酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/30 「春がいっぱい」まで もう少し。

<<   作成日時 : 2010/04/30 19:31   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 春うらら
写真:信州写真館様から拝借。

鳩山最終案まで残り一カ月。
いよいよ「友愛」 「命」 「人間のための経済」「コンクリートから人へ」そして国民生活第一」を、高らかに謳いあげた鳩山首相の政治・外交力と胆力が試される時が刻一刻と迫ってきた。

沖縄県民はもとより全国民、米政府、アジア欧州など世界が注視している。
主権を有する県民の65年の長きに亘る切望と全国民の総意に応えるか、外交の継続と言う理屈で、先の政府が合意した案を少し弄って抑止力と言う方便で利権の産物を採るか、鳩山首相の力量が問われている。

国家と言うものは抽象的な存在だ。国破れても山河も 人々も消え去ることはない。
私たちは平等な社会福祉を為さんがため、国家の経営を為政者に負託しているのだ。
この国は予算に伴う法律の策定から執行まで お上が仕切ってきた。国家は彼らの掌にあって、国民のためではなかった。

やっと、兆しが見えた瞬間、旧勢力の凄まじい妨害・抵抗が始まり、一部?の人々が翻弄されている。
私は、鳩山さんが、自公の歴代総理や官僚のような厚顔無恥な人物とは思っていません。
自らの信条・友愛を貫いて欲しい。

鳩山さん。
大金持ちの世襲で地位も名誉も手にできた幸運にに感謝しているなら、道は一つしかありません。
たとえ、破れても、ちまちま自己保身に奔走している議員や、生活に追われている私の如き庶民と違って、悠々自適の余生が送れるのですから、日本国総理として堂々と米国と対峙すれば良いのです。
国民もやっと米国に物言える人物が出たと大歓迎する筈です。

「鳩山も所詮、自公の政治家と同じか」・・と、がっかりさせないように願います。

普天間移設政府案、現行計画地に杭打ち桟橋
4月30日14時32分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100430-00000656-yom-pol

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、与党幹部が米政府関係者に「政府案」として示した滑走路の設計案が30日、明らかになった。 同県名護市辺野古にある米軍キャンプ・シュワブの沿岸部を埋め立てる現行計画の場所とほぼ同じ位置に、「杭(くい)打ち桟橋(QIP)」方式を採用し、1800メートルの滑走路1本を建設する内容となっている。今後、技術面も含めた日米協議のたたき台となる見通しだ。

 鳩山政権は、「沖縄の負担軽減」などを名目に、日米両政府が2006年に合意した現行計画を白紙に戻して再検討を行ったが、同計画とほぼ同じ場所に滑走路を造る案が出ていることになる。社民党や沖縄だけでなく、各方面からの厳しい批判が予想される。 全文はこちら

鳩山首相“迷走していない”
4月30日 11時10分 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100430/t10014177631000.html

鳩山総理大臣は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について「沖縄県民やアメリカなどの考え方に基づいて政府案を作ろうとしているところであり、決して迷走しているわけではない」と述べました。

この中で鳩山総理大臣は、普天間基地の移設問題について、記者団が「国民から見ると、かなり混乱・迷走しているように見えるが、なぜ、こういう状況になっているのか」と質問したのに対し、「5月末までに移設先を決定すると言っているので、沖縄県民や、移設先になる可能性がある地域、アメリカなど、それぞれの考え方に基づいて政府案を今、作り上げていこうとしているところであって、決して迷走しているとか、そういう話ではない」と述べました。

そのうえで、鳩山総理大臣は「最終的に案が一つになれば、あとは国民の理解をいただく。それをこれから行っていきたいと考えている」と述べました。

                     ***

春いっぱい。

私は寒がりで冬は苦手です。
秋が深まるに従って春を恋焦がれ周りの顰蹙を買っています。
ただ、冬景色は好きです。
そんな私を からかうように冬になると、北国で所帯を持っている娘から、北国の生活の苦労と、併せて素晴らしい風景写真を寄こします。

連れ合いや倅どもは、夏には冬が良いと言い。冬になると夏よ来いとノタマッテいます。
私はチャランポランな人間ですが、
夏好きは一貫しています。家人から お前は夏男である。と,認証を得ている本物?の夏男です・笑

自然は裏切りませんが、人は時として平気で裏切ります。
特に、国家の運営を担う者は、生活で忙しい私たちの心の感激を突いて、可笑しな予算案を策定し、我が身と取り巻きに都合の良いように運んでいたりします。

注意しましょう。この夏、メデイアの怪しげな世論調査でなく、正真正銘の民意が表明されます。
真の民主主義を勝ち取ろう、と言う皆様の心意気を発揮して下さい。

☆ 普天間もそうですが、その前に春がいっぱいにならないと、夏を迎えられません。
春は万物が英気を養い大地も人も温まる季節です。そして、夏にかけて成長開花します。

今夏の参院選は、嫌らしい旧勢力による横槍で、熱い戦いになるでしょう。
敵はそれだけ追い詰められているから必死なのです。
私たちもそれに伍して否、それ以上の気概で迎え撃ちましょう。

                     

やっと待ちに待った春が来ました。この素晴らしい・・・良き季節を堪能しましょう。

*** 今日もありがとうございました。

- The Shadows - Spring is nearly here
 ザ・シャドウズ - 春がいつぱい


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アメリカくんだりでいつもの「小沢批判」 マエハラ・口先・セイジ
 マエハラ国交相は今までにもケナシてしてきましたが、まあ、本当にどうしようもない奴ですな。いつの間にか生意気にもアメリカを訪問しているようで、そこでもアホマスゴミの手のひらで転がされて、またもや下らん ...続きを見る
偏西風にのって
2010/04/30 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/30 「春がいっぱい」まで もう少し。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる