「さるかに合戦」自民VS国民

狡賢い猿に騙された蟹が栗、蜂、臼の応援を受けて猿を懲らしめると言う物語です。
一応、自民猿、庶民(若しくは野党)を蟹にしておきます。

まず、このニュースを一読下さい。

民主・中井衆院議員の資金管理団体、光熱水費を虚偽記載
http://www.asahi.com/national/update/0314/NGY200703140003.html

民主党の中井洽(ひろし)元法相(衆院比例東海ブロック)の資金管理団体が、05年に計上した光熱水費286万円に、公用車使用代や議連活動費など別の費目の経費を付け替えて政治資金収支報告書に記載していたことがわかった。中井元法相は14日、複数年にわたって不適切な報告をしていたことを大筋で認め、管理団体の会計責任者らに報告書の修正を指示したことを明らかにした。

 中井元法相の資金管理団体「洽和(こう・わ)会」は、東京都千代田区の議員会館にしか事務所がない。議員会館の電気代や水道代は公費で負担されているのに、収支報告書では毎年、光熱水費を数百万円単位で計上。04年にも236万円、03年546万2千円、02年446万円、01年336万円、00年136万円と、00年~05年の6年間で計1986万2千円に上った。

 中井元法相は、朝日新聞社の取材に対し、「事務所の人間から、そのような報告を受けている」と述べ、公用車使用代などの経費を光熱水費に付け替えて報告していた事実を認めた上で、「僕はお金が足りるかどうかチェックしているだけで、詳しいことは分からない」と弁明。「区分するのが煩雑だったようだ。会計責任者が長年のやり方を続けていたのだと思う。領収書はある。全く恥ずかしい」と話した。

 政治資金規正法は収支報告書の虚偽記載を禁じており、違反した場合は5年以下の禁固または100万円以下の罰金に問われる。

 中井元法相は当選10回。民社党、新進党、自由党を経て民主党に参加。94年羽田内閣で法相。03年には民主党副代表に就任した。

(2007年03月14日11時02分)

>>松岡大臣のことを書いてきた者として、中井議員のこのニュースも挙げて措かないと、公平さを欠く事になります。
野党を応援している者としては残念ですが。

中井議員は認めているが、松岡大臣は、「虚偽記載は一切ない」「適切に報告している」と強弁している。

毎度と言っちゃあなんだけど、自民の戦略もワンパターンですねぇ。
これで痛み分け手打ちに持ち込みたい腹のようだが、思惑通りに行くか今回は疑問である。

佐田氏の辞任から始まった一連の不透明な事務所費計上問題でも、自民党は小沢氏にも有ると詰め寄り、相殺しようと企んだが小沢氏の公表で、知らん振りを決め込んでいる。

今回の虚偽記載は明らかな法規違反ですから、中井氏は覚悟の上だろう。どうなるか現時点では予断できませんが……。

民主党は「肉を切らせて骨を断つ」覚悟で、自民と対峙して頂きたい。


さて、さるかに合戦は、お握りと柿の種を交換するところから始まります。
桃栗三年、柿八年と言いますから、手っ取り早く欲望を満たすためには、お握りを手に入れ無ければなりません。

自民猿の狡猾さはご承知の通りです。
最近では郵政選挙で、見事に騙されました。オオカミ少年の如く「ミサイルが飛んでくるぞ」と煽り倒して70%も支持率を獲得した「美しい総理}もいます。我々は自民猿の甘言に見事嵌められたのでした。

猿軍団に易々とお握りを奪い取られてきました。

柿は八年ですが、戦後長きに亘って利権を貪り続けてきた猿の群れは、最後の仕上げに取り掛かりはじめました。
「憲法と教基法の改正」、これこそ猿軍団が最も手に入れたい果実なのです。

流石の蟹(野党、国民)も今までの防戦一辺倒から、攻めなければこの国の将来は無いと感じるに至ったのです。

これまで自民の危険性を訴え続けてきた人々が、細々ですが丹精こめて育ててきた果実がやっと実りつつあるのです。

しかし現状は、多数を占める猿軍団に阻まれて樹上に登ることが出来ないのです。

狡猾猿は勝っ手気ままに木に登り、折角育てた実を食い散らかしているのだ。その上、青柿まで投げつけて寄越すのである。

慈しむ心など無い猿に汚染された実は、朽ちるしかないのか……。

しかし、やっとチャンスが訪れました。
参院選です。その前には知事選もあります。
蟹が野党なら、国民、公正なジャーナリスト、知識人、文化人等が、栗、蜂、臼となり蟹を応援しなければなりません。

ここで、自民猿を懲らしめて措かなければ、また柿の種を蒔く処から始め、実らせるまで長年月掛かってしまう。

我々が育てた果実は我々が受け取る権利があります。
狡賢い猿軍団に食い散らかされないように、選挙で追い落としましょう。

それはそうと、「さるかに話」は各地にあって夫々内容も違ったりするそうです。

芥川の小説では、猿をやっつけた蟹が死刑になるようです。栗、蜂、臼は共犯者として無期懲役だそうです。(読んでいないので、詳しくは存じませんが)

この場合、自民VS野党、自民VS国民の位置付けは、どうなるのでしょうか。一度読んでから考えて見ます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック