幸運流水・嘆

画像 あきらめないで!
希望・幸運



在留期限の本日、のり子さんのご両親は、今朝9時に東京入管に出頭しました。
ご両親は家族3人の在留を訴えていますが、11時現在、入管の判断の報道はありません。ご両親の訴えが認められなければ、このまま二人が強制収用されてしまうかも知れません。

嘆願書も2万通を超えていますが、もう私たちではどうすることも出来なくなりました。是非、英断を願います。

<不法残留>比人夫婦が入管に出頭、「娘一人残せない」
3月9日12時27分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000030-mai-soci

 退去強制命令を受け、在留特別許可を求めているフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)と妻サラさん(38)=埼玉県蕨市=が9日午前、東京入国管理局に出頭した。夫妻には中学1年の一人娘、ノリコさん(13)がおり、「娘は日本で生まれ、日本での生活を望んでいる。一人で残せない」として、一家3人の在留特別許可を求めている模様だ。

 この日は、入管が認めた10日間の仮放免延長の期限で、入管は「出頭までに帰国日程を決めなければ強制収容する」と通告している。

 森英介法相は6日の閣議後会見で、ノリコさんには埼玉や東京に叔父や叔母ら親せき3人がいることを挙げ、「養育環境が整えられるなら子供は在留特別許可で日本に残ってもらって構わない。家族を引き離すつもりは全然ない」と話した。ノリコさんが残る場合は「本来は5年間再入国できないが、両親には子供に会うため1年を待たず上陸特別許可を出してもよい」ともしている。

 両親は92、93年に不法入国。06年にサラさんが出入国管理法違反(不法残留)容疑で逮捕され、一家は退去強制命令を受けた。命令取り消しを求める訴訟は最高裁で敗訴が確定している。【稲田佳代】

先ほど新しいニュースがありました。
ご主人のアランさんは収容、サラさんとのり子さんは16日まで仮放免を延長する。と入管が言ったそうです。
やはり、家族全員帰国か、のり子さんだけが残るか…先の通告方針を変えなかったようだ。
残り一週間の猶予ですが、再考願いたい。
先ず父親を強制収用し、一週間の猶予で母子でよく話し、弁護士や支援者と相談し結論を出しなさい、と言うことでしょう。

ご家族は一本の木です。父母は根であり幹です。幹から生じた子供はやがて独立し父母の元から旅立って行きます。家族の木は生きている生木です。未だ十分に花を咲かせるに育っていない未熟な枝を無理に折ってはなりません。

一週間、一週間と延長するのは苦しみを延長させているのに等しい、と思います。
再度申し上げます。ご再考願います。

不法残留 比人夫妻が入管に出頭、アランさんは収容
3月9日13時33分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000005-maip-soci

 退去強制命令を受け、在留特別許可を求めているフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)と妻サラさん(38)=埼玉県蕨市=が9日午前、東京入国管理局に出頭した。夫妻には中学1年の一人娘、ノリコさん(13)がおり、「娘は日本で生まれ、日本での生活を望んでいる。一人で残せない」として、一家3人の在留特別許可を求めたが、弁護士によると、入管はアランさんを収容、サラさんとノリコさんは16日まで仮放免を延長したという。

 この日は、入管が認めた10日間の仮放免延長の期限で、入管は「出頭までに帰国日程を決めなければ強制収容する」と通告していた。【稲田佳代】

 Whispering Hope


希望のささやき 作曲:ホーソン/訳詞:緒園凉子

天つ御使いの 言葉さながら
声もひそやかに 希望ささやく
闇は四方にこめ 嵐猛れど
明日陽は昇り 風もなごまん
希望の あまき言葉
憂きにも 幸は潜む

淡き黄昏に 真闇せまれば
暗き夜の空に 星はまたたく
いよよ更けゆきて 胸は痛めど
夜半に忍び寄る 朝の光よ
希望の あまき言葉
憂きにも 幸は潜む


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

弧愁庵人
2009年03月09日 15:34
ささくれ立って、心の中までギスギスしている今の日本。
こんなブログを覗いて心を穏かに保ちたい。
私が先輩のブログを覗くのは、そんな癒しを求めるから。今日のようなエントリーを読むたびに(曲もいいですね)心の中に溜まった埃が少しは掃き清められ、爽やかになるのです。

有難うございます。
酔語
2009年03月09日 15:57
弧愁庵人さん。
お久しぶりです。
こちらは今にも降りそうな雲行きです。
急に嫌な世の中になりました。
でも遠からず晴れると信じて参りましょう。
嬉しいコメントを頂いて、ちょっぴり恥ずかしい…。

ありがとうございました。酔語。
通りすがり
2009年03月09日 17:28
家族そろってフィリピンへ帰れば何も問題ないと思うのですが・・・
両親は偽造パスポートで入国した犯罪者ですよね。
子供がいれば犯罪者でも日本に残れるということになったら
悪しき前例を作るだけだと思いますが。
酔語
2009年03月09日 19:42
通りすがりさん。
ご意見に嘴を挿むことは致しません。

親心と言う絆があります。
お上にもう少し親心があればいいなぁ、と思っているのです。裁量が許されているのですから、英断を、とお願いしているのです。

法を盾に取って追い返すのは簡単でしょう。
延ばすのは彼らも呻吟しているからと思います。

まあ、悪しき前例を作るだけ、と決め付けないで見守ってください。
ありがとうございました。酔語。
ただの通りすがり
2009年03月09日 23:19
なぜ、強制退去を不服としてあの家族は裁判を起こしたのでしょうか。

しかも、判決が確定したにもかかわらずそれを反古にしようとするのでしょうか。
自分の意に沿わなければそんなものは無視すればいい…とでもいうのでしょうか。
ただの通りすがり
2009年03月09日 23:53
ノリコさんにとって、生まれ育った日本を離れるなんて考えも及ばない事かも知れない。

しかし、この機会に自らのルーツたる故国の地を踏むのも一つの人生経験じゃないかな?とも思うわけです。
その上でやはり「日本がいい」のであれば正式な手順を踏んで来日すればいいし、支持する方もそういう方向で支援したらいいのに?と考えます。
仲@ukiuki
2009年03月10日 02:23
森法務大臣、英断を!!

今日こそ、絵文字が表示されるでしょうか?
(ブラウザを変えてみました)
仲@ukiuki
2009年03月10日 02:24
できました!
酔語
2009年03月10日 07:02
おはようございます。
「ただの通りすがり」さん。
この件に対して、多様な意見があるのは承知しています。
残念ですが、私たちに決定権はありません。
のり子さんと両親の置かれている立場に思いを馳せて、私の気持ちを書いています。

幸せを希求する人がいて、応援する者がいる。
これで良いんじゃないでしょうか。

ありがとうございました。酔語。
酔語
2009年03月10日 07:17
仲@ukiukiさん。
おはようございます。
絵文字表示されています。

一週間延長になりましたが、お父さんは収容されました。これは温情なのか…最後通告なのか…
見守るだけしか出来なくなりました。

ありがとう。酔語。

この記事へのトラックバック