酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/15(火) 「日暮し雑記・酔いにまかせて」

<<   作成日時 : 2011/11/15 00:53   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 1

画像 小春。


この二、三日は、穏やかな小春日和で凌ぎ易かった。
寒さが苦手の私ですので、今週も来週も、更に来月、再来月もずう〜と続いてくれないかな、と身勝手に思っております。

当地の紅葉も、この気候の所為か見ごろになるのは当分先になりそうですが、様々な木々が赤や黄色と斑に色づき始める頃、色褪せて散り落ちた枯れ葉が薄っすら霜化粧する頃も。赤や黄色の錦に彩られた盛期も、其々風情が溢れていています。

毎年、晩秋になると、必ず来る冬に身を固くしている私ですが、不思議な感慨や感傷に浸ってしまいます。
でも。。。。と言うか、、、

『白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり』(牧水)
酒の美味しい季節になりました。

年追えば肉体は衰える。肉体が衰えば「意」は、若き時の郷愁に微睡う。
しかし、脳(私の)中枢は、他のことを差し置いて今も、酒なくて何の己か・・・と命じています。
もとより素直な私は、我が愛しの脳に逆らう度量もなく、周りや医者の厚意を柳の風と流して、毎夜杯を挙げています。でもまあ、今はちびちび遣って・・・うつら・・うつら・・・やがて高いびき そして、夢心地。

「負うた子に教えられて浅瀬を渡る」
。や娘に教えられることばかりになりました、」 年は取りたくないですね。

さて、だらだら下らない卑近な思いを述べてきて、今更でもありませんが、何ともう詰まらない国になりました。
何事も世に連れて変転して行きますが、国家=権力がこれほど歪んでしまったことは、なかった。のではないでしょうか。
人は弱い、か弱い。しかし、しかしですよ、民主党の権力亡者も私たち以上にか弱い人間なのです。いや、連中は私たちよりもっと、か弱い知のです。
連中は私たちより知恵ががない。恵知恵がなければ今の地位に拘泥し金に執着するしかない。
で、連中=我が日本権力は、原発爆発。TPP。等々。未来に途轍もない汚染を撒き散らすことに決した。、

日本人は、穏やかでお人よし、思いやりがあって痛みは皆で分かち合う。
野田、仙谷、前原、枝野、細野・・・以下民主党の、原発推進・反対、TPP推進・反対はも同胞である。
その同胞が覚悟なく互いに気勢をを挙げている。

こんな連中に子供たちの未来を委ねていいのですか、連中=同胞=民党は、関税撤廃だけでなく、・制度・規制もアメリカに同化しようと叫んでいるのです。

ごめんダネ。段々と国境の壁が低くなって民族互いの歴史文化を共有できつつありますが、権力者のグローバリゼーションは、銭。金=富を流通でしありません。結局は強いところが勝つ。日本はアメリカが勝つ、応援しますと願い出たのでしょう。

まあ、夕日はノスタルジ^ーを掻きたてる美しい光景ですが、世界は大きく変貌しています。沈み往くアメリカの残像に酔う時代はすぎました。私たちは、民族自立。自決を真に心して次代に繋いで行きましょう。

いつもですが、酔うがまま、酔いに任せてだらだら述べました。
ご勘弁ください。(これもまた、いつもですが誤字脱字、意味不明な文言も重ねてご容赦ください。)

今晩もありがとうございました。酔語

お終いに、日本の歌謡界が誇る歌姫の懐かしいお姿をご覧下さい。


☆☆☆

東京キッド−美空ひばり.mpg


アンコ椿は恋の花-都 はるみ.mpg


笠置シズ子 買物ブギ Shizuko KASAGI,1950 高画質



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
二大政党制とこれからの選挙制度
昨日TPPの討論番組があったが、民主党内でも異論が多い。 民主党は『政治主導』『二大政党制』を理念に集まった政党だけど、やはりそれだけでは漠然なのかも。 二大政党制には、一種の限界があるのかもしれ... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/11/19 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
どこかに適当な見本を求める意識はもういい加減に捨てて、未来のあるべき国(その頃には一地域?)を独自に求めて世界の見本になるような国づくりをできないものでしょうか? まぁ、富裕層利益優先社会システムの申し子たる政治屋には何も期待できませんが…。
山路 独
2011/11/16 02:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/15(火) 「日暮し雑記・酔いにまかせて」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる