酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/21(月) 「日暮雑記・三重苦」

<<   作成日時 : 2011/03/21 22:05   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 2

画像 地震・津波・放射能


10日前、日本は未曾有の三大災害に襲われました。
今日に至るも復旧には遠く、今後の復興の道程は私達が体験・経験してきた、自然災害、人災(戦争等)を、遥かに凌ぐ時間が掛かるのは間違いない、と思います。

日本は、(私から言えば不十分ですが)民主主義国家です。民主主義ですから、当然、主権は私達にあります。私達は正当な選挙で、この人物ならと、生命と財産・安全を託します。負託されたた者は、当然、全身全霊を私達のために尽くす覚悟で政に臨んでいる筈・・・なのですが、長期に亘って平和を享受してきた為政者、官民共々、想像すら出来なかった事態に遭遇し、あたふた右往左往しているのが現状なのでしょう。

しかし。何時の時代もそうですが、最初に立ち上がるのは、被災者であり応援する庶民です。官僚・政治家は、身分を嵩に来て組織を誇示し、己が保身と全体に奉仕すべく公務を両天秤に掛けて、即応できず、ごてごて に回っている。これが彼等の習性です。

今度にしても、寂しき為政者の政治力=平和ボケ、見せ掛けの見栄を張る者がいて、残念だなぁ、と思うところが多々あります。

たとえば、原発の放射性物質の拡散に対する政府・官僚・マスコミ、マスコミ御用達の学者・コメント屋は、結構な能書きを吼えています。が、被災者も全国民も信用してはいないと思います。

菅達は気付いていないかも知れませんが、新政権を為した多くの人々の菅政権に対する信頼は地に落ちています。

大災害が襲うまでは、マスコミの偏向報道によってそれなりに奏効していたのでしょうが、国難と言われる危機に直面した今、彼等がこの重責を背負い、私達を無事に導いてくれるとは、とても思えない。
信用のない為政者の言動を真に受ける人はいないでしょう。

菅政権を危惧していた多くの人も、今度の災害での稚拙な振る舞いを見て、確信したのではないでしょう。か、政府を信頼しているなら、被災地から遠い地域の人々が買占めなどしないでしょう。

しかし、残念ですが、現状は彼等が金と権力を握っています。

こんなことを言うと多くの人々の非難を浴びるでしょうが、私達の未曾有の大災害を、彼等は、千載一遇のチャンス、賞賛を得・延命できる最大のチャンスだと思っているのでしょう。で、彼等は精一杯パフォーマンスをしているのでしょう。そして、共同正犯のマスコミも美言麗句を多用(一丸となって 国難を乗り切ろう)と、菅政権を後押ししているのです。

でも、今私は、これ以上 文句、能書きを述べるのを躊躇しています。
もう少し事態が落ち着いてから攻撃します。

四重苦。
地震・津波・放射能・・風評被害。
地震も未曾有、津波も未曾有、原発大事故も未曾有、そして風評被害。

ただちに、直ちに・・・害はない。影響はない。」
今年の流行語大賞になるだろうと思われます。

そしてその頃には、ライフラインが完全に復旧して、民。政官財一丸となって復興に全精力を傾けている筈でしょう。そしてその頃には、被災者の皆様に希望の ともし火 が宿ることを願っています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

留守中に、友人からメールを頂きました。
上でも少し触れましたが、政府=権力の行為は何時も周回遅れになります。
その間は、被災された人々、近くにいる人々の頑張りしかありません。

そして、その後は、私達が戴いて来た(選んだ)時の権力の器量次第になります。
果たして現政権が私達の思いを確り酌んでくれるのか・・・・・・
皆様は、現政権、菅政権の今の対応をどのように評価されているのでしょうか。

以下、御紹介しますので、御賛同頂けるかたは、メール主さんの願い通り、ご自分の方法で多くの方にお知らせください。

では、御紹介します。

お願い
2011年3月21日1:34

酔語さん

このメールをごらんになるのは、数日先かと思います。

実は、このメールの前に、「今、私たちができること」というタイトルでメールを送っ
ています。

政治的な信条はまったく違いますが、石破茂氏がご自身のブログで「正論」を述
べているので、その文章を紹介した上で、首相官邸のHPのFAQのページを紹介し
ています。

私は、首相官邸HPのこのページに「菅直人は即刻退場すべし」というタイトルで
意見を送りました。

実際に、私がメールを送った数人の方から、意見を送ったという方で出ています。

そこで、酔語さんにお願いです。

もし趣旨にご賛同いただけるならば、ぜひ酔語さんのブログから、官邸FPへのアクセスを、そして菅直人の退陣、菅内
閣の総辞職等の意見を直接送っていただくよう、酔語さんのブログ読者の方に訴
えていただきたいのです。

また、他のブログにもトラックバックをしていただければ幸いです。

勝手なお願いですが、よろしくお願いします。


今、私たちができること

酔語様
未曾有の大地震から、ちょうど1週間が経ちました。
長い揺れが続きました。5分間揺れたそうです。阪神淡路大震災の揺れは15秒だったことを考えると、そのパワーの大きさがわかります。
そして、それは被害の範囲にも現れています。東北全域から関東まで、まさに東日本大震災です。

1週間を経過して、首都圏も建物の損壊などはさほどなかったものの、国民生活は大混乱となっています。
この原因のひとつに、政府の対応のまずさがあるように思います。

自民党の衆議院議員の石破茂という方が、ご自身のブログにこのことを指摘しています。私は、石破氏に対しては政治的には賛成できませんが、この点に関してはまったくその通りだと思いますので、あえてその文章を紹介させていただきます。

(以下引用)

石破 茂 です。

 今日も終日、自民党では震災対策の会議が開催されていましたが、政府からはほとんど情報が入らず、政府側の説明者もほとんどが当事者能力のない人たちで「ご提言は必ず伝えます」で終わってしまい、「野党にも協力してもらいたい」という菅総理の呼びかけは一体どこまでが本心なのか、口だけで「協力してほしい」というだけではなく政府全体として具体的な提案をして貰いたい。

 現政権はそもそも経験が足りないのに加え、役所との信頼関係も希薄なため、政府の対応が不十分であることは否めません。

 総理以下、閣僚たちもおそらく不眠不休で疲労困憊、判断能力も相当に落ちているのでしょうが、このような状態が最も危険です。「下手に自民党の提案に応じればこの機に乗じて政権を乗っ取られるのではないか」との疑心暗鬼があるのかもしれませんが、我々はそのようなことは全く考えておりません。早急に政府の能力を上げなくてはなりません。

 予備自衛官の招集も、会見に手話を導入したのも自民党の提案です。どちらの手柄、などということはどうでもよいのですが、このようなことをいちいち総裁や幹事長が総理に直接伝えていたのでは全くスピード感に欠け、一向に埒があきません。突如として自衛隊の派遣規模を五万人から十万人に引き上げるなど、自衛隊の運用を全く知らない素人の思い付きです。

 「計画停電」という名の需給調整も、情報発信が不十分で混乱が増すばかりです。東京電力は原子力発電所を含めた現場対応で手一杯なのですから、記者会見など広報くらいは政府が責任を持って代わって行うべきではないのでしょうか。

 人命救助と共に一刻も早く行わねばならないのは、心身ともに限界に達している被災者を放置しないことです。全国のホテル・旅館などで受け入れていただけるところを募り、体調不良の方や高齢者・幼児を優先して自衛隊の輸送ヘリなどで搬送しなくてはなりません。

 混乱を恐れていても始まらない。日本人の英知、規律、思いやりを信じるべきです。国土の多くが廃墟と化した戦災から立ち上がった日本なのですから。
(引用終わり)
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/

さて、私たちは何をすべきなのでしょう。いや、何ができるのでしょう。

私は、今すべきことは、ひとりひとりが抱いている不安や不満を、政府に直接ぶつけることだと思います。今や、インターネットにより、それが可能になったのです。

首相官邸ホームページに「ご意見募集/FAQ」というページがあります。↓
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

今感じている不便や、これからのことに対する不安、具体的な提案等々、思っていることを「居酒屋談義」や「井戸端会議」で終わらせることなく、このページから送ってみてはいかがでしょう。

ひとりの声は小さいかもしれませんが、10人、100人、1,000人と集まれば大きな力になると思います。
願わくば、このページの存在とアドレスを周りの方に教えていただき、多くの方がご自身の声を直接届けていただきたいと思います。

ぜひ、よろしくお願いします。

長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2011年3月18日21:38

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
寝腐れ
 日本の国って、今まで何をしていたんだろうと最近つくづく思う。 まるで寝腐れ(ねくたれ)た姿を政権交代以降国民の前に姿を曝け出したようだ。  自民党がダメで、民主党へ政権交代したらしたでまるで 政権担当能力のないオリジナル民主党の口先議員 がしゃしゃり出て来る始末。そんな中で起きた今回の地震・津波・原発事故。 自分は、この度の地震・津波で起きた原発事故の政府の対応を一歩引いた状態でみながら余りの不甲斐なさに「 驚き 」より「 あきれ返った 」というのが本当のところである。  今回の地震・津波で被... ...続きを見る
雑感
2011/03/22 16:57
★重苦しい心を癒す映像に感謝します。
★重苦しい心を癒す映像に感謝します。震災、津波に被災された方々へ、心から御見舞い ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/03/24 00:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
酔語さんお久しぶりです。
今日知り合いから聞いた話です。
その人のいとこが福島原発から6キロの範囲に暮らしているそうで 津波前に山側に逃げ、その後は原発の反対側に逃げていたのですが東北道が大型車のみ通行可能になったので知人を頼ってこちらに来るそうです。(空家を提供予定だそうです。)津波で多くの人が亡くなっているけれども 原発事故で救援もなく 遺体はその時のまま・・・・だそうです。
何も、何も政府はしてくれないそうです。
渡辺黄門様が推進した原発。
あのジイサンは、今 何をしているんでしょうかね。
ゆり
2011/03/22 23:04
ゆりさん。
お久しぶりです。お元気な御様子、安心いたしました。
日本は、誰もが想像し得なかった、大惨事に見舞われてしまいました。特にそちらは、東北地方や関東沿岸地方に近接していますので、物凄い衝撃だったでしょう。そしてこれから先も苦悩の連続になると思いますが、気を強く持って前進して下さい。
天災とは言え、一瞬で衣食住を奪われた方々の心中を思いますと、安易に頑張れなどと言うのを憚られます。そして、人災と言っても過言でない原発事故、それによって引き起こされた野菜、水道水の放射能汚染。政府と東電は、正確な情報をすべて開示して、対処法を決定し実行するのが国民への責務だと思いますが、その もたもたぶりが、風評被害を助長させているのだと思います。失われた命、衣食住を奪われた被災者。地震・津波・放射能・風評被害、そして、不甲斐ない政府・与党と、私達は、五重の苦しみに耐えることを強いられています。
でも、禍福は糾える縄の如し、絶望の淵にあっても希望を忘れないで・・・私如きが生意気ですが、被災者の皆様に心より声援をお送ります。
・・それにしても渡部コウモン、コヤツは曰く言い難し トンでもジジイですね。
訳あって更新も滞っていますが、時々、覘いてやってください。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2011/03/23 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/21(月) 「日暮雑記・三重苦」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる