酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/28 「日暮し雑記・日曜日」

<<   作成日時 : 2010/11/28 21:48   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 3

画像 落ち葉の絨毯


猛暑・残暑に見舞われた夏。木陰に涼を求めて憩う人々で賑わっていた公園。
晩秋になって閑散としています。それでも日曜日の昼前には、陽だまりが恋しい老夫婦や、元気な子供達が三々五々集まり去り行く秋を楽しんでいました。

遊具と砂場を囲む十を超えるケヤキは殆ど落葉し、一面落ち葉の絨毯を敷き詰めた如く絶景になりました。晩秋の冷たい風が上空を流れる度、命を終えた枯れ葉が吹雪のように舞い踊る。

公園で憩う人々は皆、その光景に見惚れていた。風が弱ると舞い上がった落ち葉が、ベンチで肩を寄せ合うお年寄りや、戯れる親子の髪や肩にハラハラと舞い落ち憩う人々の衣装を華やかに彩りました。
子供達は、両の手一杯に落ち葉を抱え放り投げ、小山にして寝転びながら歓声を上げていた。

春、薫風薫る眩い新緑で元気付けてくれた。夏、大きな木陰を提供してしてくれた木々の優しい大河ドラマも、後 幾日で休演になる。

画像
間もなく彼らは骨になりますが、自然は決して裏切りません。
来春の新緑公演を約して休眠するのです。

公園も暫く寂しくなるでしょうが・・・
冬を堪え英気を養って来春一斉に芽吹きます。
私もその雄姿をを心待ちに冬を乗り切ります。(冬が苦手な夏男ですので。。。笑)
感謝して、公園を後にしました。


***さて、今日は、沖縄県の知事選という、日本の命運を決すると言っても言い過ぎではない日でした。大接戦と伝えられていますが、午後7時半現在の推定投票率は44.74%で、2006年の前回知事選に比べ6.79ポイント低くなっているそうです。

無論、私は、伊波洋一さんの当選を心より願っている一人です。当ブログでも沖縄問題を色々書いてきました。
菅は総理の座と引き換えにが米国に忠誠を奉げることを誓い、沖縄県民を捨て去る決定した。
ド素人の権力亡者の出現に嗚呼!これまでかと憤り・・落胆しました。

そして、こんな小さなブログで応援してもどうにもなるまい、と、暫く知事選に触れませんでした。

今でも嫌な感じがしています。
兎も角、菅、岡田・前原の前・現外務、北沢防衛は、沖縄県民など一顧だにしない隷米一辺倒の背信背徳の非情な権力亡者だからです。何しろ前代未聞のエゴイスト連中ですから、生き残りためには何でも利用するし、長いもの(アメリカ・官僚)には進んで巻かれろ主義者連中ですので、我々が知りえない裏工作(餌撒き)をしていたかも知れない。
たったの一票しか権利のない本当に沖縄を愛する人々、同じく沖縄を愛する既得く権益を持つ人たち。
双方共に本心は基地NOの筈である。そんな彼らを巧みに操って利権という既得権益網のしがらみで縛り付けてきた歴代の隷米政権。

今や、悪行政権と化した菅政権を、この選挙で蘇らしてはなりません。
絶対に伊波洋一さんに勝って欲しい!。勝利すると信じています。

結果を知ることは出来ますが、明早朝から留守にしますので感想は書けません。
日本の近辺も俄かに慌しくなりました。
直ぐ師走になり私達の日常も慌しくなります。

元気が第一です。風邪を引かないようにお暮らし下さい。
今夜もありがとうございました。酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
はてさて、でも番号制導入は大歓迎
今季はねじれ国会もあって、なかなか法案は通らなかったらしい。 野党も与党もマスコミも、些細な失敗をちまちま責めていたからなあ・・・。 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2010/12/04 01:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
沖縄には米軍基地が必要だ。中国からの侵略があるからな。
とちおとめ
2010/11/29 02:46
中国や北朝鮮が攻めてくる、というたわごとを、いまだに言っている輩がいます。
そして、酔語さんのように、現状に真摯に物言うブログに無責任にコメントを載せる。

反対意見もあっていいのかもしれませんが、あまりにも論拠に乏しいと思いませんか。
いまや中国は、アメリカに次ぐ経済大国、ということは当然「お客さん」が世界中にいるのです。日本経済というより日本人の生活そのものが中国抜きには語れない。
以前、あるテレビ番組で、道行くサラリーマンの着ているものをどこ製か調べるというのがありました。当然のことながら、90%が中国製です。かくいう私も、先日調べたら、ネクタイ以外中国製でした。スーツは日本製ですが、縫製は中国です。
つまり、こんなお客さんがたくさんいる国を、なんで攻めるんだ、ってことです。侵略して自分の国にするって言うかもしれませんが、そんなことをしたら世界中の「お客さん」からそっぽを向かれます。
そんな、馬鹿なことをするわけがありません。
北朝鮮だってそうです。赤坂、大久保をはじめとするコリアンタウン。その何割かは北朝鮮の人でしょう。
要は、北朝鮮は日本にとって貴重な資金源なのです。そこにミサイルを撃ち込む馬鹿がどこにいますか。
ふつうに考えれば当たり前のことを、国会議員のような者までいっしょになって、北朝鮮の恐怖などという。
もう少し、よく考えてもらいたいもんですね。
かん
2010/11/29 13:09
かんさん。
帰って参りました。笑
日本の文明は西から齎されました。そして、齎された科学技術によって日本独自の文化が開花しました。
近所付き合いは・・・色々あって ややこしいものですが、頼りにできるのも近隣です。
長いもの(強者米国)に巻かれて金満国家になりましたが、決して永劫ではありません。
権力に迎合雷同しても庶民が潤うことはありません。
>もう少し、よく考えてもらいたいもんですね。<
本当にそうだと思います。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/12/06 19:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/28 「日暮し雑記・日曜日」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる