与野党 「膠着」

画像
    copyright (c) 2007 by shiki no kaze

昨晩から、少し冷え込むなと思っていたら、今朝、うっすらと雪化粧した路傍の枯れ草が花が咲いたように生き生きしていた。

国会は柳沢発言で膠着したまま(現時点で)のようだ。双方とも参院選を見据えて打算しているのだろう。
与党が首を切らないで、守る方針なのは、本田氏の場合は世論の圧力と与党の突き上げで、渋々詰め腹を切らせた。佐田氏の場合は即更迭し先手を打った。
佐多氏の場合は、松岡、伊吹と胡散臭い大臣が控えている状況では致し方なかっとは言え、何れも安倍首相の決断力に不安がある印象をを与えてしまった。

その後、野党の大物にも疑惑が発覚、一人は参院副議長という要職を辞めざるを得なくなり、この問題は相殺するという落し所に目途がついた。

その矢先今回の柳沢発言が飛び出した。更迭か庇うか、只でさえ求心力が落ちている首相にとって、この二者択一は悩ましい選択になった。

だが、それだけではないと思う。与党は独自調査で、愛知、北九州の両選挙にあまり影響しないという結果が得られたからではないか。。

取り敢えずは愛知と北九州の選挙待ちか。

それにしても、こういう事態になると、マスコミは何時も同じ方向を向く。
審議拒否は止めて政策論争するべきだと。
なるほど、その通りだが一纏めに括れば良いものではない。

安倍政権は、はっきりと復古主義を掲げている。
柳沢発言もまた、男尊女卑とも取れる。
支持率の低下は単に小泉劇場の反動や、スキャンダルだけではなく、危ういなと不安に感じる人々が少なからずいるからである。

こうした場合は、安倍よりのメディアと、安倍に距離をおくメディア、反対するメディアはそれぞれの論陣を張るべきである。

マスコミが翼賛になれば情報は、画一的になり、我々が考えるのを停止させ、異なる意見は封殺される。恐ろしい。
(逆に、真の自由に目覚めるかも知れないが…)。

野党代表が急遽応援に駆けつけた名古屋で、女性にインタビューした朝日新聞の記事がある。
「県政とは関係ない」「女性蔑視と知事選に何の関係があるか分からない」と首を傾げた。

地方選では少子化問題が争点になっていないかも知れないが、安倍首相は「50年、100年先を見据えて云々」と言っているのだから、少子化問題は重要であり国も地方もない。

マスコミは早、愛知、北九州の選挙結果、2勝、2敗、1勝1敗の場合を想定して色々書いてます。
与党は柳沢発言が飛び出す前は2勝出来る確信があった。
だが、その自信が少し揺らいでいるようだ。

「県政とは関係ない」「女性蔑視と知事選に何の関係があるか分からない」 とは言えないのである。

国会は始まったばかりである。どちらも主導権を取りたい、1勝1敗の場合、またぞろ「野党は審議復活せよ」「野党は政策論争から逃げるな」という記事が躍るだろう。

「柳沢氏が辞めるか、小沢氏が辞めるかのギャンブルだ」と語った民主党の議員がいるそうだ。(同じ朝日の記事)。

可笑しな党である。徹底抗戦なのか、足を引っ張っているのか、高みの見物なのか……。

小沢氏と柳沢氏では釣り合いが取れない。
言うまでもなく、小沢氏は政権奪取を目指している。
今年はその最期のチャンスかも知れないのだ。
柳沢発言は単なる失言ではない。
老壮青の世代間の考えの差が現れている。
ナショナリズムに煽られた安倍寄りの若者も、「女性を生む機械」という考えは持っていない筈だ。

安倍政権の支持率はまた下がるだろう。

先の民主議員は政権を取る意気込みに欠けているのではないか、それを言うなら、「小沢と安倍」だろう。

野党は2選挙の結果如何に捉われず、参院選を見据えた戦略通り、淡々と行くべきだ。

勝機は必ず訪れる。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年02月02日 20:24
やっほ~^^
そっちも雪が降っているの?!
こっちは雪だらけ~ですよ☆
思いっきり!こけたよ、笑^^
2007年02月02日 20:27
もしや!と思ったけど・・その絵は♪
上手だね~(^^♪
2007年02月03日 09:09
お早うございます。酔ごさん。
やはりTB上手く行かないようです。
とりあえず貼りますね。
いつもTB有難うございます。
では。

この記事へのトラックバック

  • 政治家は言葉が命

    Excerpt: 守るべき大事な事は何か? 安倍沈憎にはそれがわからない。 ボクの内閣しか目が行かない。意地?我侭?ヤダヤダ攻撃? 女性を「子供を産む機械」に例えた柳沢厚生労働相を守る事は最早どこからどう見ても意味.. Weblog: らんきーブログ racked: 2007-02-02 15:27
  • 行政はこっち向いて!

    Excerpt: 行政は誰のためにあるの?実際してることって何なの?ちゃんと市民の方向いてよね!人権尊重してよね!人間の尊厳て何かわかってるの?追加キャンペーン! わたしはイタリアに詳しいはずだったのですが、愛国.. Weblog: 言ノ葉工房 racked: 2007-02-02 17:40
  • 東国原英夫宮崎県知事誕生=エールを送るアベシはなにも分かっちゃいないホ~イのホイ!2

    Excerpt: ZAKZAK 2007/01/25 そのまんま東を支えた頭脳集団! でも当選後は… そのまんま東こと東国原(ひがしこくばる)英夫・宮崎県知事(49)=写真右=の「脱タレント」を後押しするマニ.. Weblog: 晴天とら日和 racked: 2007-02-02 23:11
  • 2.1 の出来事

    Excerpt: 最新の映像ニュース詳細は http://ameblo.jp/a007mark/  で 衆院予算委、柳沢厚労相問題で野党欠席のまま審議入り  衆院予算委員会は1日午前、2006年度補正予算案の実質.. Weblog: ニュース☆もう新聞紙は要らない racked: 2007-02-03 08:56
  • 2.1 朝

    Excerpt: 米空軍、沖縄・嘉手納基地に展開する最新鋭戦闘機・F-22「ラプター」を報道陣に公開 アメリカ空軍は2月、最新鋭の戦闘機「F-22」を沖縄県の嘉手納基地に展開する。F-22のニックネーム.. Weblog: 地球の日記☆マーク♪のblog☆ racked: 2007-02-03 08:57
  • 「機」物破損? 思考の(政治)経済

    Excerpt: 副題�和づ�鷂澄Ч渋す渋せ痢�拘�萢儼弉茵淵+ン?)。 または、猫の手も借りたい状況・・をどう見るか? エエと、最近のログを一覧表にして、少し読み直してみました。 まず、その感想を少々・・。 コ.. Weblog: いわいわブレーク racked: 2007-02-03 09:04
  • はまよつ女史・・柳沢大臣の辞任希望? + ワイドショー

    Excerpt: 今さらだけど、マスコミも本当にどうかしてる。はまよつ議員の名誉棄損問題は知っているはずなのに、まったく報道しないってどういうこと?それだけじゃない!まるで何も無かったかのように、今回の柳沢大臣の暴言に.. Weblog: わんばらんす racked: 2007-02-03 11:48
  • 柳沢大臣への辞任要求!!! + さむい北風政府

    Excerpt: このおはなし 何処かの状況とそっくりだと思いませんか??? もちろん北風は「自公政権」。 旅人は国民です。 北風をあやつっているのはアメリカ。 影の黒幕はでてきません。 ■北風と.. Weblog: わんばらんす racked: 2007-02-03 11:48
  • 世界経済にとって70年代はどういう時代だったのか

    Excerpt: そう遠くない将来での「近代経済システム」の終焉を予測しているが、将来を考えるためのステップとして、まずは歴史を遡って、70年代が世界経済においてどのような意味を持っていたか考えてみたい。 (「近代経済.. Weblog: 晴耕雨読 racked: 2007-02-03 16:00
  • 柳沢厚労相失言は免罪符足りえるか?

    Excerpt: 柳沢厚労相の失言そのものについては、程度の悪いものだとは思うけど、講演の流れの中で既に謝罪の言葉を発しているから、本人も自身の不明を認識していることがわずかな救いかな。 本当なら、自分から辞任するの.. Weblog: カルシィ村へようこそ!-Neverwinter Nights racked: 2007-02-04 09:29
  • 観念と機械 思考の(政治)経済・続

    Excerpt: 副題 (アルメニア人)ディンク氏(アゴス誌のジャーナリスト)の死に寄せて。 思うところがあって、「インド ゼロ」で検索してみました。 するとこんなサイトが出て来ました。 「インド数字」 或い.. Weblog: いわいわブレーク racked: 2007-02-04 18:24
  • 「比喩は使わん方」が好い? 

    Excerpt: 副題 朝刊を読んで、「どてん↓(した)」の件。 「政治家はボキャブラリーが貧弱だから、なるべく『たとえ話』を使わない方がいい」 と、中川秀直・自民党幹事長さんが言いはったそうです。 ありゃりゃ~.. Weblog: いわいわブレーク racked: 2007-02-07 07:33