酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/14(火) 「日暮し雑記・完敗」

<<   作成日時 : 2010/09/14 20:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 20 / トラックバック 3 / コメント 13

画像 私の心に雨が降っています。


朝、空を見上げますと秋そのものでした、家の前の雑草を揺らす風も涼しく、コウロギの声も涼やかでした。
でも、やはり小さな秋でした。昼前には、夏の太陽に代わり秋の雲は夏雲に変身してしまいました。それでも、幾分凌ぎ易い一日でした。

「小沢さんの勝利を確信しています。」と、書かせて頂いてから9日、やっと自宅へ戻りました。
小沢さんが代表に選出されるのを楽しみにして出発しましたが、結果は私が熱望し確信していた小沢一郎さんは敗れました。国会議員・地方議員・党員・サポーターすべての票で菅氏に敗れました。

『酔語さん〜こんにちは〜。
僕のブログでは2日に早くも「当確」を出しました。(笑)
昨年の熱い国民の想いに応える政治をしたい。。との小沢さんのメッセージが最初から行き届いています。
新聞はあちらの支持率はなんぼだとか、「邪魔」してますが、跳ね除けて邁進するでしょうー。
お互い確信しましょう。 さとし君 2010/09/06 18:19 』

『切ない。そして、情けない。

先ほど、ニュース速報を読んで愕然としました。
打ち合わせも、しばらく上の空でした。
日本は、これからどうなるんだろう。
でも、3月には行き詰まるから、また小沢氏の出番があるでしょう。

小沢氏のポストがどうなるか、興味津々です。
酔語さんがお帰りになって、このコメントが日の目を見る頃には、大騒ぎになっているかもしれませんね。
かん 2010/09/14 17:05 』

上は私が出発後に頂いたコメントと、今夕頂いたコメントです。お二方共に私と同じく昨年、民主党に希望を見出し貴重な一票を投じられた方です。永年生活者として自民政権=官僚政権を何とか廃したいと発信し続けてきた方です。一心に願った私たちの思いは叶いませんでした。お二方、否それ以上、私と思いを共有してきた友人は今、私同様虚脱感に襲われていると思います。

しかし、選挙結果は受け入れます。とやかく申し上げません。
しかし、、、しかし、一言だけ申し述べさせて下さい。

昨年、私たちは、国民主導「国民の生活が第一」を掲げた民主党に希望の一票を投じ政権交代を実現させました。
あれから一年。菅氏とそのグループは、国民との約束を反故にし、自公時代の官主導・隷米・大企業優先に戻しました。

たしかにマスコミの大バッシングキャンペーンがありましたが、驚いたことに、民主の国会議員も地方議員も党員サポーターも、消費税増税で良い。普天間移設は辺野古で良い。地方に主権は要らない。と言う。
今日菅氏に投票した者(議員、党員・サポーター)は、国民との約束を平気で破って恬として恥じない傲岸不遜のエゴイストだったのがはっきりしました。

議員連中の野党時代のパフォーマンスはすべて今日のためのハッタリだった。政権交代を実現させた小沢氏に感謝の一言もない。「国民生活第一」を掲げてた民主党を信じて政権交代を実現させてた国民へも感謝の一言もない。

自公時代は、ある意味多くの人は政治に倦んでいた。
政治に期待もしていなかった人々に政治の大切さを思い起こさせたのが小沢一郎さんだった。諦めていた人々に一筋の光明を点したのが小沢一郎氏だった。

小沢氏が提唱した「国民の生活が第一」と言う理念を人々が受け入れたのは、小沢氏なら必ず成してくれるだろうと言う信頼感だった。
ところが・・・菅とその一派は、政権交代の功労者・小沢氏を罵倒し、民主に貴重な一票を投じた有権者も平気で裏切った。これほどの背信行為があからさまに行われて奏功したのは、第四の権力・マスメディアのお陰だろうが、あまりにもお粗末、あまりに自己中の小人達だった。

国会議員も地方議員も党員・サポーターも、本選挙が総理を選ぶ重要な選挙であるのを十分知りながら政権交代の意義を捨て去り国民を裏切った恐るべき本性を持った集団だった。

***

この保身集団の寿命は短いだろうが、たとえ短命であっても私たちは様々な実害を蒙ることになります。
それにしても・・・民主を応援し貴重な一票を投じた身としては残念でなりません。
菅氏は建前上、小沢さんを遇すると言っていますが、菅氏に理念・哲学はありません。志も卑しい。

官僚任せ、隷米の菅氏とは、政策もその実現への手法も水と油。交わることはないでしょう。
いっそ、小沢さんを中心に真に「国民の生活が第一」を実現してみせる気概のある人々を糾合して新しい党を立ち上げて欲しい。それが私たちとの約束なのですから・・・

選挙結果についてとやかく言いません。素直に受け入れます。
と、申し上げましたが、やっぱり 残念で残念で恨み節を述べました。

「照る日 雨の日 曇りの日」

私はこのフレーズをちょくちょく使っています。
今日の私の心は涙雨で溢れそうです。
何故? 帰った途端、菅続投と言う最悪の出来事に遭遇したから・・・

「まさか!」
と、驚きましたが、明日と言う日があります。
何時か必ず晴れの日が来ると信じて、良心ある民主議員、他の有為な議員を応援して行きます。

****

留守中にも拘わらずご訪問下さった皆様に感謝申し上げます。

          今晩もありがとうございました。酔語

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
代表選について初の鳩山由紀夫ツイート
代表選について初の鳩山由紀夫ツイート投稿者 読書中。 日時 2010 年 9 月 14 日 から転載します。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/09/14 22:58
悪いカンが的中
カンさん勝利で・・。 少なくとも日米合意の通り、沖縄普天間基地移設が辺野古沖へと。 名護市の民意がどうあれ「懇切丁寧に説明して」・・、きれいな海を埋め立てまっせ、ということだけはハッキリしてますな(オ ...続きを見る
偏西風にのって
2010/09/15 08:45
とりあえずは、だが・・・。
民主の代表選は、菅総理が勝利、ということになった。 下馬評では小沢氏の勝利かも・・・って声もあったみたいだけど。 ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2010/09/15 20:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
残念ながら希望は叶いませんでした。一緒に祝杯をと願っていましたが、本当にむなしいですね!
 菅の勝利と言うよりマスコミの勝利です。本当に大マスコミの解体を願っていましたが、菅を支持した民主党議員は政権交代の歴史的意義を理解できなかった人物だと言えます。これからマスコミとの共同戦線は反故ですから、菅および菅を支持した連中はマスコミの攻撃を身にしみて受けてください。自分たちの愚かさを嘆きながら!
おやじの怒り
2010/09/14 21:24
お久し振りです、そして心中お察しします。
やはり、この国の国民はコイズミの「改革」に騙された時のように、再び高い授業料を払ってどん底に墜ちるまで覚醒しないのかも知れませんね。
もちろん、この局面で小沢氏が勝利していたとしても、世論がこんなですから、小沢氏の力を持ってしても国政の運営には非常な困難が伴ったでしょう。
酔語さんも言われるとおり、第二次菅内閣は短命に終わるような気がしますが、菅内閣の崩壊がいつ起こっても良いように、小沢氏には是非党代表の座を奪還するための準備を続けていてほしいです。
これから起こる菅内閣へのマスコミ・財界・官僚の「掌返し」、それに対して何も打つ手のない学芸会内閣の体たらくを前にすれば、騙される事に慣れている国民もさすがに「何かおかしい」「これではダメ」と気付くでしょう。その時こそが小沢氏の真の出番になるのではないでしょうか?
その日が来ることを信じつつ、もうしばらく希望を繋ぎたいと思っています。
青二才
2010/09/14 21:59
おやじの怒りさん。
まさか と言う結果に唖然としています。
今私は悔し涙を零しながら安酒を煽っています。対して、自ら画いた通りの結論を出したマスコミと菅一派は、今頃、祝杯を挙げているでしょう。菅が乾杯している図なんて想像するだけでおぞましい。

でも、国民を思い遣らない権力は、国民によって倒されるのが歴史の慣わしです。こんな裏切り者どもが生き永らえることなどあり得ません。近い将来連中は己の愚かさに気付くでしょう。私たちの鉄槌で。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/14 22:19
青二才さん。
お久振りです。
なんとも言い得ない結果にショックを受けています。同胞を悪くは言いたくないですが、お上も庶民も懲りない『和』で結ばれているのでしょうか・・・与えられた民主主義を信奉するのは、もう卒業して欲しい。
小沢氏は民主党内の似非政治家どもの保身の強さに負けましたが、その他大多数の有権者には小沢を待望している人々が多くいます。
希望を捨てれば生きる価値を放棄したと同じになります。わたしも小沢氏の出番が必ずあると信じています。今日は残念な結果に終わりましたが、授業料に見合う政治が必ず来ると信じて明日からまた、駄文を書いてゆきます。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/14 22:42
早速ご返事ありがとうございます。
 阿修羅に次の用の投稿しました。
菅に負けたと言うよりマスコミの世論操作に負けたのだ!もう少しネットの力があると信じていた。そこでもっとネットの力を拡散するようにしよう!今後は、菅政権のこれまでの悪行をネットで発信するだけでなく、自分の周りの人たちに発信しよう!そして仲間を増やそう!ネットの世界で自己満足することなく、身近な人たちから発信してさらに拡散し、菅らがやったかずえきれない数々の悪行を暴き出して追い詰めてやろうではありませんか!私はこの2週間、そのとりくみをして多くの人の賛同と理解を得ました。
おやじの怒り
2010/09/14 23:05
おはようございます。
きのうは午前中に仕事を終え、愉しみに結果を待っていましたが 残念でした。
小沢さんの出馬を強く望んでいた自分には とてもうれしい二週間でした。小沢さんの会見演説は 国民を思う気持ち、国難に立ち向かおうとする姿勢がとても素晴らしかったです。目頭を熱くして聞いていました。
すべての国民が 正確に見聞きすれば大差が着いていたと思います。
一人の国民として 小沢さんありがとうございました。
酔語さんありがとうございました。応援頂きました議員さん、党員、サポーターの方ご苦労様でした。
今回の小沢さんの立候補が 大きな前進に成ったと思います。また(僕には夢がある)の言葉が心に残りました。
富山の小石
2010/09/15 07:17
おやじの怒りさん。おはようございます。
おやじさんの怒りは尤もだと思いますが、今や菅政権は官僚の傀儡だと天下に周知されました。菅氏とその一派は、参院選大敗の責任も取らずマスコミと結託して運良く地位を保つことに成功した卑劣漢にすぎません。早晩立ち行かなくなるでしょう。無論、マスコミと官僚は、菅氏など掌の上で如何様にも転がせると喜んでいる筈。
菅氏は続投で浮かれているだろうが、官僚に呪縛された総理の裁量は極めて狭くなった。そして、そのうち使い捨てられるでしょう。尤も、その前に解散に追い込まれ惨敗するでしょう・・・菅氏が党首でいる限り。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/15 08:22
富山の小石さん。おはようございます。
不可思議な選挙は終わりました。「富山の小石さん」が仰るように、討論会、立会演説会での小沢さん姿は素晴らしいものでした。肉声に触れた多くの人を感動させました。100人が100人、小沢さんに軍配を上げたと思います。党内選挙でなければ小沢さんの圧勝だったに違いありません。残念ながら敗れましたがこの2週間で小沢氏を待望する人々は益々増えたと思います。菅氏は少し寿命が延びただけ、近いうちに必ず小沢さんの出番が訪れると思っています。「僕には夢がある」小沢さんの言葉を信じて前向きに参りましょう。

それにしても、菅氏に投票した議員・党員・サポーターの変節振りには呆れました。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/15 08:52
この結果は戦後民主主義教育の結果が如実に現れたものだろう。
人身の荒廃はこうしたいわゆる「民主主義」、「万民平等」、「みんなで考えよう」といった履き違えた民主主義に起源があるようにおもう。
何人集まろうが「衆愚は衆愚」三人寄れば文殊の知恵などというものにはならないことがわかっていない。
衆愚に覆い被さるのが悪知恵であり悪知恵が衆愚をリードすることになる。衆愚にはもともと方向性は存在していないからである。
真の民主主義は、しっかりとした価値観、物事を判断できる能力が根底になくてはならない。リーダとなるべき人物を見極めそのリーダーに託す。リーダーとなろうとするものが示す方向を見極める。これが民主主義の原則である。民がその決定権を持つ、これが民主主義というものだろう。
「平等」と「公平」を履き違えその違いすらわからない連中の民主主義。何でも一律に平等であれば民主的だと考える小宮山。
より困っているものに厚く、ゆとりのあるものは譲歩する。
「公平」には人々の中にある慈悲・人を思いやる心が必用である。戦後の民主主義教育に決定的に欠如したものがこの選挙であらわになったと感じている。
戦後民主主義の成果?
2010/09/15 11:25
戦後民主主義の成果?さん。
教育は諸刃の刃だと思っています。国家の経営者が施す教育は権力に都合の良い教育に為らざるを得ないからです。権力が真の民主主義を教えることはないでしょう。彼らの自己否定になるからです。況してや日本の権力者達は真の民主主義を心から信奉し、身体に染み付いている人は極少数でしょう。彼らから民主主義を体現した言動が為されたことは殆どありません。

衆愚と言う響きの悪い言葉は、権力側が優越感に浸る用語だと思います。天上人から見れば権力者も庶民も皆、衆愚であり、今度の選挙も(人、物、金、情報)で優位に立つ衆愚が社会の片隅で苦労している衆愚を暴力的に追い込んだと思っているでしょう。

真の民主主義教育を幼少時から教育するすれば社会は変わるでしょうが、それが為には先ず大人たちが己の感性を磨かねばなりません。果たして浮世の手垢が沁みついた大人が為し得るでしょうか・・・自らを棚に上げて子供に教育しても、感性で大人を遥かに上回る豊かさを持つ子供たちに見透かされてしまう。
先ず大人の覚悟、それからでしょう。
今度の選挙に如実現れた・・そうかも知れませんね。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/15 15:23
風は強ければ強いほどいい。

酔語さん、私のコメントを文中でご紹介いただき、ありがとうございました。
小沢氏の理念がいかに崇高であろうと、政策がいかに素晴らしいものであろうと、過半数の民主党国会議員は小沢氏にNoと言ったわけです。仙谷を先頭に、マスコミを使い官僚と手を組んで、官房機密費もばらまき、ありとあらゆる手を使って、彼らが勝ちました。挙党体制なんて口からでまかせで、小沢氏はほんとに一兵卒になるんだろう。マスコミは、約束不履行を責めないだろう。
でも、あきらめるわけにはいきません。

表題の一文は、私の師が書かれた詩の書き出しです。
ー強風に鍛えられて、根は強く張るからだ。ーと続きます。
まだまだ試練は続くと思います。(続く)
かん
2010/09/15 19:42
(続き)
しかし、マスコミがおかしいことに気がついた人も増えています。
小泉の悪行が明らかになり、木村剛はスケープゴートでほんとに悪いのは竹中であることもわかるでしょう。
サンデープロジェクトも終わり、ハマコーも逮捕され、爆笑問題も毒まんじゅうを食ったことに気づくでしょう。
菅直人が行き詰まり、小沢氏が捲土重来を果たす時に向けて、私も地道に、マスコミの悪行を伝え、小沢氏の誤ったイメージを払拭していきたいと思います。
かん
2010/09/15 19:43
かんさん。
勝手に載せさて頂きました。ご容赦下さい。
{風は強ければ強いほどいい。}
かんさんのコメントを今見たばかりですが、今日の私の駄文にも、浮き草の私を支えてくれたのは家族と言う根だったと書きました。根が確りしていれば強風に耐えられます。根が腐っていれば美しい花は咲きません。

私たちは、お上が咲かせた花を綺麗だと思い込まされてきました。やっと我に帰り、民主に託しました。が、これがトンデモナイ如何様野郎だった。

しかし、下衆の中に凛と咲く一輪の花がありました。一年以上に亘って誹謗中傷された小沢氏です。この二週間で多くの人が小沢氏の度量に驚愕し感動したでしょう。近い内、小沢さんの出番が必ず訪れます。

かんさん。民主の体たらくに憤っているでしょう。私も同じです。でも、もう少しだけ様子を眺めましょう。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/09/15 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/14(火) 「日暮し雑記・完敗」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる