やっと逮捕されました。

 うやむやにならなくて良かった。

以前、この事件について書きました。
当時も今も嫌~な事件だった、と思っています。
逮捕以来、記事が溢れていますが、読むほどに悲しみと悔しさが込み上げてきます。
歴史・伝統が看板の大相撲の汚れた一面が白日の下に曝されてしまった。相撲界の現実に唖然とした人も多かったのではないでしょうか。

この事件が特異な出来事だったのか慣習だったのか、きちんと検証出来なければ大相撲は衰退するだろう。

現実に将来ある少年が暴行によって亡くなった。すべてはここから始めなければならない。

時津風部屋の力士斉藤俊(たかし)さんが稽古後急死した事件。制裁目的で暴行を加えた山本順一容疑者(前時津風親方・57)と兄弟子3人を障害容疑で逮捕した。

斉藤さんの死から7ヶ月経ってしまった。経緯は報道などで既にご承知でしょうから割愛しますが、「真実を知りたい」「息子の無念を晴らしてやりたい」ご両親の一念が齎したのでしょう。

現時点では前親方と兄弟子の1人は「制裁目的ではない。しつけのつもりだった」と容疑を否認しているらしい。

ニュースで北の湖理事長を見ましたが、俯いたまま型通りの文字を読むだけで、心よりのお詫び・反省は感じられなかった。再発防止などの具体策や決意もなかった。
相撲界は昨年来、この事件だけでなく、朝青龍問題など大相撲の伝統を汚す事件が起きている。
世間は相撲界に厳しい目をを向けています。
批難もありますが、相撲界を慮っての提言も数々なされてきた。
そこで、再発防止検討委員会(親方8人・識者5人)を作ったが、上手く機能していないようだ。
周りの声を攻撃と受け止めたのか真摯に応えず、防ぎ守る態勢に終始しているように見える。保守的な協会は、独自のやり方で改革する自信があるのだろうか。


ある元力士はテレビで親方は兎も角、逮捕された弟子は被害者であると強弁して、周りから顰蹙を買っていた。
「親方の命令は絶対」 ある元力士が言う理由です。
「リンチ始め」の号令は「止め」と命じられるまで続けられる。途中で「これ以上は危険だ」「限界だ」と弟子が勝手に判断して「止める」ことも、「親方に訴えることも」法度らしい。

将来を夢見て入門した青少年らが暴行したのも、絶対命令に服従せざるを得なかった悲しい犠牲者と言う理屈は付く、罪は別だが。

しかし、ある元力士が言うように相撲界は「親方命令絶対・服従」と言う浮世離れした世界なのか。もし本当なら、世間には分からない隠微な密室社会だ。これが日常だと想像すると暴力以外にも陰湿ないじめが行われている(た)かも知れない。

先ずここから正さなければ、伝統ある国技とは言えない。
文科省は外部から理事を登用するように言ったそうだ。力士だけで運営されてきた相撲界は渋々再考せざるを得なくなるだろう。どうせ、型通りの玉虫色で落ち着くだろうが。

北の湖は理事長に4選された。これも可笑しなことだ。
一期2年任期一杯続けると8年間。続けるのか辞めるのか知らないが、就任来の協会運営について総括して欲しい。
そして、何より斉藤さんの事件の総括こそ、北の湖理事長の責任でやって貰いたい。
伝統ある大相撲を守り、次代に繋げて行きたいのなら……。

〇 <力士暴行死>斉藤さんが悲痛メール 死の直前祖母あてに
2月8日2時31分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080208-00000016-mai-soci

 角界を揺るがした時津風部屋の序ノ口力士の急死は、愛知県警が前親方の山本順一容疑者(57)=元小結・双津竜=や兄弟子を逮捕し、暴行死事件として急展開した。けいこ中死亡した斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)の両親は時太山(ときたいざん)=しこ名=の土俵での活躍を願い、部屋の言葉を信じてきた。その裏切りと、リンチとも呼べる暴行によって子を失った痛手は深い。「相撲界のうみを出すために俊は死んだ」。遺族の悲しみと怒りは募っている。【岡田英、畠山哲郎】  

【特集】 事件の経緯 関連写真などはこちらで
http://mainichi.jp/select/jiken/rikishiboukou/?inb=yt

 俊さんの父正人さん(51)は7日夕、新潟市中央区の親類方で「事実を知りたい」と語った。

 俊さんのけいこ中の死亡は昨年6月26日で、愛知県警は事件性がないと判断し、遺体を部屋側に返した。正人さんら家族は遺体を実家に返すよう部屋側に求めて引き取った。その後の新潟大などでの解剖の結果、暴行の疑いが露見した。

 あれから7カ月--。正人さんは「やっとだな……」と語り「(傷の理由が)けいこなのか事実を知りたい。あれがけいこならだれも育たない」と憤りもにじませた。

   ■  ■

 「あの子が天国で見ているかと思うと……」。新潟市に住む祖母の石井玲子さん(70)は前親方の逮捕を知り涙を浮かべた。「どんな思いで逝ったのかと思うと不憫(ふびん)で……。もう帰ってこないものね」

 事件約1週間前の6月20日、石井さんは俊さんから携帯メールを受け取っている。

 --こっちにいたら今夜また逃げるしかない。ここにいるくらいなら死んだ方がいいから。

 メールを見返すたび悔しさで胸がいっぱいになる。「こんなに切ない目にあっていたのに、気づいてやれなかった」

 この日、東京・両国の部屋を飛び出して市内の実家に帰った俊さんが、正人さんと母利枝さん(42)とともに車で部屋に戻った。「1年目の力士逃亡はよくある。面倒みますので任せてください」という前親方を信用し、両親は新潟に帰った。

 石井さんにメールが着いたのは両親の車が新潟県内に入ったころだ。連絡を受け両親は「あれだけいやがっているなら」と連れ戻すことに決め、部屋に引き返した。

 「ぼくたちが面倒見ます」。今度は兄弟子たちを信用した。親方や兄弟子の暴行など想像すらできなかった。

 両親と石井さんは昨年9月、俊さんが死亡した愛知県犬山市を訪れた。6月25日朝に俊さんが逃げたという用水路沿いの草むらも歩いた。俊さんが兄弟子に捕まったコンビニエンスストアから近くに犬山署が見えた。「こんなに警察が近いのになぜ?」。悔しさがこみ上げてきた。

 逮捕直後には相次いで励ましの電話が親類から入った。

 「俊は『相撲界のうみを出してきなさい』と神様から使命を授けられた。今ではそう思っています」

☆☆ 

朝日の朝刊に小さく記事が載っていました。

〇 :前親方の母 涙にくれる:

 前親方が現役だったころの後援会メンバーで、北海道室蘭市相撲連盟会長の長谷川祐次さん(79)によると、7日午後5時すぎに、前親方の母から電話がかかってきた。
室蘭市内で独り暮らしで、足に持病を抱える母は、大泣きしていて何を言っているのか分からなかった。
しかし、この言葉だけは聞こえた。
 「親孝行な息子だったのに……」


☆☆☆

暴行されて亡くなった 斉藤俊君のお祖母さんの涙。
容疑者として逮捕された 前親方のお母さんの涙。

悲しい現実です。

伝統を汚したのは相撲界・協会の体質が生んだ悪しき慣習が一因かも知れない。恐らく協会役員にもOBにも警鐘を鳴らしていた人はいる筈だ。だが組織温存、既得権優先に縛られた大勢の前にかき消されたのだろう。

世間に見棄てられジリ貧になる前に自ら改革しなければ、本当に廃れてしまう。
俊君は限界を超えた かわいがり と称する しごき で亡くなってしまった。

世間が批判しているのは、暴力や陰湿な かわいがり ではない。
歴史と伝統のある大相撲に甦って欲しい、という「かわいがり」である。

長き慣習に囚われた組織を変えるのは大きなエネルギーが要る。
理事長以下協会幹部は、知恵を限界まで振り絞って改革に邁進して貰いたい。

 失礼しました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カンミ
2008年03月08日 12:32
TBありがとうございました。
何より相撲部屋が治外封建社会になって、頭の悪い親方が多すぎます。
酔語
2008年03月08日 13:11
カンミさん。
こちらこそ,ありがとうございます。
相撲界の先行きは不透明ですが、少しずつでも善くないって欲しいと願っています。
☆ 何時も詰まらない駄文を載せていますが、お暇な折に冷やかし方々覗いてやって下さい。
ありがとう。酔語。

この記事へのトラックバック

  • 「時津風部屋」についての最新ブログのリンク集

    Excerpt: 時津風部屋 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… Weblog: 話題のキーワードでブログサーチ! racked: 2008-02-08 18:06
  • 人権ルールを拒む社会、対話を拒否する文化

    Excerpt: 2007.8.24.17:40ころ 未だに佐藤参院議員と防衛庁(当時)の暴走クー Weblog: 多文化・多民族・多国籍社会で「人として」 racked: 2008-02-08 19:58
  • 時津風部屋殺人事件

    Excerpt: 07年6月25日、大相撲名古屋場所、時津風部屋で1人の相撲取りが脱走したことから事件は始まります。 「フケル」というのだそうです。スポーツの世界ではよくあることです。大学や高校の体育系の合宿からシゴキ.. Weblog: 比企の丘から racked: 2008-02-08 21:30
  • 「0アナボル・トッコウ」出世主義&逮捕権ゲン

    Excerpt: [おまけのヴィデオ追記] やtっとこさ、「親方が逮捕」されるそうな。僕等が知りえないいろんな調整があったんやろうな、と思う。 事件が起きたら、「そうさ」が始まる。個々の捜査員の判断と警察組織として.. Weblog: いわいわブレーク racked: 2008-02-08 23:24
  • 『消費者行政推進会議』その会議に意味はあるのか!ふふふン~♪

    Excerpt:     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ● 日 テ レ クリントン、オバマ両候補が“勝利宣言”<2/8 11:50> アメリカ大統領選挙の候補者レースで、民主党では最大の山場「.. Weblog: 晴天とら日和 racked: 2008-02-08 23:41
  • 山本順一をご存知ですか!? (相撲編)

    Excerpt:  親愛なる読者の皆様、今回はとうとう逮捕されてしまった相撲に関するるお話です。  あまりにもタイムリーな話しなので皆様も ご存知だ... Weblog: 明るいネット生活を始めましょー racked: 2008-02-09 00:04
  • 元時津風親方と現役力士3人逮捕

    Excerpt: 大相撲の時津風部屋で起きたリンチ死亡事件は、元親方と実行犯とされる現役力士3人の逮捕に発展した。 基本的な問題点については昨年10月、親方が相撲協会を解雇された時点で書いた。その後、部屋の指導のあり.. Weblog: 虎哲徒然日記 racked: 2008-02-09 09:55
  • 元時津風親方、兄弟子3人を傷害致死容疑で逮捕

    Excerpt: 大相撲時津風部屋の序ノ口力士斉藤俊さん=当時(17)、しこ名・時太山=が名古屋場所前の昨年6月、けいこ中に急死した事件で、愛知県警捜査1課などは7日、傷害致死容疑で、元時津風親方(57)=本名山本順.. Weblog: ZAWA talk racked: 2008-02-10 00:18
  • 力士暴行死:前時津風親方と兄弟子3人逮捕 愛知県警

    Excerpt: M日新聞より。 ■力士暴行死:前時津風親方と兄弟子3人逮捕 愛知県警 大相撲時津風部屋の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17歳)=時太山(... Weblog: B,R,R & K BLOG(社会人野球、きらきらアフロ、ラジオ、ラグビーのファン) racked: 2008-02-10 12:37
  • 相撲殺人事件【アンチエイジング日記】

    Excerpt: 相撲協会は困っています。双津竜が時津風親方になったのがそもそも間違いでした。 Weblog: 相撲殺人事件【アンチエイジング日記】 racked: 2008-02-29 22:24