酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/21 「水曜雑記・しかし何ですねえ」

<<   作成日時 : 2010/04/21 19:52   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 4 / コメント 2

画像 やあ!舛添です。


ついこの間まで権勢を誇っていた自民党が凋落の一途を辿っている。
歴代の総理、派閥の領袖や財界、官界と鉄のトライアングルで利権を縦(ほしいまま)にしてきた連中は、あまりに早い時の変遷に驚き嘆いているだろう。

自民党は離党者が続出し櫛の歯が欠けたような有り様だ。
そして、また何人か抜けるらしい。

自民党内からも「オオカミ中年」と からかわれていた舛添が離党して 新党を立ち上げる準備をしているそうだ。もともと政治力も人望もない御仁なので谷垣下ろしは無理だと判断して、「オオカミ中年」と揶揄された自民党に居ずらくなったのだろう。

舛添は人気NO.1らしいので自信があるのだろう。
幸い舛添人気に便乗したい改革クラブや自民のハグレ鳥を確保できたそうな。


自民は与謝野を除名できない。理由は「たちあがれ」と打倒民主で一致しているからと言う。
「舛添新党」に乗る改革クラブは自民と統一会派を組んでいる。「みんなの党」は市場原理主義・自民清和会の別働隊。

自民本隊は、信用が がた落ち し自力での浮上は望めない。
ならばと、小集団を作らせ 其々の党がばら色の公約を掲げて有権者の目先を変えれば民主過半数を阻止できる?と言う目くらまし戦術かも知れない。

 しかし何ですねえ。

次々出てくる新党は どれもこれも清新さがない。
恃みは、民主憎さで歩調が合うマスメディアの応援のみという寒い現状だ。

舛添氏離党へ 週内の新党発足目指す
4月21日15時44分配信 産経新聞

 自民党の舛添要一前厚生労働相が週内の新党結成を目指し、離党の準備を進めていることが21日、わかった。自民党と改革クラブの参院議員が参加を決めており、すでに政党要件を満たすために必要な国会議員5人を確保。さらに数人の参加も見込まれ、10人前後で結党する見通しだ。

 参加を予定しているのは、舛添氏のほか、自民党の矢野哲朗前参院国対委員長、改革クラブの渡辺秀央代表、荒井広幸幹事長、山内俊夫氏の計5人。自民党には参加を検討している参院議員が複数いるという。一方、改革クラブに所属する大江康弘参院議員と中村喜四郎衆院議員は個々の事情により参加しない。

 舛添氏はこれまで、夏の参院選で自民党が勝利を収めるためには執行部の刷新が必要だと訴えてきた。しかし、谷垣禎一総裁は執行部刷新を否定。矢野氏らも鳩山政権の失態を攻撃できない参院幹部の交代を水面下で求めたが実現しなかった。

 一方で、自民党内で舛添氏の言動への批判が高まり、同氏はこれ以上党内で政治活動を続けるは困難になったと判断。渡辺氏らと協議した結果、参院で鳩山政権を倒す勢力の結集が必要と判断した。

 政策は、法人税減税や研究開発部門への投資促進による経済成長と、その後の社会保障体制の充実、教育などの構造改革を軸に調整している。

***

 しかし何ですねえ。

解れ始めた政官業 鉄のトライアングルが必死に抵抗し、以前の甘美な政治を取り戻すために 計略を巡らせるのは分かりますが、遣り方が古典的であくどい。

ここから私の独り言。

昨年私たちは、自らの意思で熟れ過ぎて腐臭のする果実を捨て、未熟だが上手に育てれば芳香を発する果実を もぎました。

あれから7ヶ月しか経っていません。
なのに、腐臭を撒き散らす腐った果実の方が良いと言うのですか。

私たちが誕生させた初めての大切な政権なのに・・・何で?
育てたいでしょう? 見守って下さい。今は見守り叱咤激励すのが一番です。
半世紀以上待ってやっと掴んだ希望ですよ。
たった7ヶ月で捨てて良いのですか?

当たり前ですが、幸は寝ていても天から降ってきません。
況してや、メディアの宣伝や御用達の連中の能書きが 幸を齎すなんてことは絶対にあり得ません。

一方、私たち」が誕生させた新政権は、予算を通し、子供手当てや高校無料化など、着々を実績を上げています。

政権発足時に7割だった支持率が半年後には3割を切ったとメデイアが連日喧伝しています。
マスメディアは、既得権益者の代表です。どうか乗せられないで下さい。
扇動に雷同すると元の木阿弥になりますよ。




石の上にも三年。
桃栗三年柿八年。

石だって三年暖めれば暖かくなります。
桃も栗も三年間、育まなければ果実を収穫できません。

7ヶ月前に誕生させ赤児を育児放棄して良いのでしょうか。
見守って下さい。みんなで育てましょう。

柿八年。
その頃までには、政権交代出来る二大政党、或いは二極が育っているでしょうが、今は民主連立を育てるべきです。八年後には、民主・自民やその他の新党も 合従連衡して政界地図も一変しているでしょう。

***

何やかんや 何時も能書きばかりで済みません。

とっぷり日が暮れましたが、仄かに青白んでいる西空を見ながら一杯遣ってます。
画像 今夜もありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「平成政治20年史」の著者、平野貞夫氏インタビューby岩上氏
3/30岩上安身氏により平野貞夫氏へのインタビューが行われ Ustream を通じてリアルタイム 中継された。 本のセンセのブログで早速纏めていただいていたので、転載します。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/04/21 20:29
党首討論って、野党に質問もしてもいいんですぜ
 第3回目の党首討論が行われました。テレビでちらっと見ましたが。離党者続出、崩壊寸前の自民党・借金苦の自転車操業タニガキ総裁は、普天間基地移設問題を中心にして、盛んに鳩ポッポ総理を追い詰めようとしてい ...続きを見る
偏西風にのって
2010/04/21 20:38
舛添新党開始!
親愛なる読者の皆様、記事を読む前にほんの数秒ほどください。 何卒、毎日の応援宜しくお願いします。 ...続きを見る
明るいネット生活を始めましょー
2010/04/22 00:01
多摩市長選の検証特集記事 朝日新聞全国版(二面)に
「みんなの党 急上昇」という大きな見出しとともに、「34歳新顔 想定外の健闘」の ...続きを見る
ひげログ人
2010/04/22 10:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
子ども手当が定着したら…

やはり良くなったという実感を持つでしょう。
普天間もそうですが、今までジミントーが何も解決しなかった、または悪くしたことを、誰も言わないことの方がおかしいんですよ。

1年前に比べてちっとも良くなってない。悪くなったくらいだ。
そういう人がいます。でも、それはコイズミから綿々と続く悪政と、仕上げの麻生の焦土作戦にやられたんでしょ?
普天間だって、十数年何ひとつ解決できず、完全に糞詰まり状態だったジミントー。よくぬけぬけと批判ができるもんですね。

先日、静岡大学のレポートのお話がコメントにありましたが、鳩山内閣や民主党の「ほんとうの支持率」ってどのくらいなんでしょうね。

新橋の飲み屋で飲んでいるオジサン方の中にも、日刊ゲンダイを読んでる人は、オピニオンリーダーになっているのではないか、と思っています。
なぜなら、夕刊フジの記事は論理が破たんしているので、この記事を受け売りする輩は、ゲンダイを読んで論理的に整合性のあるオジサンに、論争では論破されるはずです。(実際には、屁理屈のうまいやつが多いから、それは希望的観測ですけどね)

さて、子ども手当が定着し、高校無償化が実現したら、麻生の1回こっきりのばらまきではないから、けっこうありがたみはあると思います。
それでも、ばらまきと批判できるか。そこが勝負のような気がします。

本日飲んでないので、とりとめもない文章で失礼します。
かん
2010/04/22 00:59
かんさん。
参院選で民主が敗北することは無いと思っています。
負ける要素の一つは民主の跳ね上がりが団結して相当数が旧勢力の空手形に乗った場合だけでしょう。
彼らは確固たる信念や思想信条を持っていない政治屋ですので、民主の看板が無ければ失業する者どもです。

メディアの恣意的報道などに釣られる有権者は少ないでしょう。私たちは現を生きています。夢を振りまいて幻想に酔わせた偽装にみんな気付いてます。
かんさん。
心配には及びません。みんな正しい判断を下すでしょう。
ちょっと、かんさん指摘の答えになっていませんが・・・ご容赦下さい。
何時もありがとうございます。酔語。
酔語
2010/04/22 20:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/21 「水曜雑記・しかし何ですねえ」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる