酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/26(土) 「日暮し雑記・已んぬる哉」

<<   作成日時 : 2011/02/26 21:15   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 あきらめないで往きましょう。


自己顕示欲の塊(かたまり)、渡部コウモンの一席。

“法案と引き換えに退陣も”
2月26日 14時13分NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110226/k10014316521000.html

民主党の渡部最高顧問は、都内で記者団に対し、公債特例法案など、平成23年度予算案の関連法案を成立させることと引き換えに、菅総理大臣が退陣することもありうるという見方を示しました。

公債特例法案などの予算関連法案は、現時点では成立の見込みがなく、民主党内からは、野党側の協力を得て成立させることと引き換えに菅総理大臣が退陣することもやむをえないという意見も出ています。

これに関連して、渡部最高顧問は「竹下元総理大臣が退陣した例があるから盛んに言われるが、民主党よりも菅総理大臣よりも政治に携わる者にとって、大事なことは予算案と関連法案を成立させることだ」と述べ、関連法案の成立と引き換えに菅総理大臣が退陣することもありうるという見方を示しました。

その一方で、記者団が、菅総理大臣の退陣が必要なのか質問したのに対し、渡部氏は「われわれが選んだのだから、菅総理大臣がやると言っているかぎり守るのは政治家のルールだ」と述べました。

また渡部氏は、民主党の小沢元代表に近く、会派離脱届を提出した比例代表で選出された16人の衆議院議員について、「政治家とは名前を書いてもらって当選した人が政治家なのであり、実際は彼らは議員ではない」と述べました。

これに先立って、渡部氏は民放の番組の収録で、衆議院の解散について「今、衆議院を解散すれば民主党が惨敗するに決まっているのに、菅総理大臣が解散という馬鹿なことをするわけがない。予算案と関連法案の成立をすべてに優先させるべきだ」と述べました。

☆ ☆ ☆

原理原則がモットーの利己主義者、岡田氏咆哮の一席。

岡田幹事長に怒声=神奈川県連パーティー―民主
時事通信 2月25日(金)22時52分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000178-jij-pol

 民主党の岡田克也幹事長が25日、横浜市内で開かれた党神奈川県連のパーティーで出席者から激しいやじを飛ばされ、会場内が騒然となる場面があった。菅直人首相の政権運営や小沢一郎元代表の処分をめぐり党内対立が先鋭化する現状に、統一地方選を控えて危機感を強める地方組織が不満を爆発させた形だ。

 岡田氏があいさつで、衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しに理解を求めたのに対し、「マニフェストを守れ」「挙党態勢ちゃんとやれ」などと怒声が上がった。

 これに対し、岡田氏も「誰が見てもできないことをいつまでもできるというのは、まさしく国民に対する不正直だ」と、開き直って応酬した。

☆ ☆ ☆

二つの記事に対して感想はありません。ただただ呆れるばかりです。

でも、ちょっとだけ怒りを申します。

*渡部コウモンがマスコミの太鼓持ちで三流芸人なのは、誰一人知らぬ人はいないと、思いますが、
会派離脱届を提出した比例代表で選出された16人の衆議院議員について、
『政治家とは名前を書いてもらって当選した人が政治家なのであり、実際は彼らは議員ではない』と言う発言は、到底許されない暴言だ。

彼等が政治家=議員でないというなら、彼等は一体何者なんだ?比例単独で当選した議員は他にもいるし、野党にも多く存在している。確かに制度に不備があるかもしれないが、それは政党=政治家が党利党略で決めた代物であろう。

渡部は只の員数合わせにしか勘定していないのだろうが、彼等こそ民主の理念・マニフェストの申し子なのだ。その彼等が、渡部や菅以下の余りの変貌・国民に対しての裏切りに矢も盾もたまらず立ち上がったは称賛せれるべきで、政治家ではない議員でないなどと、マスコミ御用達の三流政治屋が偉そうに御託を並べるな!と言いたい。

*独り善がりの原則屋、岡田の迷走、千鳥足は、かつて党首を務めポスト菅だと取り沙汰されている人間が、国民が待つ麓に降りるのではなく、マスコミ・官僚・米国によって敷かれた非道を転がって行く様は、哀れと言うしかない。本人はこれが原理原則、己の美学だと思っていると思うとなお更だ。

『誰が見てもできないことをいつまでもできるというのは、まさしく国民に対する不正直だ』と、開き直って応酬した。

この発言は、菅一味が真正のバカでない限り、マスコミ・官僚・米国と結託して、小鳩の理念・マニフェストを利用して、権力を乗っ取ろうした証左に他ならない。

それにしても、補選も、地方選も連戦連敗して、責任も取らず色をなして権力を振るう様は、もう、笑うしかないでしょう。
子供手当て・・・菅もびっくりした、岡田もびっくりした・・・
臆面もなく喋る責任転嫁野郎に、人々も「びっくり」。
嗚呼!已んぬる哉。

また一から出直しです。頑張りましょう。

今夜もありがとうございました。酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★米国傀儡政権成立に至った民主化弾圧のトラウマ
★米国傀儡政権成立に至った戦後民主化弾圧のトラウマ既得権益利権集団の管理から脱却 ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/02/26 22:11
TPPで開国とは、何ぞや
「TPP議論加速訴え 政府説明会」「前農相らは対抗集会」と読売新聞の本日の記事。 ...続きを見る
ひげログ人
2011/02/27 16:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2/26(土) 「日暮し雑記・已んぬる哉」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる