酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/6 日暮し雑記・怒」

<<   作成日時 : 2011/05/06 07:01   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 こいのぼり


「こども日」。
被災地では、数々のイベントが催されました。
毎年恒例の楽しい行事ですが、今年は、未曾有の震災に遭遇し、今も不自由な生活を強いられている中、特に感慨も一入だったでしょう。

大人も子ども この先、長く険しい道程を行かねばなりませんが、大人たちは、人生経験が長い故、ともすれば挫けそうになることがあります。そんな時、健気に支えてくれるのが、子供たち の笑顔や歓声です。

子供たちの幸福を願い、健康な成長を祝う日、今年は、大人たちが子供たちに鼓舞激励されたのではないでしょうか。

春のうた 桜の花の咲く頃は・・・東京荒川少年少女合唱隊


硝子の窓さへ みな うらら
學校の庭さへ みな うらら
乳牛舎の牛さへ みな うらら
鷄舎の鷄さへ みな うらら
渚の沙さへ みな うらら


そして、  
どなたの顔さへ みな うらら

5月に入って、やっと春を実感できるようになりましたが、報道で見る被災地は、住宅地や田園、海浜も、とても長閑な風景とは言えません。でも、人々や動物、小鳥、被災を免れた草木に麗らかな春の陽光が降り注ぐと、人々は和み活力が湧いてきます。

「こどもの日」は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことを趣旨として、1948年(昭和23年)に公布・施行されました。

社会は、乳幼児から高齢者に到る老若男女で構成されています。新旧の新陳代謝がバランス良く行われることで健全な社会が引き継がれて行きます。

今の日本はどうでしょう。
格差が固定したまま、政官財とマスメディア等の既得権益を有する者ばかりが栄え、中小零細業者、一般庶民は捨て置かれています。

日本の経済の大部分は中小零細企業と、国民の消費によって支えられています。既得権益者は、この現実を知りながら国家財政の危機を殊更に喧伝し、消費税増税等が不可欠だと言い募っています。連中は社会の片隅で縮こまっている人々と共生しよう。国民と共に、この事態を克服しよう。という気がさらさらない人非人です。

そんな連中が法律を作り、行政と司法を恣意的に運用しているのです。
嗚呼!と嘆いても・・・長期に亘って築かれた鉄壁を突き破ることはできません。何故なら、日本人は、お上(官僚)が幸せを齎してくれる、と信じて疑わなかったからです。

だが、この度のことで、目が覚めたと思います。これで覚醒しなければ日本は、富が大きく偏った歪な先進民主主義国家に成り下がります。

どうか、皆様。
この大惨事を契機に諸外国に阿り真似て追従する我が権力、インチキな情報を垂れ流し権力を誇示している連中にに追随しないで下さい。

さて、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる」 と祝日法に書かれている「こどもの日」。態々、書かなくとも子供が 「宝」 なのは論を待ちません。

私たちは、子供たちを愛しみ見守り健全な大樹になるよう育んできました。私益を貪る権力によって歪められた歴史もありましたが、大多数の大人は、健全な未来社会を子供たちに託して旅立ちました。

しかし、現日本の権力 「国民の生活が第一」 を、訴えて政権を与えられた権力は、「宝」 を、「石ころ」のように扱う、正しく人非人の如く変容してしまった。

「怒」

もう既にご承知だと思いますが、「国民の生活が第一」の政権は、子供たちの放射線許容量を、一挙に20倍、年20ミリシーベルトに上げた。これは放射線を扱う特殊な従事者の最大線量です。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる」と言う法の趣旨を破り捨てたおぞましい権力者の宣言です。
連中が何故、子供たちに牙を剥いたのか、何故、悪へ変貌したのか。それで何を得ようとしているのか、連中の奇跡は私の如き凡人には解りません。
解りませんが、連中が人でなし、「許されざる者」であるのは間違いない。

悪知恵に長けた連中は、私たちに虚実綯い交ぜた情報を投げ与えてかく乱しています。
あちらが総力を挙げて国民を虐げ国家を壟断しようとしているのだから、こちらも総力で対抗しよう。

画像 子供たちの健全な未来のために。


ありがとうございました。酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★米国傀儡の官僚機構が支配する「日本病」の正体!
米国の意向が全てに優先する権威となった保守の実態と危急存亡の国難に忍び寄る全体主 ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/05/06 22:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/6 日暮し雑記・怒」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる