1/2 4日暮し雑記・今年初の戯言」

画像水仙 (雪中花)


新年のご挨拶を申し上げてから、20日も経ってしまいました。

 水仙や 寒き都の ここかしこ (蕪村)

その頃、路傍や田畑、公園の一隅、家々の玄関先のプランターで可憐な花を咲かせていた水仙もあまり見かけることがなくなりました。水仙には色んな種類があるようですので、この先も別種の花を咲かせてくれるでしょう。

更新できなかった訳は色々雑用に追われていたと言ううことにさせてください。
そして今日、一月も下旬、大寒の最中、皆様お変わり御座いませんか、くれぐれもご自愛ください。
る内、一月も下旬、大寒に入りました。

一月も後、一週間になった今、申し上げるのは、少しばかりピント外れですが、この月は「睦月」と言われますように、家族・夫婦・友人・恋人,みんな、互いの息災を祈り、仲睦まじく暮らしましょう。と言う、年初の近いのスタート月です。どうか一年いや末永く仲良くお暮らしくださいますようお祈りいたします。

さて、来週の今日は2/3節分、邪気を祓って翌は、「立春」文字通り春夏秋冬、一年が始まります。
とは言っても、「春は名のみ」で寒さは緩みませんが、梅が咲き、椿の花芽が吹き出し、今まで耳をそばだてて待ち焦がれていた「春」の足音が、何気に捉えられるようになります。実感にはまだ遠いけれど、遠からじ、人々の顔に生気が生まれ和ませます。

そして、白い大地が春の陽で割れ、湧水に洗われると寒さに耐えながら養分を蓄えてきた緑の若芽が、一斉に萌え出し、現れた黒き黒い大地を鮮やかな緑に染めてゆく。

もう直ぐです。
畔や畑、路傍の縁、アスファルトの裂目からさえ、可憐な花々が顔をだす。そうなると後は一気呵成、大中小様々な草花、木々も花を咲かせ、瑞々しい若葉を茂らせる。
春は、もう直ぐです。

               ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 

画像 うぬぼれ 自己愛 エゴイズム


ところで、水仙には、上記の如き不名誉な花言葉が冠せられています。勿論、西洋の逸話から採ったのでしょうが、罪なき罪を着せられた「水仙」は泣いているでしょう。

その気の毒な水仙の花言葉の通りの、うぬぼれ 自己愛 エゴイズム 三拍子揃った政権が昨年誕生しました。
有ろう事か産み落としたのは我々、圧倒的多数の国民でした。
私にはとても信じられない衝撃でした。

繰り返しますが、大多数が増税OK、原発OK、TPP OK,沖縄問題OK, 憲法改正=国防軍創設、集団的自衛権行使OK,核武装、徴兵制、安倍の言う教育、家族制度等々を、すべて引き受けるとの覚悟を大多数の国民が選挙で、示したのです。

これは凄いことです。私にとって正に驚天動地の出来事、否、事件でした。何しろ、一昔前の如き、強ァ擧もない今日の有権者が、民主義に則って己の意思.を票に託したのですから・・・・

ま、今晩はあれこれ言いませんが、今度の選挙は国民の多数が翼賛体制を望んだということです。今も実質、翼賛ですが参院選挙後で露になるでしょう。選挙で多少の揺り戻しがあるかも知れませんが。

でも、まあ、私は真っ平御免です。
増税は嫌だし、原発=放射能はもっと嫌、TPPなんてもっともっと嫌、沖縄を いじめるなどもっともっともっと嫌。福島に取り残された子供たちを見捨てた前政府、推進推進の悪魔の如き現政府など絶対許せない。
その上、戦後レジームを潰し復古主義へ辿ろうとする全体主義者は、絶対許せない。

と、まあ、私などは思うのですが、多くの皆様は、安倍、公明維新に未来を託しました。党名を未来に替えた生活の党が一番、まともな理念・政策を掲げていた政治集団だったと思いますが、120人立候補して9人しか当選できなかった。


民意は作られる。
10人が雷同すれば必ず100人の雷同者(隠れも含めて)がいる。
千人、万人・・・が、テレビや、新聞と言う一方通行情報を武器を持つ万能マシーンに刷り込まれてしまう。
人は、その情報の正否、良否を問わ考ず、安きに流さてしまう者かも知れない。
そのほうが心地よい人生を終え得ると信じて往く・・・しかない、と、諦観しているのだろうか。

◇◇◇

長くなりました。あともう一言だけお付き合いください。

暫く振りにパソコンに向かうと、いきなりアルジェリアの事件が飛び込んできました。
そして、大阪の桜ノ宮高校の「体罰」事件が、親御さんの「刑事告訴」です。

これらについても、胡散臭い情報なので今晩は能書きを止めます。
しかし、直感ですが、どちらが罪深いと言えば、桜ノ宮高校事件でしょう。

◇ 全く関係のない一言。

私の初参りのお御籤は「吉」でした、同行した人もみんな「吉」だった。笑

ところが、その翌日、長男が弟夫婦やら仲間とお参りし、引いた御籤が「大吉」だった。
そして、その時他もみんな「吉」だった。笑。

その後は、当たり前の ストーリー、友のからう。大吉「=大凶。頂上=谷底。と囃子たてられて、
財布が空になるほど散財させらたと笑って帰ってきてた。

「やっと缶ル一本飲めた」 と、そのまま大の字になってしまった。
彼がどんな夢を観ているのか、誰も分からない・・・

人生は、哀しい楽しい 嬉し い,.可愛い.も.のだは謳った.。
不世出の『ひばり』さんと、『はるみ』さんの歌を聞いてください。

今夜もありがとうございました。   酔語

http://youtu.be/0gOrorW-DZE

http://youtu.be/TtbBTVlUx-I


   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック