酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/11 「日暮し雑記・情けない」

<<   作成日時 : 2010/11/12 18:06   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 3 / コメント 4

画像 嘆かわしい。

仙谷と言う総理気取りの嫌らしい官房がいる。彼は、政治職と執行職と言う耳慣れない職分を俄かに持ち出して、双方の責任の取り方は違うんだ。お分かり?と、開き直った。
こんなまやかしの口実で逃れられると高を括っているのだ。流石に出自の卑しい政権の番頭ならではの面目躍如と言ったところか?

しかし世間は、口舌の徒でしかない連中の世渡りに付き合っている暇はない。(税金の無駄)

そもそも、民主党の売りは政治主導だった。政治主導とは、最終責任は政治家が取る、と、役人に約することで役人の能力を最大限生かすことだ。

それに共鳴した有権者の一票が政権交代と言う大事業を成したのだ。
しかし、菅・仙谷・前原・岡田以下は、政治家と言う特権と高収入だけを目指して就活して運良く横入り出来た連中なのだろう。

そんな連に、眼前の国民の生活が見える筈もなく(見る気もない)、背中を押してくれる国民がいる筈もない。連中は、己が詭弁に酔い痴れる性癖が具わっている利己主義者なのだろう。

恐らく彼らが自己の欠陥に気づくことはない。益々己が饒舌に酩酊して、自己崩壊するであろう。

少し戻りますが、政治主導とは政治家が最終責任を負うと言う信念だ。
海保長官を切って、国土交通大臣の責任を逃れようとするのは許されない。更に遡れば前大臣・前原。前外務・岡田。法務大臣、そして仙谷官房も首を差し出してこそ、政治主導の政治家の責任の取り方だ。

再度言いますが、民主党の売りの一つは政治主導だった筈だ。
海保長官を引責させ己が延命を図ろうととする行為は、政権交代時の公約を反故にする裏切りに他ならない。

***

菅と仙谷、前原・岡田以下、「一度権力を味わって見たかった」連中の悪ふざけに多くの人は辟易している。連中はもう十分特権(甘み)を堪能しただろう。否、もう その重さに耐え切れなくなって、己を見失っているのではないか・・・連中の正直な心中を聞いて見たい。


もともと、小沢氏の政治的抹殺を主眼としていた旧勢力(既得権益者)の甘い囁きに、民主の反小沢グループが跳びついた。有権者の希望の一票の重さを 事も無げに踏みにじり さもしい我欲を憑かれて魂を売り渡したのが発端だ。

その後は、周知の通り国会であれ記者会見であれ、菅一派とマスコミはこんにゃく問答を繰り返し、人々の顰蹙を買うばかりだった。

そして、いよいよ恃みのマスコミ・官僚が梯子を外そうとしている。

さあ、どうする?
石にかじりつこうが、縋りつこうが、理念も信念も哲学もない欲だけの者共は、所詮ツールでしかない。用足らずと裁断されれば切り捨てられる。

菅・仙谷・前原・岡田以下の亡者連は、一時であれ過分な夢を魅せて貰った巡り合わせに感謝し即刻退陣して貰いたい。

とは言え自民の現状も情けない体たらく。とても受け皿にはなり得ない。

では一気に再編できるか? 現状において成しえるカリスマは小沢氏以外に存在しない。
その小沢氏は、マスコミの凄まじいバッシングキャンペーンで、国民の多くは、「小沢=悪」と、刷り込まれている。
一方で、国民は、菅・仙谷の小賢しい詭弁にうんざりしている筈だ。

さあ、どうする?
原点に戻るしかないでしょう、

政権交代の原動力になった、真に「国民の生活が第一」の実現へ愚直に邁進してくれる議員、民主党と言う名に恥じない議員に委ねるのが現時点の最良だと思う。

そして、その理念は小沢氏が世に提唱したものだ。
自民党や菅一派は、それに便乗して利用している「もどき」に過ぎない。

時代は、小沢氏を必要としている。

運命の扉は、マスコミに煽動されて叩くものではない。
私たち自身が叩き 開かなければなりません。

マスメディアの似非情報の洪水に流されないように願います。

***

いやはや、情けない政情になりました。
「明日晴れるか!」
晴れると信じて参りましょう。

画像 運命の扉の鍵は私たちが持っています。
 菅や仙谷・前原・岡田に預けた積りはありません。


     今日もありがとうございました。酔語



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
政治職 執行職
こんなにある無責任内閣ぶり 誰か辞めたら「辞任ドミノ」に... 一方で馬淵氏や自身については「政治職と執行職のトップの責任のあり方は違う」と述べ、引責辞任は必要ないと示唆した。 民主党若手議員は「 こ... ...続きを見る
管理人の徒然日記
2010/11/13 00:31
相も変わらず屁理屈こねまわすオカダ幹事長
普天間基地移設問題が最大の争点となっている沖縄県知事選挙が昨日公示されました。現職の仲井真氏と前宜野湾市市長の伊波氏の事実上の一騎打ちだそうで、移設工事の許認可を握る県知事の取り合いで、政府がアメリカ ...続きを見る
偏西風にのって
2010/11/13 11:01
情報公開をしっかりと
尖閣諸島における海上保安庁の船の衝突シーンがネット上に流され、責任問題になっている。 無論犯人や責任者を罰するのもいいけど(馬淵氏はいささか・・・前原氏はどうか?連帯責任なんじゃない)、それ以上... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2010/11/13 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
易しい時代は無かったのだろうけど、戦争でもないのにこれほどの危機を意識することは無かったのでは、それも一世一代の政権交代を国民が選んだのに.....ハトポッポから空きカンの仙菅ヤマトのと侮蔑の限りに揶揄されるこの民主党のホープと言われた連中、指摘するまでもなく偽善屋”オカポン”、経済音痴は”ノーだ”、幹事長も勤まらない”枯れ枝ノッパラ”、そして広告塔も”二番じゃだめなんですか”のバカを曝した。ご指摘のように担う受け皿がない.........詭弁の悪食面とまさに空きカンのお粗末はAPECホスト国のセティングもままならない、恥さらし。いまや期待する政党が無い、無党派に成る事にした。ビデオだ小沢だとなぜ瑣末なことにこれ程のエネルーギーを費やすのか、大局も未来への先見もない小粒な権力亡者のゾンビ達...........総選挙だろうけど、でもさらに混乱するだろうし...........2012年に世界の終末がくるという予言があながち真実味も無くはないのかも...........
無党派宣言
2010/11/12 20:20
無党派宣言さん。
有権者は、衆院選挙で300を超える議席を与えた。
しかし、菅一派は我々の思いと真逆だったのですね。連中は権力と言うツールで遊びたい、それだけの動機で旧権力(既得権益者)に魂を売り渡した。人々が何故民主に政権を与えたか・・人々の思いを、ことも無げに踏み躙る所業に政治に希望を抱いた人々が怒り呆れるのは当然でしょう。政治に希望を託した人々を無党派へ追いやった罪は万死に値する。

しかし、菅一派がこんなに小賢しい権力亡者だったとは・・・ねえ。
国民を思いやらない権力は、必ず倒れるの譬え通り 偽善者共の祭りもいよいよ幕が引かれそうですですね。
仙谷の高言も聞きようによっては引かれ者の小唄に聞こえます。国民を見捨て権力に魂を売った悲しき小人達がどんな末路を辿るのか楽しみです。
空き缶のポイ捨てはマナー違反ですが、直ぐにでもポイ捨ててやりたい。混乱は当分続くでしょうが、きっちりゴミ箱に捨てる日も近いと思います。
私達は何時まで高い授業料を払わされるのでしょうか。嫌になりますね。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/11/13 04:24
お久し振りです。
枯葉舞う時期になってきましたが、私の心の中も枯葉が舞っています。
今の民主党の内政外交への幻滅は、期待感が大きかっただけにある意味自民党政権より酷い感じがしますね。
心ある人なら小沢氏をめぐる数々の「疑惑」がどれも胡散臭いでっち上げに過ぎないと気付くハズですが
民主党議員の過半は小沢氏を守ろうともしていません。
そして公約破りの数々・・・
マニフェストは公約に非ずという厚顔無恥。

阿修羅サイトで読んだのですが、先に「石に齧り付いてでも」政権にしがみつく発言をした菅首相は最近しきりに「くたびれちまった」とぼやいてるそうですね(笑
そんなにくたびれてるなら無理しないで投げ出してもいいですよ。いや投げ出して下さい。これ以上齧り付かれても迷惑です。
青二才
2010/11/14 07:52
青二才さん。
お久しぶりです。お元気なご様子で安心しました。

寂しさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮れ 良暹法師

景気は上向かず、雇用は停滞したまま晩秋を迎えました。来月になりなすと、街はクリスマスのイルミネーションに彩られ賑やかになります。しかし、私たちの心は もうすでに氷雨に濡れそぼっています。

今夏の酷暑のように相変わらず暑苦しいのは菅一派とマスコミだけです。全くトンデモナイ政権が出現しました。器でない者、意志のない者がどんな石にかじりつきたいのでしょうか。菅はもともと国民生活をどうする、日本をどうしたいと言う意思のないままマスコミと談合してで椅子に着いただけの欲張り人間です。
「くたびれちまった」は本音でしょう。
菅など、くたびれようが一片の同情を寄せる人は皆無でしょう。本当にくたびれているのは、菅に付き合わされている私たちなのですから。

菅一派さん。野球じゃあるまいし、ピンチの後にチャンスなどを望むベカラズ。エースも主軸もいないチームは、回を追へば追うほど惨めな結果=大敗を喫するでしょう。
国民のためには、即刻投げ出して貰いたいですが、連中にそんな潔さも勇気もないでしょう。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/11/14 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/11 「日暮し雑記・情けない」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる