知事選 黒川氏「仰天プラン」

告示まで一週間となった都知事選、主要4人の候補者のマニフェストも発表され、盛り上がって参りました。

其々のマニフェストは、都民の皆さんや全国の都知事選を注目されている皆さんは、既にご存知だと思いますので、割愛します。

本日は黒川紀章氏(72)の選挙戦斯く戦う「仰天プラン」をご紹介します。
ネタ元は「スポーツ報知」、もう見たよという方はスルーして下さい。

笑われる方や憤る方、面白いじゃないか、ユニークな発想だと妙な関心を持たれる方。様々あろうかと思いますが、座談のネタには為ろうかと思います。

私の感想は後ほど、ではどうぞ。
(少し長いですよ)

スポーツ報知
黒川氏、選挙戦仰天プラン 陸海空制す!…都知事選22日告示

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000021-sph-soci

東京都知事選(22日告示、4月8日投開票)に出馬する世界的建築家の黒川紀章氏(72)が陸、海、空を使った壮大な“選挙プロジェクト”を15日、披露した。自ら所有する船を操り神田川や隅田川を疾走、選挙最終日には飛行船から大量の桜吹雪をまく予定だという。「『東京はすごい』という選挙にしたい」と意気込む黒川氏はニックネームも「下町のナポレオン」とすることも発表。政治団体「共生新党」を設立することも明かし、選挙モードに完全突入した。

 史上最大スケールの選挙戦になりそうだ。「『東京というのはすごいね』という選挙にしたい。知事がクールでおしゃれじゃなきゃ駄目」と黒川氏。陸、海、空を使った壮大なプロジェクトを披露した。

 すでに「陸」に関しては、後方部分がガラス張りの選挙カーを発注。中では「コーヒーを飲みながら爆笑する」予定となっている。

 次に「海」。1級航海士の免許を持つ黒川氏は全長11・5メートルのクルーザー「モナ・リザ」号を所有。自らが操縦し多摩川、隅田川、神田川を回る予定だ。「川での第一声は神田川。学生時代に使っていた洗面道具を持ちながら」歌手の南こうせつさんとともに名曲「神田川」を熱唱したいという。

 都選挙管理委員会によると、船による選挙活動は可能とのこと。橋などにぶつからない程度の高さであれば大きさにも規定はない。「以前の選挙でも船を使った候補者がいた」(管理委員会)という。

 最後は「空」。「残念ながら、自分の飛行機はロスにある」としながらも「飛行船から(選挙戦最終日の)4月7日に花吹雪になるよう、桜の花を大量にまきたい」。

 これには都選挙管理委員会でも「発想がすごいですね」と絶句。飛行機に関しては、拡声器や看板などをつけることはできないが、飛ばすだけなら問題はないという。しかし花吹雪には「無地のもので、本人と認識されないものなら大丈夫。ただ別の法律に触れる可能性があるかもしれないですが…」(管理委員会)と想定外の事態に戸惑いを隠せない。

 ど派手な選挙戦を展開する黒川氏だがニックネームは庶民的なものとなった。その名も「下町のナポレオン」。「僕が名付けました。下町の目で考え、ナポレオンのように東京全体を見渡したい」。選挙演説では冒頭に「『下町のナポレオン』が来ました」と話す予定だという。

 「下町のナポレオン」と言えば焼酎「いいちこ」のサブネーム。黒川氏は「商標の関係でしかられるかもしれません。あとで『いいちこ』に電話してみます」としているが…。当の「いいちこ」製造元・三和酒類株式会社では「初めて聞きました…。どうすればいいのか、すぐに判断がつかない。(使用可能か)肯定も否定もできません」と困惑気味に話していた。
(3月16日8時0分配信)

私の感想、
一言で云えば笑ってしまったです。
だけどメディア戦略としては一つのアイデアかも。
なにしろマスコミは、面白可笑しくさえあれば良いと考えている集団ですから。

72歳の黒川老が学らん姿で、当時の洗面道具を持ち、南こうせつさんと「神田川」を歌うとなれば、メディアが挙って駆けつける。
見物人が多数集まること間違いなし。

でもどうでしょう、大富豪黒川氏が自ら所有するクルーザー「モナ・リザ」号と「神田川」。上手くマッチするでしょうか、ミスマッチか……。
日本人は「セレブ」に弱いから意外と大受けするかも。

さらに、「飛行船から(選挙戦最終日の)4月7日に桜の花を大量にまきたい」という。
桜の花は難しいでしょう、紙吹雪にしたところで、東京中に撒くのには、すごい量が必要だ。
風向きによっては隣接する県に舞い落ちて、ゴミになってしまうかも知れない。苦情が来るかも。

下町のと付けているがナポレオンを気取るのが、やはりこの人らしい。
「ナポレオンのように東京全体を見渡したい」

全ヨーロッパをほぼ制圧した皇帝と、ご自分を夢の中で、重ね合わせているのでしょう。
日本一国も手中に出来ず、無念の内に世を去った信長に心服している、先の「ワンフレーズ親父」よりましか。

「見渡したい」は「睥睨したい」が本音でしょう。石原氏と同根ですから。

何方でも立候補することが出来ますが、より善き都政を行ないたい一心で名乗りを挙げる方と、売名のため(丸山氏)や道楽で出る方もいる。


世界的建築家と言われる黒川氏は、知る人ぞ知るその世界の有名人ですから、単なる売名でないことは確かでしょう。

では、道楽かと言えば、そうでもないらしい。

黒川氏の出馬の真意は解りませんが、直前で降りる?ということもあるかも、それは無い…か。
黒川という人物も謎だが、繰り出すパフォーマンスも謎である。(笑)
まあ、色々話題を提供してくれる小父さんには間違いない。

さて、朝日新聞の10、11の両日、都内の有権者を対象に第1回情勢調査によると、石原氏の都知事としての支持率は42%、不支持37%で、2月3、4日調査(支持53%、不支持35%)から支持が下落していることが明らかになった。

石原・浅野氏、接戦の様相 都知事選で本社情勢調査
http://www.asahi.com/politics/update/0313/002.html

東京都知事選が22日に告示されるのを前に、朝日新聞社は10、11の両日、都内の有権者を対象に第1回情勢調査を実施し、取材で得た情報をあわせて情勢を探った。調査時点で支持の多くが現職の石原慎太郎氏(74)と前宮城県知事の浅野史郎氏(59)に集まっており、両氏による接戦の様相を呈していることが分かった。現時点で誰に投票したいかを答えた人は6割にとどまり、情勢が不透明な中で告示後の選挙戦は激しいものになりそうだ。

 都知事選には両氏のほか、共産推薦で元足立区長の吉田万三氏(59)、建築家の黒川紀章氏(72)らが立候補を表明している。石原、浅野両氏は政党推薦を受けないとしているが、自民が石原氏を、民主、社民が浅野氏を支援する態勢だ。

 投票先を明らかにした人の回答をもとに情勢を分析すると、自民支持層は石原氏、民主支持層は浅野氏支持にほぼまとまっている。有権者の大多数を占める無党派層では石原氏への支持が浅野氏支持を上回っている。

 一方、選挙で「都政が大きく変わってほしい」と答えた人は全体の56%に達し、この層では浅野氏が石原氏をリード。選挙に「大いに関心がある」と答えた人は47%を占め、この層では両氏の支持が拮抗(きっこう)している。投票意欲の高い層ほど浅野氏支持の割合が高めの傾向で、前回44%台にとどまった投票率の動向も焦点になりそうだ。

 石原氏の都知事としての支持率は42%、不支持37%で、2月3、4日調査(支持53%、不支持35%)から支持が下落していることが明らかになった。
(2007年03月13日00時56分)

現時点では大まかな情勢判断しか出来ませんが、浅野氏を応援している私は勝てると思ってます。

スキャンダル続出の石原氏が勝つことはそのまま、小泉劇場で臍を噛まされた苦い体験を、再び味あわされることになります。

大東京が今更、オリンピックを誘致して活性化もないでしょう。
箱物行政しか思いつかない利権政治屋には退場してもらいましょう。

スキャンダル溢れる石原氏ですが、マスコミによると石原優位は動かないそうである。良心的マスコミでも接戦だそうだ。

殆んどのマスコミは東京に本社を置き、記者も都民が多いと思われる。

拙い例えですが、子供を育てるのに、欠点を論って叱るより長所を引き出して褒めよというのがあります。

石原氏は2期を務めたベテランである。今更長所を見つけ出して褒める必要はない。2期に亘る石原都政を総括検証し、スキャンダルの裏にある事実を暴き、都民に詳しく知らしめるべきである。

マスコミの諸氏にお願いする。公正、公平な記事をお書きください。
提灯は点けないでね。

勝てると思う。勝てます。
都民の皆さん。応援団の皆さん、民主・社民の皆さん頑張ってください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月16日 20:08
やっほ^^
メール届いてるかな~?
ありがとうねっ^^♪
うれしかったよん♪

この記事へのトラックバック