酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/16 「日暮し雑記・売られた喧嘩は買おう!」

<<   作成日時 : 2011/01/16 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 3 / コメント 2

画像 寒いねえ!温まろ。


列島は、北西から次から次に招からざる客が押し寄せ、連日厳しい寒さに覆われています。天気ニュースは、この冬一番の冷え込みと連日報じています。間もなく大寒(20日)、そして節分、立春と続きますがまだまだ厳しい寒さに見舞われそうです。
体調管理に注意してお過ごしください。

一方、沖縄では三期作の第一弾、田植えが始まったと言うニュースもありました。

***

菅改造内閣は、与野党からも世間からも酷評されいる。
何せ正月早々、不条理を糾すとか云々かんぬんと、意味不明の能書きを垂れて世間の失笑買った菅が、最も強力な内閣を作ると大見得を切った組閣・党人事である。何処が日本を改革するのに最も強力な布陣なのか。改悪のための最強人事だ。手前味噌も極まれりだ。

特定の人物を党と内閣を渡り歩かせただけ。
選りに選って民主を誹謗攻撃していた中曽根直伝の政界風見鶏法を皆伝した大増税論者与謝野を経財相に迎え、経済財政社会保障等を全権委任した。自民を裏切り、たちあがれを裏切り、民主を誹謗中傷している人物を内閣の中枢に迎える菅の神経回路は完全にショートしている。

しかも、与謝野氏と海江田氏は、同一選挙区で戦った政敵である。総選挙は海江田氏が勝利し与謝野は辛うじて比例で拾われたに過ぎない。その与謝野が経済財政の司令塔に迎えられたのだから、海江田氏の腸は煮えくり返っているだろう。解散総選挙になれば菅民主はどちらを主力にするのか、選挙区の有権者への冒涜である。菅は・・・嫌、菅と愉快な仲間は、日本人否、人間としての心を欠片も持っていない人で無しと断言しても言い過ぎではない。

まだある、反小沢の元締め仙谷は党の代表代行に収まり、子飼いの枝野と安住を官房長官、国対委員長に据え、党と内閣を裏で仕切る段取りをつけた。菅の後見人?の江田が参院議長の経歴を捨て法務大臣を拝命したのも何やら怪しい。裏切り老人トリオの筆頭渡部偽黄門は役職にありつけなかったが、石井と藤井は選対、官房副を与えられた。

まあ、この政権は、仙谷、岡田、枝野、前原、野田等々反小沢の中核が、等と内閣を交替交替入れ替わっているだけの妙味も新鮮さもない おためごかし政権である。

今度の組閣。党人事ではっきりした。
菅政権は我々を馬鹿にして、喧嘩を売ってきた。
なめたらあかんぜ!売られた喧嘩は買おう!負けてたまるか!

政治屋家業で成功するのは、強い者に尻尾を振り、弱い者を嵩に掛かって苛める。
菅一味は、まだまだ習熟しているち言い難いが懸命に背伸びして大きく見せようとしている。笑

そういう連中だから、闇権力に褒められたい。と、自らを発奮させると脳内麻薬がどんどん出て益々、興奮して酔いしれる。闇の言うとおりに庶民を苛めると更に更に脳内麻薬が分泌され更に更に・・・と、際限なく突き進み遂には・・・代謝異常によって自家中毒に陥り、虚脱感に苛まれる。

連中の末路を占っても仕様がありませんが、私達は道連れにされないようにしましょう。
蛇足ですが、今朝の朝日の「社説」の表題は、「NHK新会長・ジャーナリズムの精神を」とは、お笑い三百代言だった。

馬鹿らしいですが、少し抜粋引用しますと、
;松本氏(新会長)に知って欲しいのはジャーナリズムの精神だ。
深く調べ、幅広い意見に耳を傾け、自律的に判断して市民のために発信する。
放送の経験がなくとも、現場から学び、見識を持ってあたれば信頼を集められる・・・・以下略。
(全文は→http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

あはは〜別に朝日に限りませんが、徳無き者が徳を説く、ジャーナリズムの欠片も無い既得権益の代表、私益第一の商業紙、再販と押し紙、広告とチラシプラス毎月4000円もふんだくっている、似非者がジャーナリズム云々とは片腹痛い。

***

ちょっと横道に逸れましたが、この内閣は狂ってしまった。
こんなに真正面から庶民に喧嘩を売ってきた内閣は今まで無かった、
こんなに、ドーパミン、エンドルフィン、アドレナリンを全快して空回りしている集団も珍しい。

相手にしなくとも勝手に自爆するでしょうが、売られた喧嘩は買いましょう。
私達の手で引導を渡したい。

画像 街も人も震えています。


雪の降る街を・・・明日から暫く留守にします。
最初にも書きましたが、小寒→大寒→節分までが最も寒が厳しい時期です。実際は立春が過ぎても自然は許してはくれません。でも月が替わると日に日に気分が春めいてきます。況してや今年のように厳しい寒さであれば、人々の胸は、春を恋う思いで一杯に膨らみます。そして、迎えた春の喜びは格別になります。

後 ひと月、ふた月、夏男の私は、毎日々カレンンダーを睨んで春風の到来を希っています。
皆様も風邪などを引かないよう暖かくしてお暮らし下さい。

ありがとうございました。酔語


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 34
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★フジテレビ「新報道2001」小沢一郎氏の全発言。
★フジテレビ「新報道2001」平成23年1月16日(日)に生出演した小沢一郎氏の ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2011/01/17 16:37
検察審査会とマスコミそして菅に一票投じた議員の責任
 小沢氏が今月中には強制起訴だと騒がれ、最後は離党だの議員辞職だのとの話が当たり前のように報道されるのを見・聞きしながら「では小沢氏は何の罪なんだ」と自分で何度も問うてみ た。 そもそも、事の発端は西松事件ではあるが、検察が”西松のダミー団体だから虚偽記載”とするストーリーそのものが覆され西松事件が消えてしまい”訴因変更”と言う形で”陸山会の4億円事件”を作りあげたのである。 少々古い記事になるのだが、昨年11月中旬過ぎにはシビレを切らした読売新聞が下記のような ヨタ・推測記事 まで書いている。... ...続きを見る
雑感
2011/01/19 19:17
菅再改造内閣のメンツと対策
菅改造内閣が発足した。 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2011/01/19 22:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
酔語さん、お久しぶりです。

政治とカネという呪文は、もはや色あせた。

昨日、いっしょにセミナーなどを受講している仲間と電車で話しているうち、菅直人のことから小沢一郎氏の話になりました。
政治のことはふだんあまり話さない彼が、「小沢一郎の問題って、あんまりたいしたことないらしいですね」と言いました。
私は、ここぞとばかり、問題とされているのは期ずれであることと、農地だった土地を宅地として登記するには時間がかかるので、期ずれになるのが普通であることを説明してあげました。

こんな風に、マスコミの報道がいかに異常であるかを、だんだん気がつき始めているようです
かん
2011/01/19 11:19
体調管理ですね、ありがとうございます。
挨拶は2つでして、すいません。今年もよろしくお願いします。もう2週ほどで強い寒波もエンドの予報です。寒中お見舞い申し上げます。
>菅の神経回路は完全にショートしている
このメッセージほど適格な内閣評価はありません。菅内閣は小泉または旧守政治の踏襲のため、エンジンを全開吹かせはじめました。2009夏は、土木建設も含めた中小企業、農漁民も軸となった戦後憲政政治の無血革命に近いものと、反省は少し早いですが、そう想ってます。しかし、「民主4人組み」は完全に裏切ったのです。2009夏の国民の決断は堅固で、簡単に崩れません。今は時の流れにまかせ、寒い冬を越えようと。。そんな主権者の気持ではないでしょうか。
売られた喧嘩は、マスコミの喜ぶ動きを含めつつ、しかし直ぐ終わるでしょう。どちらが勝つかははっきりしてます。
またおじゃまします。
さとし君
2011/01/21 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/16 「日暮し雑記・売られた喧嘩は買おう!」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる