酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/10 『日暮し雑記・お久しぶりです』

<<   作成日時 : 2011/09/10 22:19   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
画像 快晴。


東日本・関東の余震は断続していますし、西日本、特に近畿地方を襲った台風は、甚大な物的、人的な被害を齎しました。災害はもう懲り懲りですが・・・ここ最近の天地のざわめきを見せられますと、これほどの大災害すら、何か未来の行く末を暗示しているような・・・私たちへの警告のような気がしてなりません。

(九月になりましたが)真夏の日差しが戻ってまいりました。

「残暑お見舞い申し上げます」
すみません先にご挨拶するべきでした。

昨年のような酷暑ではありませんが、やっぱり暑い。画像 今日の当地は、雲一つない晴天でした。
煩いくらい鳴いていたセミに代わって路地の茂みに住む秋の虫が一日中歌っています。日中、アキアカネが群れ飛ぶ、ようやく穂付き始めた青い稲田は、夕暮れになるとコウモリが舞う舞台になっています。

身の回りの自然は だんだん秋景色へと移ろっていますが、残暑はまだ当分は続くでしょう。
くれぐれもご自愛ください。

☆☆☆

久方振りに更新します。

色々ありましたが、騒々しかったのが、老練・老獪な既得益者と、その端に置いて貰いたい稚亡者の茶番劇だった。殆どの国民(特に被災者)は、奴等が喧伝する押し付け劇を、怒りを以って、或いはあきれ果てて傍観してたとと思う。

何せ連中は電波を独占しているのだ。その母体が大手の紙メディアである。報道と言う言葉に騙されないように、大手のテレビ、新聞は公共機関などでありません。只の銭儲け第一の企業なのです。その 彼等が「我等は、公正・中立」などと平然とノタマイ、それを無条件・無批判で信奉する人々が、多く存在している限り、連中が(第四権力と言われるのは、三権(立法・司法・行政)と結託したからだ。

それが・・・今。
かってない、未曾有の天災+人災原発事故を目の当たりにして、三権も第四権も、為す術もなく右往左往して、何とか己が威を張りたい、と、偽装、捏造、隠蔽を垂れ流している。

テレビ、新聞は、当然だが政府・東電の代弁者なのだ。
連中は毎日々、被災者の苦しみ悲しみを伝えてくれている。が、すべての被災者も同じ苦しみ悲しみがあるのだ。これを視聴率稼ぎにしてはならない。誰もが涙する物語にするのは、もっともっと遠い未来の子孫たちに委ねるべきだ。

☆ 相も変わらず酔っ払いの戯言ですみません。
新内閣は、融和、挙党一致という前宣伝・・・(無論、マスコミの喧伝)でしたが、真に歪な構成になったと思います。
その理由は、今日は酔っ払っていますので書けませんが、私が書かなくともこの内閣は潰れる=マスコミの本命は別人にある。暫く上げたり下げたりしながら いたぶって、上手に豹変するだろう。


☆ 内閣発足後、即、失言大臣が現れた。

今、井戸端のトレンディーは、ハチロ大臣の、「死の街」「放射能うつす」発言です。
夢に見た大臣になったハチロ氏は、「まさかこんな戯言で」 と思っているだろう。
しかし、今朝の朝日新聞の一面は、「経産相 『放射能つける』 」だった。
それで、進退が危うくなっているそうだ。

電力、原子力行政の今までをが何たるものだったのをか知らない者=素人が、経産相 。普天間を知らない、素人ですと言った防衛相、財、税務など何も知らない大臣、外交など何も知らない大臣。
それを束ねる総理が、何の理念もない、只々、闇権力に身を委ねるならいくら化粧しても歪になる。

☆ 今、国民は、真剣にこの国の行く末を案じている人と、権力のスピーカーに縋っている人が、綱引きをしているのです。

勿論、どちらに加担するかは自由です。しかし、どちらに付いても勝利はありません。
それほど、どちらの勢力も張子の虎なのです。

いやはや何とも、嫌な日本になりました。
その上、子供たちに大きな犠牲を負わせてしまいました。

口先三寸の政治家、それを操る官僚・財界、プロパガンタ機関のマスコミ。
主権在民は、単なるスローガンでしかなくなってしまった。

でも、国土は放射能に汚染されてしまった。
こんな事態になっても、政府・東電・マスコミ・御用学者を信じる人が多くいる。

子供たちに大きな犠牲を負わせても良い。信じる政府が言っているのだから・・・・

追、野田政権=マスコミ傀儡政権です。菅も同じでした。
連中は、福島の子供たちのことなど考えてもいまい。
貴重な国土が失われようとしている現実を報じず、ゴシップ記事を氾濫させている。

どうか、騙されないで下さい。

☆☆☆

久しぶりに書けました。
これかも毎日と言う訳にはいかないと思いますが、徐々に間隔を縮め て一、二カ月後には、以前通り復帰したいな、と思っています。
ありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。酔語。

ж毎度ですが、呑み助ですので誤字脱字はご容赦願います。

画像


故郷を離るる歌 (高音質ステレオ) 東京児童合唱団

作詞 吉丸一昌ドイツ民謡

  園の小百合、撫子、垣根の千草、
  今日は汝(なれ)をながむる おわりの日なり。
  おもえば涙、膝をひたす、さらば故郷。
  さらば故郷、さらば故郷、故郷さらば。

  つくし摘みし岡辺よ、社(やしろ)の森よ。
  小鮒釣りし小川よ、柳の土手よ。
  別るる我を 憐(あわれ)と見よ、さらば故郷。
  さらば故郷、さらば故郷、故郷さらば。

  此処に立ちて、さらばと、別れを告げん。
  山の陰の故郷、静かに眠れ。
  夕日は落ちて、たそがれたり、さらば故郷。
  さらば故郷、さらば故郷、故郷さらば。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★原発災害から半年、福島に未来を取り戻そう!
★チャレンジ無くして福島の未来は取り戻せない!★画像はクリックで拡大します★福島 ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/09/20 00:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/10 『日暮し雑記・お久しぶりです』 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる