ復古でもさまざまな流れになりますけど。国全体の閉塞感からわっーと復古になることを僕は軽んじてるつもりはありませんが。。
現実の社会、大企業は、筆頭株主が米欧資本になっており、株主責任を果たすため、日の丸を掲揚してから全社、全社員を仕事につかせる程、日本資本主義に余裕ありませんねー。円高が毎日怖いわけですし。。
新党は潰れることない。。ただそれだけですね。
一番怖いのが現在の保守に絶望し、各党への一切献金をなくし、産業体から直接議員が出ての国家主義ですね。
また、小泉政権路線は悪政をし、誤りだった、これが総括点になるなら(清和会が握ってるから、なりませんが。。)新保守大潮流もありえますが。。
離党すればなにがしかの受け皿になる。。これはやはり思いあがりです。国民の抱える願いと問題と完全乖離してます。
酔語
2010年04月09日 21:58
かんさん。
さとし君さん。
お返事遅れて済みません。
新党ブームのように喧伝されていますが、ある集団が、特定の目的を持って意図的に誘導しようとしているのがバレバレです。
が、こんなに味噌を付けたマスコミに雷同する人も少ないでしょう。
さとし君さん。
かんさん。
何時もありがとう。
この所、私用であちこち動いていまして、お返事が遅れ、申し訳ありません。
でも、懲りませずにコメント下さいますよう お願いします。
ありがとうございました。酔語。

この記事へのトラックバック