酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/4 「火曜日・鳩山さん腹案は?」

<<   作成日時 : 2010/05/04 19:00   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 3 / コメント 2

画像 腹案は何処へ行った?。


沖縄訪問中の鳩山首相は、仲井真知事や高嶺県議会議長と会談後 記者団に対し、「国外移設は不可能、県外への全面移設は困難。
沖縄の県民の皆様に 負担をお願いしなければならない思いできた。」と述べた。
理由は散々聞かされてきた抑止力の維持。

首相「沖縄にも徳之島にも」移転検討伝える
5月4日11時41分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100504-00000359-yom-pol

 鳩山首相は4日朝、就任後初めて沖縄県入りし、県庁で仲井真弘多(ひろかず)知事と会談した。

 首相は米軍普天間飛行場の移設について、「すべて県外に、というのは現実問題として難しい。沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければならないという思いで来た」と述べ、沖縄県内での移設を進めたいとの政府方針を正式に伝えた。

 仲井真知事は「県民の間では県外移設の実現を期待する声が高まっている」と述べ、県外移設の実現に政府が努力するよう求めた。

 政府は、日米が2006年に合意した同県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる現行計画を修正し、杭打ち桟橋方式で滑走路を建設する案と、ヘリコプター部隊を鹿児島県・徳之島に移転する案を組み合わせる政府案を固めている。

 首相は知事にはこうした方針を具体的に説明しなかったが、その後の高嶺善伸(ぜんしん)議長らとの会談で「沖縄にも徳之島にも率直に普天間の基地移設の協力を願えないかとの思いで来た」「埋め立て(方式)は極力、避けるべきだという議論が政府の中も出ている」と語り、現行計画の修正案と徳之島への移転を検討していると伝えた。

 首相は一連の会談後、県議会内で記者団に対し、「(知事には)『抑止力を維持する必要性から、国外、県外にすべての普天間の機能を移設するのは難しい』と言った。誠に申し訳ない思いで来た。具体的な地域は知事にはお話していない」と述べた。徳之島への移転については「近々、3町長にお目にかかる機会を頂いた。それをスタートにしたい」と述べた。


報道通りだと、沖縄、徳之島は一斉に反発するだろう。
連休明けの政局も大きく動く、いよいよと なれば社民党も重大な決意をするだろう。

政権が交代したことで、自公政治の闇が次々に明らかになっている。
その一つが米国に依存、隷属する鉄の鎖で繋がった政・官・財・マスコミによる、利権・既得権益死守の方便政治だった。
日本は、広島、長崎に原爆を落とされた唯一の被爆国です。国土も民心も疲弊しましたが、これで地獄絵巻が終焉したと言う希望に沸きました。

憲法には、主権在民、基本的人権、が高らかに謳われています。
人々は、戦前、戦中の忌まわしい過去から脱却し、民主主義を希求して焼け跡から 気力を振り絞って立ち上がったのです。

しかし、戦勝国米国は巧妙です。
資源の無い日本は、貿易立国として成功しましましたが、溜め込んだ巨額のマネーは、米国の要求(命じられるまま)米国債の購入に充てられ米国へ還流して行った。無論、イラク、アフガンへの戦費に流用されている。
今になって見るとそれも米国の政略だったのでしょう。

あれから数十年、日本に真の民主主義が定着したでしょうか。
最近の出来事を思い返しても、小泉政権は、確信犯的経済至上主義・弱肉強食主義を遂行し、格差を拡大させ 固定化した。郵政民営化こそ改革の本丸と嘯いて、庶民が蓄えた郵貯・簡保資金を外資に還流しようとしていた事も、今や 多くの人の知るところになった。

その、郵政だけの小泉を大喧伝。宣伝したのが、同じ穴のムジナ マスコミだった。今、人々は 「嗚呼!と 臍を噛んでいる」

だが、懲りないマスコミは、全く同じ手法で、米国礼賛、自民応援、民主誹謗を繰り返し人々を操作しようとしている。

日本の旧勢力は、戦勝国米国の狡猾な策略に嵌められたのか、脅されたのか、はたまた自ら隷従したのか・・・知りませんが、未だに呪縛から逃れられないようだ。

そして、米国は今尚、日本全土の基地を手放しません。
日米双方の人でなしには、余程美味しいご利益があるのだろう。

ご承知の通り、国土の0.6%に過ぎない沖縄に75%の地が集中しています。
冷戦が終わり東アジアの政情も大きく様変わりしました。にも拘わらずメディアは、十年一日が如き報道を繰り返している。メディアは、米国に揉み手をしなが媚びている太鼓持ち見たい。



さて、鳩山さん。
自公政権の総理大臣を見てきた私は、鳩山さんは稀有な総理だと思っています。

「最低でも県外、出来れば国外」 自ら吐いた言葉の重みを十分過ぎるくらい分かっていると思います。
懸命に考え、策を講じたと思います。

だが、報道のように前言を翻して 「、ごめんなさい」 では、ちと恥ずかしい、寂しい。
鳩山さん。稀有といっても唯、珍しい異色の政治家で終わって欲しくない。

私たちは、鳩山・小沢コンビに夢を託したのです。
沖縄では、自民党までが県内移設に反対したのです。
反米軍基地は、今や燎原の火の如く全国に拡がっています。
国民の総意なのですから、米国と堂々と対峙できる筈。

私たちが皆、覚醒しているのに動けないのは、鳩山民主も所詮、米国の呪縛に囚われた小さな人物・集団だと思われる。政治家=エリート=特権=お上と勘違いしているなら自公の政治家と同じだ。

火を点けたのは、鳩山さん、貴方と民主党です。
利害を操ってマッチポンプで、某かを得ようとするのは法度です。



でも、鳩山さんは、今までの官僚の操り人形や党内の異分子、よいしょ の取り巻きに左右される人物ではないと 思っています。未だ一縷の望みを抱いています。

何度も書いてきましたが、民を思いやらない統治者は必ず倒れる、倒されます。
鳩山さん。何をやってもメディアは貶します。しかし、時代は移ろいます。日米同盟が基礎だとしても、建物は時代に合わせて、互いの話し合いで改築すれば良い。それがイコールパートナーでしょう。

旧勢力が信奉する米国に堂々と対峙すれば、多くの人々は大喝采します。

鳩山さん。
腹案を表明して下さい。

米国隷従メディアの宣伝で、人々が疑心暗鬼になっています。
貴方の真意が達せられなくとも良い。
気持ちが伝われば人々も少しばかり納得するでしょう。

国民を信じよう!頑張って!

毎度、だらだら、ふらふら能書きを連ねました。
酔語の酔吟 ですのでご容赦を 願います。

                     ***

  甍の波と雲の波、
  重なる波の中空を、
  橘かをる朝風に、
  高く泳ぐや、鯉のぼり

連休も明日で終わり。
大型連休と正月、お盆の大移動は すっかり風物詩になりました。
テレビニュースを見ていますと、出発時の高揚した顔と、帰ってきた時の疲れた顔のコントラストが面白い。
でも、疲れは2、3日、思いでは一生。

明日は、端午の節句。
お父さん、お母さん。
連休の最後、もう一日、菖蒲湯で子どもたちの邪気を払い、ちまきで祝って上げて下さい。
画像 今日もありがとうございました。



 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鳩山政権 普天間問題でかなりヤバい領域に突入したみたい
 えーと・・、なにから書きましょうか。二日前の記事で鳩ポッポは、上書き保存タイプのお人でそんなに深謀遠慮のお人だろうかと書きましたが。やはり危惧した通りの事態でして。(T_T)落胆とイカリで、文章にな ...続きを見る
偏西風にのって
2010/05/04 19:12
沖縄訪問
日記 4May.&#39;10 - JI-document - Yahoo!ブログ 鳩山由紀夫の沖縄訪問、元々わかっていることだがこんな野蛮劇を恥じることなく演じてみせる感覚が全く理解できない、こういったことを話題にすることさえ無駄と思いながら書いている。一昔前さる要人が沖縄は不沈空母と発言し物議をかったが支那大陸(今 ...(続きを読む) 社労士と行政書士と保険代理店の独り言 忙しそうねポッポ鳩山 鳩山君水俣訪問で被害者団体からはまずまずの好評。 今日は沖縄訪問で誠意はあまり伝わらず。 結局断... ...続きを見る
ニュースで取り上げられた話題
2010/05/04 20:23
鳩山首相沖縄訪問〜針のムシロから帰ると、今度は蜂の巣。
 もう、今更、小生が書くこと無いわ。  沖縄を訪問して、火に油を注いで帰ってきた鳩山首相のことを、メディアが、ボロカス、糞味噌に非難して、すでに”蜂の巣”にされてるから・・・。 【 現実問題として難しい 】 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/05/05 15:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
危険きわまる基地周辺の毎日の生活。。これに対して5月3日の琉球新報は、「命の危機」は現実問題で、憲法前文で明記されている「平和的生存権」までに及ぶ問題だとの視点を打ち出してます。自公政権の「辺野古をしない」民主党を選んだのは県民ばかりでなく、本土国民もだった。党がどのように形成されるべきかの問題を含んでます。アメリカの東アジア戦略、軍事戦術に対してどのような考えな党であるのかの選択をした上で民主党を選べなかったと思います。国内の「ソフト的」政策にはいい政治をするのだから、鳩山政権は赦すとの認識は、本土の人も持てないでしょう。それは沖縄への差別ですから。また、半島の35度線と台湾の危機の緊要の事態を国民としても情勢判断をそのようにはしてません。総理の軍事同盟上での必要さにも納得できません。むしろ小泉政権の海外派遣でさえ疑問視してるのが今の国民です。
腹案はないと思います。県民や、基地設置周辺住民の納得が無い限り米国も移転先として了解しないことは表明済みです。現政権としては住民の説得を得られない旨粛々として米国に伝達するしかできないでしょう。
マスコミは約束違反をタタキます。その延長上で、僕としては米軍に変わるか、または合同しての自衛隊増強路線に導くことを懸念してます。
すでに、参議院選挙はともかく、米国の極東政治委は自民党の政権復活はありえないと判断してますし、日本国民の総意が日本の基地全体の撤去・縮小までステップアップすることを恐れていることだと思います。
なを自民時代の外交上の約束に「拘束」されざるを得ないのが外交との気持は感じます。
 
さとし君
2010/05/04 21:18
さとし君さん。おはようございます。

沖縄県民は、いかなる形でも県内は受け入れないでしょう。沖縄県民が求めているのは「新基地建設反対」です。今すぐ他の嘉手納などの返還、撤去を求めてはいません。抑止力云々を言うのであれば、極東最大の基地嘉手納、横須賀、佐世保、横田などの空、海軍で十分でしょう。県民は、世界一危険な普天間飛行場を撤去して欲しいと言っているのです。
鳩山さんは、一つの民意と言う便利な言葉でかわしてきましたが、国民の総意になった今、隘路に嵌まり込んでしまったのでしょう。
しかし、仮初にもアメリカは民主主義国家の代表と自負している国で人権第一を唱えている。

鳩山さんが腹を括れば道は開ける。今月末まで残された時間は僅かです。決着は無理ですが国民の総意を、日本国総理としてアメリカに表明して頂きたい。
それが、人間を大切にする、命を守る友愛政治でしょう。期待しています。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/05/05 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/4 「火曜日・鳩山さん腹案は?」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる