健康志向。行き過ぎ……?

今朝は、雨上がりの道を少しばかり散歩しました。

私の知人は朝晩のウォーキングを日課にしていて、「お前もやれ」と勧められるのですが、何時も生返事を返していました。
今朝は、ちょうど煙草を切らしていたこともあって、散歩がてらブラブラと歩きました。
途中、歩いてる人、駆け足の人、走っている人、幾人かとすれ違いました。
やはり皆さん、健康にはお気遣いのようです。
煙草を燻らせながら、眺めている自分が彼らに悪いような気にさせられました。でも朝は、気持ちの良いものですね。

皆様は、健やかにお暮らしだと存じ上げます。
各々、健康には気を配っておられると思います。

世界保健機関(WHO)は「肉体的、精神的、社会的に完全に良好な状態」を健康と定義しています。

昨今は凄まじい健康志向ブームで、食品、運動器具、ランニングやウォーキング、体操などのテレビ番組や雑誌記事、広告が洪水のように氾濫しています。
今朝、お見かけした人達は、ブームに乗せられた人々ではないと思いますが。

その一つ健康食品について書きました。
と言っても、私は何にも知りませんから、全部ネットからの引き写しです。

所謂、「健康食品」という用語は、法令上定義されているものでなく、一般に、「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」を指すものとして便宜上用いているそうです。

少しややこしいのですが、「健康食品」 のうち国が制度化しているのが「保健機能食品」と言うらしい。

で、保健機能食品には「栄養機能食品」と「特定保健用食品」があるそうです。

「栄養機能食品」は、主に、ビタミン、ミネラルといった人間の生命活動に不可欠な栄養素について、医学・栄養学的に確立した機能の表示を行った食品。

「特定保健用食品」は食品機能を有する食品の成分全般を広く関与成分の対象として、ある一定の科学的根拠を有することが認められたものについて、厚生労働大臣の許可を得て特定の保健の用途に適する旨を表示した食品で、

「個別許可型」、「規格基準型」、「条件付き特定保健用食品」に分けられています。夫々にはマークが付けられています。

JHFAマークの食品。「特別用途食品」マークの付いているものもあるそうです。

それ以外のいわゆる「健康食品」、例えば、「健康食品」「健康補助食品」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「栄養調整食品」「健康飲料」「サプリメント」といった、様々な名前がついた食品は、国が制度化しているものではなく、表示の許可、認証、届出といった規制がないそうです。

虚偽誇大表示している食品にはくれぐれも御用心を。

以上すべて、引用でした。
詳しくは、http://hfnet.nih.go.jp/ をご参照ください。

健康食品市場は1兆円を越えていて、今後もその規模は拡大すると見られています。

健康志向はいいと思いますが、何か行き過ぎているような気がします。
テレビのやらせ番組ではどんな食品、食材でもダイエットや、病気に良いという。頭が良くなる食品もある。

しかし、人間の身体は良く出来ていて、度を過ぎて食べられないように出来ています。
身体に良いからと言ってそればかり大量に食べられません。
同じ物だけを多く食べ続けると、逆に思わぬ副作用に苦しむことになります。

最近は、錠剤で色々な機能を持つ物がブームになっていて、早く目的に達したいため、摂り過ぎる人が多いと聞きます。

健康になりたいための健康食品が、健康を損ねることになる。美容のための化粧品や食品で、思わぬ被害に遭うこともある。皮肉な話だが現実に訴訟になった例もある。

健康志向の動機は様々でしょうが、もし、単にブームに乗せられているなら、深入りしないように願います。いろいろな物を試すうち、際限がなくなり、後で大きな後悔することにならないように。

我々は、体調が悪い時や病気かなと思った時は、医師や然るべき処に助けを求めますが、なんとなく不安がある場合身近な物で、やり過そうとします。
中々改善しない場合は、病院に駆け込み、医師に叱られながらも、健康を快復することができます。

「生老病死」仏教では、人間の逃れられない苦しみを「四苦」といってます。
中でも「病」は生涯に亘って付き合わなければならない、あり難くない「苦の友」です。
軽重取り混ぜて、一人が生涯どれ位「病」に罹るのでしょうか。

でも、病気のお陰で健康のあり難さを知る訳ですから、功罪半ばというところかも。

誰しも健康でありたいのは自然で本能です。
健康志向も万人共通でしょう。何かで火が点けばブームになっても当然かも知れません。

「肉体的、精神的、社会的に完全に良好な状態」が健康の定義と言うのはその通りでしょうが、皆、なんらかのストレスに悩まされているような現社会では、理想なのかもかも知れない。

まあ、ありきたりですが、過ぎたるは及ばざるが如し、何事もバランスが
肝要ということでしょう。

無病息災、一病息災と言いますが、無病短命、一病長寿 という諺もあります。

これは皆、夫々の場面での励ましの言葉ではないでしょうか。

日曜日の戯言でした。

皆様、お健やかにお過ごしください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月28日 16:25
運動不足だな~
少し歩きたいです

この記事へのトラックバック

  • 現代世界の対立軸/お願い4たび

    Excerpt: 2007.2.18.22:00ころ まずはお願いです。 ベトナム人一家の在留を支 Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2007-02-19 00:33
  • <懐かしの味>「地サイダー」復刻相次ぐ

    Excerpt: 地方の小さな飲料メーカーなどが生産する炭酸飲料「地サイダー」の人気がじわじわと高まっている。健康志向の高まりを背景にした緑茶ブームも近年は一服し、きりっとした、郷愁を誘う味わいが改めて見直されているよ.. Weblog: news blog racked: 2008-07-01 15:50