酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/23(月) 「日暮し雑記・ちいさきもの」

<<   作成日時 : 2011/05/23 07:35   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 小さきものは みなうつくし


光陰矢の如し。

大震災に遭遇して、早 70日。
未だ復旧への道遠く、確たる復興への道筋もおぼろです。

何故なのか、その要因は不甲斐無い現政権にあります。
菅とその一派の意地汚さは全国民が周知している筈ですが、不思議なことにマスメディア(大手新聞・テレビ)は、生み出した責任からか、「養護」し続けている。

それに増して、国民(大多数の声なき人々)の悲鳴を知りながら、怒りを百も承知の上で、人非人政権、非道政権をあらゆる手段を総動員して「擁護」している不可思議さです。


* * * * * * *


あな恐ろしや 権力に憑かれた亡者。

有史以来、如何わしい権力者と言えば菅直人に止めを刺す。
その御仁が、3/29の参院予算委員会で、「福島の原発事故は、有史以来の危機、戦後最大の危機だ。」と 強調していた。で、あるなら人々の負託に応え、迅速果敢に対処する筈なのだが、今に至るまで無為無策でやり過ごしてきた。

震災前、風前の灯火だった菅政権が、震災を奇禍として政権浮揚・延命を図ったのは、誰の目にも明らかです。20を超える審議会や委員会を乱造して、責任をうやむやにしたまま、避難所を巡り 「精一杯やっています。頑張ってください」 としか言えない大根振りは、顰蹙を買うばかりだった。

少なくとも、菅氏には、人々がどれほど窮乏しているのか、何を第一に希求しているのか、情報が集約されていた筈である。最高責任者が、自ら出かける以上、家族を失い、財産を失い、着の身着のまま命からがら助かった人々への「具体的な大きな土産」を持参して安心を約さなければならない。

しかし、菅は打ちひしがれている人々や、その方々のために、寝る間も削って活動している地方の役人や医師、ボランティアの心を一切考慮せず、大名行列で威を張りテレビで喧伝させた。

案の定、被災者は怒り、全国民の顰蹙買い浅はかな所業見事に失敗した。
政治家としての器量も資質もない者は自己顕示するよりないのだろうが、菅は欲が深すぎる=匹夫の勇を振り回す最低。最悪の小人である。

本にあな恐ろしき、権力に憑かれた亡者である。


* * * * * * *


世に恐ろしい物は多々あれど、見えず聞こえず、臭いも味もなく、触っても虚空を掴む・・・私たちの五感で認識できないのが放射能と言う、猛毒物質です。

特に原爆の恐ろしさを経験した日本人なら身に沁みている筈です。そして過去に原発事故も幾度となく起きています。急性傷害で命を落とされた方もいました。
しかし、現政権は、「直ちに害はない」と、言い募って矮小化し人々を惑わし平然としている。つまり、「よらしむべし知らしむべからず」という権力者の悪弊=常道を現民主社会に押し付けているのです。

民に 「眼に映る美しい自然が放射能と言う毒物に侵されている」と、言うことなどない。しても信じまい。「大丈夫、心配いりません。安心して下さい」と言えば御せる。眼に見えない、無味無臭毒物の放射能は、詭弁、方便を弄する権力・権威者にとって都合の良い代物なのです。

もう既に信用が失墜しているのに、否、失墜しているからこそ、産・官・学・マスメディアと共謀し、情報を独占して力ずくで操ろうとしているのだ。民は必ず、大声=政府、マスコミの喧伝に縋る筈だ。全く恐ろしい暴力政権です。

皆様!もっと怒ったら如何です?。
無論ですが、被災された人々はそれどころではありません。
ので、幸い被爆地より遠く、運良く直接被爆を免れた私たちが、菅や強欲亡者と闘わなければ、経済至上主義=上(既得権益者)栄えて民滅ぶ、三流、四流の似非民主国家になってしまう。

まあ、私は御免ですが、それで良いと言うなら、それが多数なら、仕方ない。でも、似非権力の喧伝に雷同するのが処世術だ、と心得ている(きた)なら、今一度再考して下さるよう・・・お願いします。


* * * * * * *


今を生きる。


「難儀な世になりましたなあ」

こう思いの方々の実質も多様だと思います。
有為転変の過程で嘆きいておられる方、生まれながらにして難儀な境遇に置かれたまま、脱し得ない方。
「難儀だなあ・・・」 と、言い表すしかない方々の深奥は 如何許りか・・・残念ですが、現権力は、その方々の悩み苦しみに寄り添い、共に新世界へ往こうと言う気などないでしょう。

科学が発達した今日でさえ、自然の凄まじい破壊力の前では無力です。
しかし人々は数々の天変地異に、打ち勝ってきました。

人間は万能ではありませんが、天災によって齎された困難を克服してきました。戦争と言う最悪の人災からも立ち直ってきました。しかし、放射能汚染は現在の人智では決して消せない。

まあ、今更 ぼやいても嘆いても如何にもなりませんが・・・。

* * * * * * *

「なにもなにも 小さきものは みな愛らしい」
清少納言の枕草子 「うつくしきもの 」の文節ですが、大人であれば当然具わっている感性でしょう。

しかし、現権力は、己が保身・延命のため子供たちを生贄にしている。これほどの悪徳行為はない。
連中は決して贖罪なんかしない「許されざる者」です。

連中を逃してはなりません、私たちの手で断罪しましょう。


☆ ダラダラ書いてしまいました。ご容赦ください。

ありがとうございました。酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
当ブログ5周年に感謝致します。+政府・東電・保安院、ウソをつきまくって収拾つかず、。。
        当  ブ  ロ  グ  へ  の ...続きを見る
晴 天 と ら 日 和
2011/05/27 05:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/23(月) 「日暮し雑記・ちいさきもの」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる