酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/23 水曜日・久し振りの戯れ言。

<<   作成日時 : 2010/06/23 18:04   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 8

画像画像 毎日、うっとうしいですね。


23日、沖縄は「慰霊の日」を迎えました。
1945年の今日、20万余の尊い命が奪われた悲惨な沖縄戦が終結しました。
また、この日は、日米安保条約と日米地位協定発効50年。

ご承知のように、戦後初めて県民に希望の灯を点した鳩山前総理は、米国や国内の隷米機関(マスコミ・官僚等)の抵抗に遭って勇気が挫け、自ら恥を承知で自滅してしまった。

本来なら、副総理と言う連帯して責任を負う立場にある菅氏が、嬉々として総理の椅子に就いた。
そして、鳩山氏の無念を思いやらず、日米合意(辺野古移設)を推進すると明言した。一方で沖縄の負担を軽減すると言う常套句を付けて・・。とても市民運動家上がりとは云えない変わり身の早さだ。

画像 レンギョウ
希望、希望の実現

「変えてゆく」 沖縄慰霊の日追悼式典・平和の詩全文
2010年6月23日10時56分 asahi.com 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0623/SEB201006230003.html

 沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園を会場にした戦没者の追悼式典では、普天間高校3年の名嘉司央里(なか・しおり)さん(17)が「変えてゆく」と題した平和の詩を朗読する。
 米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市に生まれ育った名嘉さんが5月末に書き上げ、県内の小中高校生の1851点から選ばれた。

    ◇

今日もまたはじまる

いつもの日常

当たり前に食事をして

当たり前に好きなことを学んで

当たり前に安心して眠りにつく

そんな普通の一日

 

今日もまたはじまる

いつもの日常

当たり前に基地があって

当たり前にヘリが飛んでいて

当たり前に爆弾実験が行われている

そんな普通の一日

 

一見「平和」に思えるこの小さな島

そこにいつの間にか当たり前ではない

当たり前であってはならないものが

入り込んでしまっていた

 

普通なら受け入れられない現実を

当たり前に受け入れてしまっていた

 

これで本当にいいのだろうか

 

平凡な幸せを感じながら

ただただ「平和」を望む今

簡単にこの違和感を

無視していいのだろうか

 

黒いたくさんの礎

刻まれるたくさんの名前

そこで思い知る

戦争が残した傷跡の大きさ深さ

何も幸せなど生まれなかった

何も手に入れたものなど無かった

すべて失ったものばかりだった

 

忘れてはならない

この島であった悲しい記憶

目を背けてはならない

悲しい負の遺産

それを負から正に変えてゆく

それがこの遺産を背負い生きてゆく

私たちにできること



変えてゆくのは難しい

しかし一人一人が心から

負である「戦争」を忌み嫌い

正である「平和」を深く愛する

そんな世界になれば

きっと正の連鎖がはじまるはずだ

 

六月二十三日 慰霊の日

あの黒いたくさんの礎には

たくさんの人々が訪れる

そして その一つ一つの名前に触れ

涙を浮かべながら語りかける

 

「今年も会いに来たよ」と

手を合わせ目を瞑(つむ)り祈りを捧(ささ)げる

その訪れた人々に

「平和」を願わないものはいない

 

「一度あった事は二度ある」

そんな言葉を聞いたことがある

しかし こんな悲惨な出来事は

もう繰り返してはならない

だから……

「一度あった事は二度とない」に

変えてゆこう 平和で塗りつぶしていこう

 

その想いはきっと届いているはずだから


                     ***

さて、その菅首相。
就任後、既得権益者に取り込まれたのか、利用して延命を図ろうとしているのか、即 消費税増税を明言した。しかも、法人税減税とセットだ。
その直後のメディアの調査で支持率が下がると、早くも2,3年後と言い改めた。

昨年、自民のまやかし政治を正してくれそうな政党に成長した政党を信じて投票した私たち。
待ちに待った。待たされ続けた私たちは、やっと。希望の一票・貴重な一票を投じる機会を得た。
そして、大勝させた。

あの熱い闘いから10ヶ月、国民を勇気付けた鳩山・小沢氏は辞任した。
代わった菅政権は、「官治から民治」、「国民生活第一」を叫んだ民主に投票した庶民の思いを、忘れてしまったのか?自民の亜流か? と思わせる如き変貌振りだ。

菅氏は、消費税増税を参院選の争点にするだけでなく、政治生命を賭けてやる。と、まで叫んでいる。
詰まり、参院選の結果次第で解散総選挙に打って出て長期政権にしたい腹だろう。

どうも菅氏は、確たる理念や哲学が有るようで・・・無いような・・政界渡りの上手な人物のような気がする。
今までの悪習を大掃除すると豪語して政権を勝ち取った政党が、たった一年足らずで怪しくなった。

嗚呼!2大政党が、普天間移設や消費税増税で歩調を合わせるなら、私たちは選択のしようがない。
皆さんもお悩みでしょう。

                  *******

田舎へ行ってました。
梅雨時、山間の空の色は刻々と変化します。

泣いた烏がもう笑う
天気は人体に微妙な影響を与えますが、高齢者の方は、子供のように感情を素直に出します。
その都度、私は右往左往しますが、お年寄りは泰然としています。笑

時は、ゆっくりゆっくり・・・過ぎて行く。
縁側で、気抜けしたビールちびちび遣りながら、ぼんやり雲を追う。
梅雨が明ければ、満天の星空が拡がるだろう。

画像画像画像久しぶりに更新しました。

留守中にも拘わらずご訪問下さいました皆様に感謝しています。
4,5日は更新できると思っていますので、宜しければ冷やかしに来て下さい。
何時もありがとうございます。 酔語。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【沖縄】米軍に思うがままされて反発もしない輩に国家の指導者たる資格はない!【慰霊の日】
 先の大戦末期である1945年6月23日、沖縄守備軍司令官・牛島満中将が摩文仁司令部で参謀長ともども自決し、日本軍の作戦指揮系統が消滅したため、 沖縄県民の四人に一人が犠牲となった沖縄戦での組織的抵抗は終結 した。  それから65年、沖縄が日本復帰を果たしてからでも既に38年が経過したが、今も変わらず沖縄県民は我が物顔でのさばる米軍の脅威に曝され続けている!  しかも、 腐痔惨軽グループなどアメリカ様の尻を舐め上げることに至上の悦びを感じる売国奴ども は、相も変わらず沖縄に負担だけを押し付けて当... ...続きを見る
ステイメンの雑記帖 
2010/06/24 00:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 菅構造改革内閣は超緊縮財政と消費税10%+法人税減税で強い経済・強い財政・強い社会保障を唱えていますが、赤字財政の原因は景気が回復していないからであり、財政収入アップを図るならばばらまきであろうと何であろうと財政主導で景気回復を図らなければならない。今日のように高度消費資本主義社会では消費を喚起して消費者に購買意欲をそそるような政策を力強く推進しなければならない。ところがマスコミが「国民生活が第一」とする民主党のマニフェストをばらまきと批判する。そんなばかげた批判なんか無視して財政主導で消費を喚起する政策をやるべきなのに、菅内閣は全く逆の国民生活破壊と国民の貧困化を企んでいる。こんな内閣は要らんのじゃ!本当に自民党そのものと言えます。
おやじの怒り
2010/06/23 21:08
法人税の減税がどんな意味があるか知っていますか?
日本は1989年4月1日に消費税3%(1997年に消費税5%)を導入しました。それから20年以上が過ぎましたがその間法人税は1988年の42%から1999年に30%(2003年から40%)にまで減税しています。消費税は概ね1年間で10兆円が徴収されますからこの間の20年間で200兆円が国民から徴収された事になりますが、問題は消費税分税収が増加したにもかかわらず法人税が42%から30%に減税された事です。その為に消費税導入による税収増加分の4分の3が法人税減税で相殺されています《2010年2月24日の予算委員会公聴会における菊池英博氏(日本金融財政研究所所長)の発言》。消費税導入はどう考えても法人税の減税の為にその不足分を補う事を意味します。
 
おやじに怒り2
2010/06/23 21:15
今回菅内閣が消費税10%の根拠を強い経済・強い財政・強い社会保障に求めていますが、法人税を減税したら消費税をアップした意味がありません。全く菅内閣はいったいどのくらいの法人税減税をもくろんでいるのでしょうか。法人税を減税するために消費税をアップされたら堪りません。ここからが法人税減税の大きな問題点です。法人税を減税したら企業はどうなるのでしょうか。企業収入が増加します。増加した収入は基本的には株主に配分されます。社員の賃金や企業の経済的発展に寄与する事はありません。従って、消費税をアップして法人税を減税すると株主が潤うだけです。日本の経済に何ら貢献しません。ではいったいどのグループが法人税の減税を主張しているのでしょうか。その犯人は外資系の株主(アメリカの強い要望)だと考えられます。この外資系株主は日本の経済的な発展に何ら貢献しないのです。しかも国家財政にも貢献せず、こんな事で消費税を10%にも上げられたら日本経済はこれこそ破綻してしまいます。従って最近では菅内閣の事を空き菅内閣(最新の週刊ポスト7/2号を参照してください)というそうです。
おやじの怒り3
2010/06/23 21:16
おやじの怒りさん。

守にしていましてお返事が、滞って仕舞いました。

遺憾ですが菅政権は、仰せの通り 危うい道をラッパを吹き吹き歩いている芸人のようです。
何故?なんで?
彼らの心奥を推し量ることは私には出来ません。
大いなる勘違いに気付いてくれると良いのですが・・みんな年寄りで凝り固まっていますからねえ。

おやじの怒りさん。
私たちは、空き菅内閣に票を投じたのではありません。
まだまだ、闘いは続きそうです。

ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/06/23 21:56
おひさしぶりでございますね。田舎の空気はやはりよかったでしょう。
基地の問題もあるからこそ、沖縄慰霊の日は、国民の注目の的になりました。豪に手榴弾を投げ込まれ、なくなった人は、真実を教えてもらえなく、豪にとどまりました。逆に非国民となると、自虐的な気持で服を脱ぎ、手をあげて出てきた人が助かりました。明治のはじめからの悪い教育の結果ですね。教育は大切ですね。
沖縄のたくさん学徒部隊の語り部のみなさんの平素の活動があるからこそ、記事のような平和の詩も生まれました。辺野古基地建設がうまくいくことはありません。現地の人を本土から応援したいです。沖縄の詩を詠んだ高校生が今の沖縄を言いつくしてます。自分のできることをも言ってます。応援したいですね。
さとし君
2010/06/24 01:04
酔語さん
お久しぶりです。
党首討論で共産党の志位委員長がうまいことを言いました。
菅の草かんむりが取れて官になった。
まったくそのとおりです。

昨日、ある出版社の社長とお話ししました。
結論は、「やっぱり小沢」でした。
これから参議院選挙後も含めて、いろいろな筋書きが考えられると思いますが、少なくとも菅お子ちゃまどしろうと内閣の思うようには進まないと思いますけどね。
2010年9月、小沢一郎の捲土重来を期す。
かん
2010/06/24 13:29
さとし君さん。
お久しぶりです。
菅首相は、沖縄県民に感謝したそうです。何たる厚顔な男でしょう。益々、県民の怒りが燃え盛るでしょう。
普天間問題は、菅内閣がどう云おうが、幕を引くことはできません。今後も ず〜と県民を応援して行きましょう。
何時もありがとうございます。酔語。
酔語
2010/06/24 14:46
かんさん。
お久し振り、お元気で公私とも活躍されていることと思います。
菅の草かんむりが取れて官になった。
あははは〜 志位さんにザブトンあげます。
菅氏の変化はカメレオン並みですから選挙期間中にまた変えるかも・・・
ともあれ私たちには、悩ましい選択になりました。
結果かどうあれ、衆院選で約した「生活第一」の政党に戻って欲しい。小沢さんの出番は必ず訪れると信じています。
何時もありがとう!酔語。
酔語
2010/06/24 15:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/23 水曜日・久し振りの戯れ言。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる