10/30 「日暮し雑記・責任20発と天狗の鼻」

画像高慢ちきな天狗ばっか。


野田首相の所信など聞く価値ないので、聞いていませんが、「明日への責任」というフレーズを20回の連発したと、報道で知った。庶民の未来「明日に架ける橋」を悉く破壊し、己と既得権益者(旧勢力)のために橋だけを架けたペテン師が連発した「明日への責任、は私たちに対してではない。

口は口心は心を地で行く真っ黒な腹を隠そうと必死な見栄坊でしかない。
まったく以って口は重宝なものだ。人々を、責任やら不退転やら命がけ・・・など、舌先三寸で騙した責任はどうなった。
辞めろ辞めろと大ブーイングされても、居座り蓄財のためだけに延命する。できる
制度がが可笑しいのか、本人の根性が腐っているのか、後者であるのは明白である。

野田は、世間一般の人生行路を踏み外した落伍者の烙印を背負って往く。一族郎党にそれなりの財は残すだろうが、鬼籍に入って尚、悪名は消えないだろう。

◇◇◇

野田は既に終わった過去の残滓だが、何時の世も類似のゴミが湧いて出る。
案の定、石原というゴミが湧いて出た。

この人や安倍、橋下など、みな鼻持ちならない天狗でしかない。
彼らは宣伝屋に過ぎず、聞くに堪えないメロディーを、時代遅れのリズムでアレンジ(誤魔化す)しているだけである。
今、日本人が培ってきた、謙遜・謙譲、思いやり、という美風を、進軍ラッパで掻き消そうとしているのが、石原、安倍、橋本以下民主の隷米度もである。そして、奴らを救国の騎士の如く称えるゴミがいる。

こ奴らの鼻を絶対にへし折らなければならない。
このままでは、日本は、大金持ち~小金持ち、その予備軍を含めて、瘋癲社会になる・・・
思い上がり高慢ちきな天狗の鼻をへし折れるのは私たちだ。
私たち以外にない。 できなければ・・・私たちの明日はない。



今晩もありがとうございました。 酔語

追記; ビッグローブさんのコンピューターに不具合があって更新が滞ってしまいました。
更に我がPCも潰してしまい、パスワード等も復旧ならず新IDになりました。
もとより小さなブログですので、大して影響はありませんが、また、いちからコツコツ書きますので、宜しければ冷やかしがてらご訪問ください。酔語


この記事へのコメント

2012年11月09日 20:49
酔語さん~、ブログサイトの不具合には僕もいらいらしてしまいました。コメント、発信ができない苦しみなのですね。
今日の記事。。隷米度という語彙。。酔語さんの感性が鋭いので作られましたと思うのです。特に安部などは戦後の保守での度合いからしたら、隷米度はマックスレベルです。米軍の海兵尖兵並みで、もう選挙に勝った気分でして、日本保守の戦後復興の成果と今の景気回復などの保守側からの大テーマを放棄してます。そのように飼育されました。
解散が長引くのはOKとして、解散しない期間は、国民も世の現実を見定める時間と。。そんな考えでも持ちませんか。敵の歴史を戻す段取りは、野田から橋下、石原まで含めると4段階になってますが、国民の政治改革の魂は堅く固めるつもりでいきましょう。世界を握るグループのあせりを表現してるのが日本政界の姿ですねー。

この記事へのトラックバック