UFOで、閣内不一致…(笑)

 可笑しな内閣。

明日から三連休で、24日はイブです。
政府与党の皆様は、こところ苦境に立たされて、あちこち切り張りするのに大変でしょう。

米国へのプレゼントは毎年欠かすことなく、律儀に続けておられますが、私たちにプレゼントを頂けないのですか?あるなら出し惜しみしないで下さい。年末ですから……。
(笑) 小泉・安倍・福田さん、と続いた宰相は意外とケチで、冷たいのお方のようだ。

私たちは、新しい総理が就任される度に御祝儀を差し上げてきました。貴方方が米国に律儀なように、私たちも同じ日本国の宰相には、たとえ主義・主張が違えども律儀に答えます。日本人の奥床しさを知らない訳はないでしょう。

福田さんは、今年の漢字は?と問われて「信」と答えられました。自ら、信頼に背いているのではないでしょうか。年金、薬害、防衛、独法・天下り等、の対応は、私たちから見れば、裏切りとしか見えないのです。

良いんですか?総理としてでなく、一個の老人として…汚しても……。1億3000万が貴方の方に掛かっているのです。すべてお分かりだと思いますが、くれぐれも権力の濫用を為さらないように願います。

何方に限らず、新首相は就任に際して素晴らしい理念を述べます。スタイルだけはサンタを装って、然もプレゼントの詰まった袋を担いでおりますが、私たちへプレゼントが配られることはありませんでした。私たちの御祝儀(支持率)へのお返しはありません。

無料スタンドも休業せざるを得なくなりました。お年玉にしたいのでしょうが、松の内までに成立できますでしょうか。

さて、
閣議決定は、全大臣が合意した行政の最高意思決定である。
であるのに、各自が好き勝手に講釈を垂れるべきではない…(笑)なんて、野暮なことは申しません。

安倍突然辞任から今日まで面白くない日々だったでしょうから、たまには憂さ晴らしして下さい。

 UFO襲来 自衛隊出せるか 防衛相も論争“参戦”
   2007年12月21日 朝刊 東京新聞
 政府が答弁書で「存在を確認していない」とした未確認飛行物体(UFO)をめぐる政界内の論争が二十日、さらに広がった。石破茂防衛相は、記者会見で「存在しないと断定し得る根拠はない」とした上で「防衛省として取り組むことはないが、私個人としては考えてみたい」と、UFO飛来時の自衛隊の対応について研究する考えを表明。

 「ゴジラがやって来れば、天変地異のたぐいだから(自衛隊は)災害派遣だ」としながら「UFO襲来になると災害派遣が使えるのか。攻撃を仕掛けてくれば防衛出動も成り立つかもしれないが『地球の皆さん仲良くしよう』と言ってきたらそうはいかない。何を言っているかよく分からない場合にどうするか」と、大まじめに現状の法体制の盲点を嘆いてみせた。

 これに対し、自民党の二階俊博総務会長は記者団に、「UFOは絶対いる」とした先の町村信孝官房長官の発言も念頭に「(閣議決定された)答弁書に異議を挟むことは慎重であってもらいたい」と述べ“閣内不一致”の拡大に苦言を呈した。

 ゴジラやUFOで自衛隊が出動する法的根拠? 石破防衛相が考える
2007年12月20日 16時03分 更新

未確認飛行物体(UFO)に関する発言の詳細は以下の通り。
ITmedia news-産経

 UFO談議、渡海文科相も「この種の話はあっていい」
   12月21日11時47分配信  読売新聞

 渡海文部科学相は21日午前の閣議後の記者会見で、政府内で話題になっている未確認飛行物体(UFO)について、「あるんじゃないか。あったら楽しい。地球の脅威にならない限り、この種の話はあっていい」などと述べ、議論を歓迎する考えを示した。

 閣議前には、閣僚間でもUFO談議で盛り上がったといい、町村官房長官が「所管は文科省になるのか」などと質問したという。文科省によると、仮にUFOに関して政府が調査・研究する場合は、同省の研究開発局が担当することになるという。

 渡海文科相は「今のところ、政府としてUFO研究は考えていないが、専門家に会ったらいろいろ聞いてみたい」と興味津々だった。

☆☆☆ーーーーーーー

タイトルから外れます…ご容赦を。

それにしても、福田首相には失望しました。彼は政治決断から逃げた。
もし決断していれば、薬害被害者への大きなプレゼントなりました。
政権と彼個人の人気が浮揚したであろう。

どうも福田氏は、指導力もなければ、決断力もないらしい。この国は役人の役人による役人のための行政らしい。国民を見ない役人の代弁者が求心力を失うのは当然である。

福田氏は真の政治家として大化けするチャンスだった。ある意味運の良い人間だともいえる。
運は掴み取るものだという。誰しも、「あの時が……」と回顧するだろう。
しかし、此度の件は、掴み損なった者の思い出話ではない。

全国民は福田氏が運を掴んでくれるだろうと注視していた。
福田氏は、我が国で唯一彼だけに与えられた権利を放棄してしまったのである
福田氏、被害者双方に幸運を齎す決断を下せなかった彼から人心が離れてしまうのも、至極当然であろう。

サラリーマン出身の彼は、然して志もないまま家業を継いだのだろう。親も官僚上がりだった。彼は政治家たらんとするより、官吏向きだったのだろう。

こうして、国は官僚と結ぶ政・財に壟断されるのだろうか。
ねえ、福田さん。短命に終わったって良いじゃないですか、名宰相=長期間ではありません。
思い切って官僚と切り結び、我々に実のあるところを見せて下さい。
そうすれば、政権の浮揚策にもなり、長期政権への展望が拓けるかも知れませんよ。www

薬害被害者へのサンタにはなれませんでしたが、お年玉を待っています。
サラリーマン、評論家、学者もどきの政治家は要りません。我々は、言動は多少無骨でも真摯な人物を求めています。

失礼しました。三連休、ご家族、友人・恋人同士でお楽しみ下さい。

☆☆ーーー

昨日に続いて 晴天とら日和」 さんのブログを紹介します。

晴天とら日和
タイトルは
「UFO」3バカトリオ+イシバがUFO論議“参戦”「ゴジラ、モスラは災害出動」。
はぁ~ぁ~?防衛省の疑惑問題忘れて呑気にアッチもコッチもUFO論議。
ワテ・ホンマに・よう言わんわ~♪


許可なく勝手に載せまして怒られたらどうしよう、と言う心配もありますが、兎も角、お読み下さい。、面白いと言ったら怒られそうですが……まあ、お読み下さい。
TB欄からのほうが確実かも。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック