酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/11(金)「日暮し雑記・嫌われ者」

<<   作成日時 : 2011/02/11 12:12   >>

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 4

画像 蛇蝎のごとく忌み嫌う。


人間って可笑しな者というか、正直と言うべきか、己が所業が表情や仕草に表れる。
菅や仙谷、岡田・前原・枝野・その他、レンホウ女史、ゲンバ、自称コウモン等々の表情・言動が日に日に歪んできている。
連中だって日に何度か鏡に映る己が容姿を確認している筈だ。野党時代、政権など夢物語だった頃の溌剌としていた己が容姿と比べて欲しい。もし、連中が真摯に己が姿を見詰めたら、そのあまりの変貌に愕然とするだろう。

しかし、連中は権力者として身をやつすことに精一杯で己が姿が見えないのだ。そして、恐らく連中は、政権・与党となった今、野党時代のように無責任では居られない。責任の重さが己が顔を創ったのだ、と言うのだろう。だが、これは通らない、世間が怒っているのは、連中が野党時代と同じく、思い付きで言い放して平然としていることだ。

権力を握ればそれなりの責任をもって政治をしなければならないが、連中の無責任振り能天気振りを見ていると、何かに憑かれた病人としか思えない。

一応、選挙で選ばれた事実はあるが、09マニフェストの実行者として負託した人々の貴重な一票(思い)を、悉く踏み躙り、真反対の施策を押し付けている。
一体、連中は民に背を向け、誰に奉仕しようとしているのか、民意を汲みあげ立法し施策を実行するのが政治家の努めだろう。連中は誰のために政治をしているのか。それで如何なる利が得られるのか!

マスコミの偽装支持率を拠りどころにして、同士を売り、国民を裏切った。当たり前だが、世間は菅一味を蛇蝎の如く嫌っている。庶民の生活を全く見ない、人々の叫びに全く耳を傾けない。全くもって摩訶不思議な連中である。

権力に就かせてやる。
甘い誘惑に乗って魂を売り渡した小人の顔が歪み崩れるて行く様は、ドラマでなく現実であるだけに忍びない。権力と引き換えに思考を停止することを約束させられた菅一味は、政権交代の源泉だったマニフェストを悉く放棄させられ、消費税増税、法人税減税、TPP参加等、「国民の生活が第一」とは全く異なる方策を強引に進めている。そして、悪魔側の最大の癌、小沢氏(政権交代の功労者)を切ることに血道をあげている。
これも、悪魔との契約だったのだろう。連中の顔の歪みをみていると、連中なりの苦悩があるような気もする・・・決して同情はしませんが。


世間は、小沢氏と三人の秘書が、権力亡者の謀略に陥れられた冤罪だと分かっている。菅一味は、各地で検察の横暴、マスコミの虚報を糾し糾弾するデモが澎湃として起こっているのを知らないのだろうか、とすれば、所謂B層と言われる扇動にころっと雷同する人々と同じだ。マスコミは、各地のデモも、小沢氏のインターネット会見も一切無視して、ある目的(小沢追放)をもって恣意的に大量喧伝している。

こんなマスコミに縋りつくしか命脈を保つ法が無い浅はかさな菅一味。マスコミは上手に利用するものだ。操られ利用されているのを知らず舞い上がって国民を蔑ろにすれば、国民から捨てられる。(もう捨てられているが)
マスコミも使い物にならないと判断すれば即、切って捨てるだろう。捨てられる、それが悪魔に魂を売った亡者の末路だ。

マスコミは何の痛痒も感じないだろう。第二第三の権力亡者はうじゃうじゃいるからだ。

***

菅ほど世間から蛇蝎の如く忌み嫌われている者も珍しい。
菅に比べれば、麻生も福田も安倍も総理の器ではなかったが人間として愛嬌があった。彼らは何れも世襲のボンボンで落選する心配がなかった。総理大臣という勲章を得たことで満足し、官僚に丸投げして行き詰るとさっさと次の順番待ちの者へ譲るためさっさと辞めてしまった。だが、何時の世も驕れる者は久しからず。自公政権は麻生をもって終焉した。

この後のことは敢えて申しませんが、今、菅一味の幽霊政権が私達と敵対している。足のない幽霊(党内基盤も国民の信頼もない)が、ぼろ井戸から鎌首を出して世間の失笑を買っている。井戸端の柳の下には、もう泥鰌は居ない。一匹目の泥鰌を与えられた菅一味は、幸運だと勘違いしたのだ。だが、その代償は己の良心を売って手に入れた最小の幸福、最大の不幸を齎す泥鰌だった。二匹目の泥鰌など居る筈がない。

菅一味に告ぐ。
蛇の生殺しの如く国民を甚振(いたぶ)る様は見っともない。
今からでも遅くはない。初心に帰って人々に真摯に向き合おう。
そうすれば健全な思考が蘇り、血色も良くなり容姿の歪みが消えるだろう。

          ***
画像 うまそうな 雪がふうはり ふうはりと (一茶)


久しぶりに雪が降りました。大雪でお困りの地域の方に申し訳ありませんが、当地では野山が綺麗に化粧している程度です。でも。雪は不思議なものですね。正にふうわりふわり、音もなく舞っていました。予報では明日に掛けて断続的に降るそうです。連休ですが無理して外出されないように願います。

画像今日もありがとうございました。酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
酔語さん、お久しぶりです。
先日あるブロガーの方からメールが届きました。以前コメントを投稿した時、メールアドレスを記入していていたようです。
そのコメントは、そのブロガーに対する反論でした。内容は、小沢氏に対する考え方です。
その方は、年齢はおそらく酔語さんくらいと思います。私の印象としては、価値観などは酔語にも共通するようなところもあって、ブログは読ませていただいていました。しかし、こと小沢氏のことになると、「あれはクロに決まっている」というかたくなな態度でした。それがいやで、いつしかブログも読まなくなっていました。
そんな方からのメール(メルマガかな?)だったので、ダメ元と思い小沢氏についての再反論を試みました。
しかし、私の主張を述べるだけではまた水かけ論ですので、週刊朝日の山口一臣編集長のブログから、現状に至る「まとめ」のような文章を引用したり、とらちゃんの記事を貼りつけたりして、「これでも小沢さんはクロですか?」と問いかけたところ、納得はしないものの「真摯な批判をありがとうございました」という返信が来ました。
以前、このブログに投稿する2年ほど前、あるブログにコメントしたところ、ブログの本文で「この楽観論はどこからくるのだろう」と批判され、それがトラウマでブログへのコメントは一切やめました。でも、ここなら大丈夫ということで投稿したのが、酔語さんのブログでした。(長くなりそうなので、続く)
かん
2011/02/11 12:53
かんさん。
お久しぶり、お元気そうで何よりです。
マスコミと共同戦線を張って世間を欺いてきた菅政権ですが、三週間後には予算を衆院で上げねばならず、3月末には関連法案も上げねばなりません。小沢氏切りに血道を上げている暇などない筈です、しかし、目先しか見えない彼らは、小沢氏を処分すれば世間の歓心が買える。支持率が飛躍的に伸び政権が浮揚すると頑なに信じ込んでいるようです。マスコミは総力をあげて国民に小沢=悪を刷り込んできましたが、菅一味もマスコミに刷り込まれてきたのです。いや、積極的に加担してきたのでしょう。だが、世間の多くの人はマスコミ・官僚(検察)・菅一味の悪巧みに気付いています。確かにいまだ覚めない人々もかなりいるでしょうが、マスコミと菅一味の金切り声にうんざりしている筈です。菅が小沢氏を処分してもそれで溜飲を下げる人など、菅とマスコミくらいでしょう。小沢氏を処分したところで予算と関連法案が通る保証はありません。もし小沢氏が有罪になったなら、それは最初からシナリオがあったと言うことになり恐ろしい国家権力による国体だと言うことになります。日本は民主主義国でないと世界に宣言したも同然です。虚構は必ず暴かれ崩れ去ります。
私は今後も微力ですが小沢氏を応援して行きます。そして「国民の生活が第一」の政治を行ってくれると信じています。
ありがとうございました。
雪はどうですかこちらは降り止みました。まだまだ寒い日々が続きます。くれぐれもご自愛ください。酔語。
酔語
2011/02/11 16:33
(先ほどの続き)
いずれにしても、多少求めるところは異なるにせよ、今この日本を再生に向かわせる力があるのは、小沢氏しかいないと思います。ですから、小沢氏に対する疑念を晴らし、小沢氏の「ほんとうの姿」を多くの方と共有したいと思っています。
亀井静香氏が言われるように、一事「休戦」してでも、小沢氏を中心として09年衆議院選挙のマニフェストや小沢氏の代表選出馬の時の政治目標を掲げた、「救国内閣」を作る必要があると思います。
なんなら、1年とか2年とか期限付きで、亀井静香が総理大臣になってもいいと思います。
なによりも、国民の生活が第一!
久しぶりの投稿で、長くなってすみません。
追伸:関東地方は雪です

かん
2011/02/11 23:14
かんさん。
現在の政界を見回しても小沢氏に匹敵する人材がいないと思います。連日報じられる悲惨なニュースは、社会が私達の危惧する以上に混沌としているのを見せ付けてくれています。すべてが政治の所為だという積もりはありませんが、もう嫌になるぐらい現政権の振る舞いには厭きました。こんな時代には偉人が出でて民を救ってくれるのが歴史ですが、天はまだまだ試練を課すようです。ここはお前達が蜂起して乗り切れと言う天の愛かもしれません。勿論、私達に覚悟はありますが、そのシンボルとして小沢さんに是非、人肌脱いで貰わなければなりません。2月、3月、菅政権も必死で裏工作にはしるでしょう。予算は確かに最大に重要課題ですが、裏切りもの集団ですから工作が成功すれば契約をあっさり反故にし、居直るでしょう。そういうヤツ等です。
小沢さんと親小沢議員が総決起して、政治を私達の手に取り戻して欲しい。信じて期待しています。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2011/02/12 00:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
2/11(金)「日暮し雑記・嫌われ者」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる