官邸の暑い夏 

 @ 何と読む?

【中国】何と読むのか?「劉@」君 奇妙な名前登場で困惑も

8月16日18時46分配信 サーチナ・中国情報局

 中国教育部などが発表した『2006年中国言語生活状況報告』によると、中国では珍しい名前が登場するようになっており、中には子供の名前に「@」という記号をつける親さえ現れた。更に「趙一A」のようにアルファベットの「A」を使った名前も見られるという。

 ただし中国人によると、「例えば『劉@』では何と読めばよいのか分からない。こんな名前をつけられた子は困るのでは」とのこと。奇妙な名前が流行することはあまり考えられないようだ。16日付で中国新聞社が伝えた。(編集担当:菅原大輔)

 閑話休題
安倍晋三首相は今日、明日の2日間、短い「夏休み」を取られるそうです。19日からインドなど3カ国訪問、帰国後は惨敗した態勢の立て直しが待ったなしです。短い夏休みですが、英気を養ってください。
その首相は16日のメールマガジンで、今後の取り組みの決意表明をしています。
タイトルは、「官邸の暑い夏」です。

安倍内閣メールマガジン(第42号 2007/08/16)
● 官邸の暑い夏 

 残暑お見舞い申し上げます。安倍晋三です。

 とても暑い夏になりました。

 暦の上では「残暑」とはいえ、今が夏本番。

 官邸のまわりもセミの鳴き声が日増しに大きく聞こえます。

 帰省、旅行、自宅でゆっくり、仕事、勉強など、それぞれの夏をお過ごし
 のことだと思います。

 私は、子どもの頃、夏になると、両親に連れられて
 山陰の父の生家で過ごしたものです。
 
 夏が近づくと、その日がくるのを指折り数えて楽しみにして
 いました。

 おもいでの山と川。夏草の匂いと木の香り。
 蝉とり。海水浴。夏祭り。塩をふって食べたスイカの味。
 
 幼い頃の夏の思い出は、今でも色あせることはありません。

 夏の風物詩といえば甲子園。今年も連日熱戦が続いています。
 みなさんも、地元の高校の応援には、自然と力が入っているのではないでしょうか。

 勝っても負けても、後から振り返れば、
 球児たち にとっては、かけがえのない大きな経験。
 ひと夏を越えて、ひとまわりも、ふたまわりも大きくなってほしいと思います。


 お盆を過ぎると夏休みも後半戦。まだ半分残っていると思いながら、
 あっという間に過ぎてしまう経験を何度も味わったものです。
 山のように残された宿題と必死になって格闘した 思い出は、私だけではないでしょう。

 そうした思いの中で、今年は、お盆の間も官邸で過ごしています。

 通常であれば、お盆はゆっくりしたいところですが、
 来週は海外出張がありますし、また、選挙の結果を受けて、
 国民の声をどう政策に反映させていくかということも、
 この時期にじっくりと考えたいと思っています。

 昨日は、62回目の終戦記念日。全国戦没者追悼式に出席し、
 戦没者のご冥福を祈り、黙とうを捧げました。

  今日の日本の平和と繁栄は、
 戦争によってかけ がえのない命を落とした方々の尊い犠牲の上に築かれています。

 この平和を守り続けていくこと、さらに世界の恒久平和の実現にむけて
 積極的に貢献していくことへの決意を新たにしています。(晋)


 穿った見方だと、叱られるかも知れませんが、首相自身の心境を重ね合わせている のではないかと、思われる個所がありました。(私の勝手な解釈ですが…)

 -勝っても負けても、後から振り返れば、球児たちにとっては、かけがえのない大きな経験。ひと夏を越えて、ひとまわりも、ふたまわりも大きくなってほしいと思います。-

高校球児への声援・激励は、そのまま首相に当て嵌まるのでは、ないでしょうか。
参院選惨敗は、首相にとってかけがえのない大きな経験だったでしょう。
続投を宣言した以上、この夏を越えて、一回りも、二回りも大きくなった指導者(安倍晋三)の姿が秋の国会で見られることを楽しみにしています。

 -山のように残された宿題と必死になって格闘した思い出は、私だけではないでしょう。-

この、件も 首相の心情と重なり合う言い得て妙な一節ではないでしょうか。
子供の宿題を親が手伝うことはあります。大人は自分でやるより他にありません。
組閣も主題の一つでしょう。
現に「一人で決める」と明言した以上、必死になって格闘していると思います。

厳密には宿題ではないのかも知れませんが、3年毎の定期試験(参院選)は、不可(不合格)の成績だった。参院では不可だが、衆院では優をとっている。衆・優、参・不可、で現状は一応、辛うじて及第の可というところでしょう。

次の追試(衆院選)で、優から不可へ転落しない戦略・戦術を立てる必要があります。
晋三氏の宿題です。

「私か、小沢か」と投げかけて、不可とされたのに、先延ばしにしたのも大きな宿題です。

 -今日の日本の平和と繁栄は、戦争によってかけがえのない命を落とした方々の尊い犠牲の上に築かれています。-以下は政党、政治家に限らず思いは同じです。
平和の実現への手段は各政党毎に違いがあります。其々、我が政党の政策が一番と国民に訴えれば良い。あとは国民の意思に任せるのが民主主義です。

たとえ大多数を擁していても、権力を恣意的に乱用して、強制するのは邪道です。
今回の選挙は自民(安倍一派)の暴走を食い止めたいと言う、国民の意思の表れでした。

次の決戦に向けて、我々の見えるところで堂々と論戦して下さい。

さて、またまた可笑しな御仁の出現です。
ヒゲ隊長と呼ばれているらしいが、確信犯的で、妙な英雄主義の持ち主らしい。

■ <イラク派遣>元陸自のヒゲ隊長、佐藤参院議員に質問状

8月16日20時41分配信 毎日新聞

 元陸上自衛隊イラク先遣隊長の佐藤正久参院議員が、派遣先のイラクで他国軍隊が攻撃を受けた場合、駆け付けて援護する「駆け付け警護」を行う考えだったことを表明したことに対し、弁護士ら約150人(呼びかけ人代表・中山武敏弁護士)が16日、「違憲」と公開質問状を送った。
 佐藤氏は10日に放映されたTBSのニュース番組で、当時イラクで指揮官として「駆け付け警護」を行うつもりだったことを明言し、「日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」と発言した。「駆け付け警護」は、正当防衛を超えるとして憲法解釈で認められていない。
 質問状は「違憲、違法なもので、シビリアンコントロールに反する」として、7項目について今月中の回答を求め、安倍晋三首相にも佐藤氏に辞職勧告するよう要望書を送った。佐藤氏の事務所は「現場に行って法的不備があると感じての発言。質問状は届いていないが精査する」と話した。【長野宏美】

 どうしてこのような人物ばかり、安倍さんの下に集まるのだろうか、それともこういう人物を集めているのか。

それにしても、安倍さんの周りの人はよく喋る。
女性は産む機械、原爆投下はしょうがない、北から核ミサイルが飛んでくる、核武装せよ、集団的自衛権を行使する、慰安婦も沖縄集団自決も軍は関係ない。

そして新手が現れた。野党は辞職を迫れ、安倍首相は辞職勧告するべきだ。

大手のマスコミの反応が鈍い。小泉鈍感の勧めが安倍→マスコミに伝播したのか?

いずれ、改めて書ければ書きたいと思っています。
既に多くのブロガーが警鐘を乱打しています。
是非、ご参照ください。
不条理日記

 暑い、熱い。天気予報では昨日も今日も夕立があると言っていたが、一粒も落ちてこない。今日から暑さが和らぐというのも外れた。
明日こそ一雨欲しい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 沖縄の土産 キーホルダー

    Excerpt: 最初の旅行の時に、私がたくさん買ってきたのは、沖縄土産のキーホルダーになっている星の砂。沖縄土産のキーホルダーになっている星の砂は、「有孔虫」という生物が死んで殻が乾燥したもので、星の形をしていること.. Weblog: 沖縄旅行限定土産 racked: 2007-08-17 19:59
  • 信憑性高まる? 小池防衛相「疫病神」説 ♪日本共産党に、うさエール♪

    Excerpt: 2007.8.18.01:40ころ 前回の記事の末尾の「予定は未定」を実践しちゃ Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-08-18 01:50
  • [中国]名前は「@」って、そらイヤやろ

    Excerpt: そう言えば、「阿Q正伝」なんてのもありましたっけ。 名前は「@」、読みは?=文字使用も多様化-中国(時事通信) (元ニュースはこちら) (記事引用) 中国教育省は16日公表した.. Weblog: BBRの雑記帳 racked: 2007-08-18 09:29
  • 戦争を引き起こそうとする一部の軍人

    Excerpt: (問答有用より転載)8月14日朝日新聞特集記事「『戦わない国』は③ ――『板挟み』自衛隊に同情」より引用します。 Weblog: 不条理日記 racked: 2007-08-19 17:20