酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/7(土) 「日暮し雑記・七夕」

<<   作成日時 : 2012/07/08 00:19   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像七夕。



夕方6時を過ぎてやっと、山の端に乗っかる雲の切れ目から淡い光が差し込んできました。

今日は夜中から雨でした。多分、おりり姫、ひこ星さんは、かささぎに手伝ってもらって無事の逢瀬を思い切り楽しんでいることでしょう。後数時間すれば離れなければならない二人。時が経つごとに寡黙になって往くだろう。そして、無情のの時が訪れる。涙で朧になりながら、ただ見詰め合い完全に見えなくなっても手を振り続けるだろう。

天上は依然分厚い雲に覆われていますが、天上に御座す雨の神よ、往きも雨帰りも雨と言うのはあまりに情のない仕打ちだ。もし、おり姫を不憫に思うなら泣かせないで欲しい。
おり姫が滂沱の涙を流したら、地上の我々も天を恨む。

では、この機会に昔々にタイムスリップして、童心に返って懐かしい思い出の歌。
可愛い歌愛い歌を口ずさんでください。

七夕さま


昨年も被災した人は無論、全国民が、七夕さまに祈りを捧げ願い事を掛けました。
私たちが、五色の短冊に込めた願いは、野田一味によってゴミ箱に棄てられてしまった。

それでも尚、社会の異物になった自民、汚物に成り果てた野田民主。
マスゴミによると、ゴミのお裾分けに縋っている、ゴミに集るゴミがかなりいる・・・らしい。
民主の増税賛成者、後の言い訳のために、危険・欠席した者。

特に、反対して党を立て直すと豪語している者。
老舗の看板を護りたいが、絶対の動機なら止めたが良い。
今の民主党には野田一味に付いて行く泡議員が山ほどいる。君達もまた、賛成派の大多数と同じ、ただ懐を肥やしたい貧乏人に過ぎない。

ちょっと横道に逸れました。ご容赦ください。

私たちは、叶わないと知りながら毎年毎年、願い事を短冊に認めてきました。
しかし、今年の七夕さまに掛けた願いは、単なる年中行事ではありません、。
私たちの未来、子ども達の将来を願う。・・・本当の悲痛な叫びなのです。

本当に哀しい現実があります。

 故郷の廃家



真実一路とまでは言いませんが、野田一派の悪行の正悪、良否が明らかになった。
私は、野田一派は完全に狂っていると断じています。
が、無論、判断は個々人に委ねられています。
何れ近い内にあるでであろう選挙が決してくれるでしょう。
皆さまの

今晩もありがとうございました。酔語。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7/7(土) 「日暮し雑記・七夕」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる