酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/15 「日暮し雑記・日曜日」

<<   作成日時 : 2010/08/15 20:27   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 「敗戦=終戦記念日」


昭和20年8月15日、人々は天皇の玉音放送によって日本が降伏したと告げられました。

権力の統・強制や大本営発表を垂れ流すメディアのプロパガンタによって洗脳されていた庶民は、神国日本が鬼畜米英に敗れるとは思っていなかった。だが、ラジオから流れた天皇の朗読は、正しく敗北を宣言だった。

無論、国土復興を呼びかけてもいるが、天皇の赤子であると忠孝を強制してきた権力、戦局が危うくなって一億総玉砕などと煽り倒した権力、婦女子に至るまで竹槍で訓練させてた権力が突然負けましたと、赤子を見捨てた。そして、これから国家再興にがんばろと言った。
・・・人々は戸惑いやがて脳内が混乱、そして絶望の淵に立たされた。

しかし、マインドをコントロールされた庶民はお上を責めなかった。ただただ敗北宣言に驚愕し悲嘆に暮れました。

嗚呼!無情。
なぜ、沖縄を犠牲にしなければならなかったのか、何故、広島・長崎に原爆が投下されるまで放置したのか。後講釈は如何様にでも可能でしょうが・・・人命より国家・国体を優先した時の権力の往生際の悪さが齎した最悪の罪、為政者の決断力の欠如が齎した最悪の悲劇だったと思う。

あれから、65年経ちました。
今日は、政府主催の全国戦没者追悼式や各地で平和集会が開かれ、戦火に斃れた兵士や、空襲で家を焼かれ命を失った多くの人々へ哀悼を捧げます。

みんな時の国家権力の強欲の犠牲者です。今、菅ナオトという男が庶民派然を気取って、「最小不幸社会」などと言う捻くれた言動を弄し人々を煙に巻いて独り悦に入っていますが、政官業・マスコミが総翼賛だった当時は、こんな似非扇動家ばかりだったのでしょう。

戦争は庶民の物心すべてを破壊し憎しみと悲しみだけを残す愚かしい行為です。

「海ゆかば」

万葉集にある大伴家持の歌に信時潔が作曲した楽曲があります、」

海ゆかば水漬く屍(かばね)
山ゆかば草むす屍
大君の邊(へ)にこそ死なめ
かえりみはせじ

家持の時の天皇に対する心をどうこう言えませんが、後の時々の権力は上手に利用します。
私たちはその甘美なメロディー、と意に囚われ出征兵士を慮り〜国家権力の喧伝に乗せられてしまうのです。

あれから、65年経った今、世界大戦という大規模な戦争は行われていませんが、今も、世界各地で紛争・戦争が止むことがありません。日本は米国の庇護下で経済発展」を遂げ、平和と繁栄を享受してきましたが、今までのようにアメリカ恃みの風任せ波任せでは発展は望めなくなっています。それどころかアメリカの戦争経済主義に引き摺られて世界から孤立してしまうかも知れません。

そんな気配を感じた人々の気運が結実し昨年、隷米政権をを倒した。
視界が開けたと思う間もなく、虎視眈々と首相のの座を窺っていた菅氏は、「ブルータスよお前もか」を見事に実践して見せた。菅も仙谷も枝野や前原その他彼らに繋がる連中は、政治家ではなくアジテーターに過ぎなかった。

菅政権は、我々の希望を踏み躙り、我々を板子一枚下は地獄の海原へ誘い出そうとしている。菅政権が五里霧中の中で立ち往生するのは自業自得だが、我々を巻き込まないで欲しい。御免蒙る。
9月14日を待たず辞職して頂きたい。

                     ***

今回の田舎訪問は、13日に簡単な精霊棚を設けまして儀式の真似事をしているところに、助っ人が来てくれ、後は任せろと帰してくれました。

近所の公園では相変わらずクマゼミが大合唱しています。依然暑さは厳しいですが、野原にアカネトンボガ群れ、田舎ではツクツクボウシが鳴き始めていました。
少しずつですが、秋の気配が感じられるようになりました。

一週間後、また田舎へ行きますがその間、できるだけ更新したいと思っています。宜しければ、見に来てください。

             ありがとうございました。酔語


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜。ある一定期間のステップにて、田舎にお帰りなご様子ですね。迎えお盆には精霊棚をお作りで、さぞかし御先祖さんもお喜びでしょう。
酔語さんの終戦追悼の日にふさわしいブログ記事アップ嬉しい限りです。
民社の議員も田舎帰りで、地元、現場の意見に触れてるはずです。やはり政権交代した意味とその実現、そして経済復興と平和の尊さもでしょう。
30代の世代のブログを読まさせていただいておりますが、やはり平和の尊さ認識されてます。大本営の机上で、前線の訴えの電報を無視し、日本人の市民の命を捨て石にし、戦争敗北の宣言を「必要以上な犠牲」を以ってしてしかできなかった点も批判してるのですね。こうした若い世代と共に、2度くり返してはならない歴史からの反省を大切にしていきたいです。記事ありがとうございます。
さとし君
2010/08/15 21:15
さとし君さん。お久し振りです。
毎日暑いですねえ。

私は、熱い夏冷たい夏と言うフレーズを好んで使っていますが、昨年は文字通り熱い夏でした。しかし今夏は酷暑に襲われてうんざりしているのに、突然 菅氏が冷や水をぶっ掛け人々の心が冷えてしまいました。
理念も無い定見も無き者は簡単に役人に篭絡されてしまう。日本が無謀にも誤った道を突き進んで人民を犠牲にしたのも思い上がった勘違い連中ばかりだったからでしょう。
思うのですが、こう言う輩(菅一派)が一番始末に悪いと思う。日本は2発も原爆を落とされた国に一言も申さず 今もその庇護下に安住して追従しています。諸外国から不思議の国・ジャパンと言われるのもむべなるかなです。
私たちは今のところ平和を享受していますが、宗主国アメリカに唯々諾々と付き従っていれば万々歳と言う時代ではなくなりました。
30代の方々こそ次代を担う中核です。この方々が真に平和を願い決起して下さるなら、我々は安心してお任せします。
何時もタイムリーなコメントありがとうございます。
ちょっと酔っ払って脱線しました。お許しを。
まだまだ暑さは続きます。ご自愛下さい。

ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/08/15 22:20
こんにちは 当地の暑さもやわらいだ様に思えます。
健康の心ずかい ありがとううございます。

戦後生まれで 戦中、戦後の苦労を知らない自分には 分かりやすい今日の記事でした。
権力者たちはメディアの洗脳で国民に悲劇や犠牲を強いてきて その責任を曖昧にしてきた。今もなお 官僚たちは自民に責任を押し付け 菅や仙、前、枝、玄、岡、を立てて国民を騙そうとしていると思います。
ただ 今はブロガーさん達のおかげで政権交代できる民意の理解力があります。
酔語さんが仰る分かりやすい再編(国民主導=政治主導、米国隷属=官僚主導)で良識派議員さんを見定める事が必要だと思います。
小沢氏は07マニフェストで「私は必ず実行します。」
また 10,7,1京都で「私は私の思うところを貫く 国民と約束した事は全力で守る。」との会見をしています。
今この言葉を信じてみようと思っています。  
 
富山の小石
2010/08/16 16:59
富山の小石さん。

今夏は、夏好きの私が毎日々暑い暑いを連発して家族の失笑を買っています。散歩に出ますと、何処かに小さい秋がないかと耳目を凝らしています。
今日は残念ながら見つけられませんでしたが、今やっと良風が吹き抜けほっとしています。
さて、今日(16日)は、小沢氏のことを少しばかり書いてみる積もりです。日本は経済発展に反比例して政治が劣化してきました。そろそろここらで本物の経国済民を成してくれる政治家が出て欲しいと思っています。
それが小沢氏かどうか未知ですが、現今の政治屋より数段上だと信じています。他に見当たらない現状では一度彼に委ねてみたいと思っています。

何時もありがとうございます。
まだまだ 酷暑が続きそうです。お互い負けないで参りましょう。酔語。
酔語
2010/08/16 19:51
お元気でお過ごしですか?
十二分にご自愛ください、。。。。。
アナタが倒れそうな気がして心配しています。

では、また!
とらちゃん
2010/08/17 00:38
とらちゃん。
お気遣いありがとう。元気でやってます。
とらちゃんには本当に感謝」しています。
とらちゃんこそ無理しないで下さいよ。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/08/17 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
8/15 「日暮し雑記・日曜日」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる