酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/12 空模様と同じく菅政権も怪しい。

<<   作成日時 : 2010/06/12 19:37   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 2 / コメント 11

画像  少し雲行きが怪しくなった。


九州地方は梅雨入りしたそうです。
当地も明日の朝から来週一杯、雨・曇りの予報マークが並んでいます。
梅雨の花の代表はアジサイですが、私たちを魅了する素敵な花には、裏切り、疑惑、不信と言う不名誉な花言葉が付けられています。私の大好きなアジサイにこのような蔑称を付けた人を恨んでいます。

さて、船出した菅政権のメンバーを眺めますと、アジサイのように私たちを惹きつける魅力がありません。
裏切り、疑惑、不信・政権では?と思ってしまう。

あたふたと船出した菅政権。菅氏や閣僚、党の執行部はマスコミの大御祝儀支持率に浮かれて、一刻も早く選挙したいようだが、多くの人はマスコミの支持率を額面通り受け取っていないでしょう。

理念無き所信表明演説、早くも隷米姿勢を打ち出し、菅・官内閣と揶揄されている。
普天間問題は、沖縄県民を思いやらず米国との合意に基づいて進めるようだ。
4年間は凍結するといった消費増税もちらつかせている。先送りした郵政法案は、臨時国会で最優先で成立させると約束した。これは公党間の約束だから反故に出来なくなった。米国と国民の間で逡巡するだろう。

子供手当ても満額は無理だと言う、高速無料化も怪しくなった。衆院選で掲げた「国民生活第一」から後退しているようだ。人々はこのような 菅タナボタ内閣の姿を凝視している。
まだ、何も仕事らしい仕事をしていないので、決め付けは出来ないが、庶民の嗅覚を甘く見ないで頂きたい。
如何なる政権も民を思いやらない政権は倒れる。
たった8ヶ月で変貌したと云われない無いように・・・

一日で支持率が3倍に跳ね上がる なんてことが かつてあっただろうか、主要大臣がそのまま座っている内閣、表紙の菅氏が3倍に跳ね上げた?・・・菅氏がそれほどの国民的スターだったのだろうか、どうもマスコミの作為が感じられる。

また、キャミソール大臣と揶揄されている人物が国家戦略担当と言うのもミスキャストだ。笑

この、御祝儀支持率で参院選に勝利しても、秋の日は釣瓶落としの例え通り、秋の政局で波乱が起きる予感がする。

                     ***

長い間、選挙の度毎に一票を投じてきましたが、思いが実ることはありませんでした。
昨年、やっと思いが遂げられ思わず小躍りしましたた。

拙ブログでも「貴重な一票」を無駄になさらないよう、是非民主に投票して下さいと呼びかけてきました。
それがたった8ヶ月で思い出のアルバムになってしまいました。
(決め付けるのは早いかも知れませんが・・)

出来得れば、日米対等、国民生活第一を目指している民主や野党の同志を糾合して、真の「政治主導=国民主導」政党として再編して欲しい。

もう、擬似政権(党)や偽善政権(党)に厭きました。

何時もの能書き、戯言でした。ご容赦ください。

お口直しに愛くるしい動画を・・・・
画像 今日もありがとうございました。


 クマのバット回し復活 広島市安佐動物公園


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
疑惑も「世襲」 小泉進次郎事務所費「三重計上」
"http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/356.html">疑惑も「世襲」 小泉進次郎事務所費「三重計上」(日刊ゲンダイ、6.11)【落ち目自民期待の星、進次郎にもブーメラン】 投稿者 南青山 日時 2010 年 6 月 11 日 から転載します。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/06/12 20:42
民主党の公約が決定したそうな
 去年の衆院選挙の「政権選択選挙」で、私も政権交代を支持しました。だけどそれは鳩山政権であって、それが退陣した今、やはりおかしいと感じます。民主党は野党時代、自民党に対して首相をコロコロ変えて「政権た ...続きを見る
偏西風にのって
2010/06/12 20:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
たった8ヶ月なんですよね。
大喜びしたのが遠い過去のようです。
今日、ラジオの討論番組で玄葉さんが出てましたが、かつてコイズミ内閣の国債30兆円公約破りを民主党は攻撃していたではないか、と突っ込まれ、マニフェストは公約とイコールではない、とか何とか苦しい言い訳をしてました。
おいおい、待ってくれよ、と思ったのは私だけではないでしょう。そんなのが罷り通れば一番口当たりのいい事を言った奴の勝ちになりますよ。
高速無料化や暫定税率廃止について自分は正直賛成してませんでしたが、それに期待して投票した人もいるでしょう。まして子供手当については将来の日本を見据えた目玉政策だったハズ・・・
そういうところでいい加減にお茶を濁して、いきなり消費増税の議論はないと思いますが。
ほんと、官僚や財界にクスリを飲まされてるのかと疑いたくなる毎日です。
青二才
2010/06/13 16:30
青二才さん。
本当にねえ・・・
政治は一寸先が闇だと言いますが、覚醒した人々が決起して果たした政権交代は、無欠革命と言う賛辞を寄せられたのに・・・嗚呼!覆水が見事に盆に返った?感がします。
独占政権の盥回しでなく大多数の民意がいとも簡単に覆りました。私は陰謀論には組みしない性質ですが、この国の権力は、更に真っ黒な権力=伏魔殿に巣食う亡者に操られているのでは?と、邪推したくなります。

青二才さん!どうしましょう?
梅雨入りした所為が脳も湿っぽくなって、期待と悲観がない交ぜになっています。笑

何時もありがとうございます。酔語。

追:明日から一週間ほど情報過疎地に参ります。選挙モード一色になっていると思いますが、どんな展開になりますか楽しみです。
酔語
2010/06/13 17:43
気を付けて行ってらっしゃいませ。
たまにはネットのない環境もいいと思いますよ。
私はここ数年、夏の休暇は北アルプス縦走など、携帯もつながらない場所で数日間過ごしてます。荷物になるけど文庫本を数冊持って、山の早い夕食後の空いた時間は読書したり、初めて会った人達といろいろ話をしたりと、有意義な時間が持てます。もっとも、酔語様は行く先でそんなお暇は持てないのかも知れませんが。

>青二才さん!どうしましょう?
我々に出来ることは選挙権の行使しかありませんね、どんな意に添わない政治状況でも棄権はぜったいダメです。
とあるブログでは、選挙権しか武器のない我々庶民を「軍隊アリ」と称しています。一人の一票は確かに一票に過ぎないですが、それが集まれば恐ろしい威力を持つということは昨年夏に実証済みですね。
選挙区は候補者の都合でどうにでもならない場合もありましょうが、例えば比例区なら自分の投票したい人、あるいは政党に必ず投票できます。
恐らく選挙近くになれば、ネット上で立候補者の主義主張や思想信条など、参考になるデータを挙げるサイトがいくつも出てくるでしょうから、それらを見て、新自由主義や憲法改正、郵政民営化推進等を標榜しているような人間には決して投票しないことですね。
自分は憲法9条について絶対譲れませんので社民に入れますが、例えば亀井さんがスジを通した国民新党もあるでしょうし、民主党でも小沢派か似非自民派かはネットで幾らでも調べられるでしょう。
とにかく実際の投票結果で政権にモノを言っていくことが何より大事だと思います。
青二才
2010/06/13 20:34
今、私にできることは何か。
先日、酔語さんにもメールしましたが、八ツ場ダムと小沢一郎氏関連のクイズ(新聞やTVが伝えないニュース)を一斉メールしました。
賛同の返信があったのは数名ですが、多くの方の心に残ったと思います。
7月1日には、河村元(前じゃなく元になっちゃいました)官房長官の官房機密費食い逃げ事件と輸出と消費税について、やはりクイズで事実をお伝えしたいと思います。

私は、今までこういう話を、できるだけ避けてきたように思います。
特に、お客様にはしなかったと思います。
しかし、これからは、私が考えていること、いっしょに考えてもらいたいことを、メールという手段を通じて実行していきたいと思います。

それが、今、私にできることです。
かん
2010/06/13 20:37
小鳩ダブル辞任劇は民主党内の権力闘争のあらわれであり、反小沢側の勝利であり、小沢側の敗北であり、小沢グループにとって予期せぬ出来事であった。参議院でわき起こった鳩山不信、鳩山内閣不信を巧く利用した反小沢グループのトリックである。基本的には沖縄普天間基地問題で失政した鳩山内閣は民主党支持者のの離反を招き、危機的状況であった。本来ならば鳩山首相の指示通りにしなかった岡田・前原・北沢・平野らの閣僚を罷免して新しいスタップで参議院選に望むべきであったが、鳩山は反小沢グループと連携して自分に辞任と引き替えに小沢氏の辞任を迫り、自らの失政を世間からごまかして、辞任しなければならなかったのは「政治とカネ」の問題であり、小沢の責任だと押しつけ、自分のクリーンさを印象づけして旧支配層やマスゴミの恩を売っている。小沢を権力の座から引きずり下ろしたのは自分であり、その功績で安定した老後をもくろんでいるのである。
おやじの怒り
2010/06/13 21:55
 民主党支持者や多くの国民が怒っているのは鳩山内閣が沖縄普天間基地問題で公約を破った事に対する批判であり、鳩山内閣のスタッフに対する非難である。特に前原をはじめとして鳩山を支えるべき閣僚の責任は重い。これらの閣僚は新内閣では再任されるべきではなく、彼らこそ辞任しなければならないのである。参議院選を乗り切るためには民主党支持者や国民の多くが望む新しいスタッフで闘わなければならなかったのである。
 しかるに鳩山は小沢を裏切り、仕事をサボタージュした反小沢グループと組んで自分を含めて反小沢グループの責任を棚上げにして今回の辞任劇は全て小沢のせいであり、鳩山はその為に酷い目にあったという悲劇のヒーローを演じる事によって自分の正当性を主張している。かかる観点から鳩山は反小沢グループと手を結んで小沢の持っている権力なるカードを引きはがして幹事長の座から引きずり降ろした。民主党うまく機能しないのは小沢のせいであり小沢グループのせいである、彼らさえいなくなれば民主党はもっとよくなると言いたいのである。
おやじの怒り(2)
2010/06/13 21:58
この反小沢グループの根底にあるのは思想信条という宏壮な思想ではなく、民主党は自分たちがつくった政党であり、小沢に乗っ取られてたまるかという村意識であり、縄張り意識であり、浅ましい考えに根ざしていると言える。彼らにとって政権交代よりもなによりの目標は小沢を民主党から追い出し、排斥する事であり、自分たちの物とする事なのである。以上のような状況の下で管が反小沢を明確とした内閣を組閣したら民主党は急速に分裂して分解していくであろう。これまで曲がりなりにも一つの政党として機能してきたのはおざわとそのグループの存在があったからである。その彼らが離反したら分解しかないであろう。秋には政界再編成の嵐が起こるかも知れない!
 反小沢グループは小泉が用いた陰謀を採用して小沢グループを民主党内の抵抗勢力として世間にアピールして排斥しようとしている。しかも前原・玄葉・枝野・仙石グループを重用している管内閣はオリジナル民主党を掲げて「生活が第一」から自由な競争という現代ではあり得ない新自由主義経済を展開しようとしている。まさに自由党そのものである。
私は管内閣だけは絶対に指示しない。
おやじの怒り(3)
2010/06/13 22:10
 管内閣はこれまで長年指示してきた人たちの信頼を急速に失いつつある。これまで野党時代の民主党を何が何でも支えてきた民主党固定支持層を決定的に失ったと言える。固定的な民主党支持層20%以上を失った。マスコミが伝える管内閣支持60%の数字はマス
コミのでっち上げであり、マスコミの作為がある。鳩山から管に変わっただけでそのほかはほとんど変わらず、しかも小沢が作成したマニュフェストを殴り捨て、消費税をはじめとして増税に大きく踏み込んだ政策を掲げている内閣が国民に支持されるわけがないではないか。小泉時代に逆戻りしたような政治をやりたがっている内閣を国民は支持しないのだ。そんな事も分からない管内閣はマスコミの報道に惑わされてまさに脳死状態であると言える。管・前原・仙石・枝野・野田・玄葉グループは9月の決戦で敗北するしかないと言える。
おやじの怒り(4)
2010/06/13 22:25
青二才さん。
少し前、青二才さんのブログを拝見しまして、往き方を羨ましく思いました。
私は俗物に過ぎませんが、真の自立した国家を見てみたいと思っています。私たちは、「軍隊アリだ!と勇気を持て!」と、激励してくれている勇者に心から賛同します。
たかが一票ですが、されど貴重な軍隊アリの一票を行使してこそ叶えられる将来があるのですね。
私の興味は、一カ月後の結果に移りました。私たちは、アリに過ぎませんが、象(自公・官僚)を倒しました。今度の敵は、象もどき偽者の象です。皆さん迷われるでしょう。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/06/13 22:42
かんさん。
私も「かんさん」も、ずうと民主を応援し、昨年 勝利の美酒に酔いました。あれから、たった8ヶ月でこのような事態に陥るとは・・・民主内で争いがあっても「国民第一」は、決して外さないと確信していました。
でも、現実は可笑しなことになっている。なっているような気がします。恥ずかしながら想定の外でした。
「嫌な世の中になりました」と、嘆いた時から、光を見出した私たちの行動を、旧権力の横暴でなく、私たちが信じて応援した者共が右往左往しているのが残念でなりません。いやしくも負託を受けた以上、応える度量が要るのに・・・
かんさん。
今、私は菅民主を素直に応援する気には、なれません。でもきっと、真の新しい「思いやり政党」が生まれます。私たちの側にたつ情熱の議員が、立ち上がると信じています。それまで、共に頑張りましょう。
ありがとう!かんさん。酔語。
酔語
2010/06/13 23:20
おやじの怒りさん。
ありがとうございます。
お返事するのが礼儀ですが、明早朝出立しなければなりませんので、今晩はご容赦下さい。
改めて返答します。酔語。
酔語
2010/06/13 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/12 空模様と同じく菅政権も怪しい。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる