酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/26(金) 完全無罪。

<<   作成日時 : 2010/03/26 20:08   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 4 / コメント 2

画像 青天白日



  ◇裁判長の菅家さんへの謝罪

 菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。

 このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。

 菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします。


<足利事件>「心晴れ完全無罪」 菅家さんうれし涙
3月26日11時54分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100326-00000033-mai-soci

 「心も晴れて、完全無罪です」。宇都宮地裁で言い渡された足利事件再審の無罪判決。閉廷後の菅家利和さん(63)は空を見上げ、支援者らの拍手に両腕を上げて応えた。

 同僚の結婚式に出るはずだった91年12月1日早朝、突然現れた刑事に同行を求められ、連れて行かれた足利署。13時間を超す過酷な取り調べの末、身に覚えのない罪を認めさせられて悔し涙が出た。18年余続いた苦しみの日々。菅家さんはついに冤罪(えんざい)を晴らした。【吉村周平、古賀三男、中村藍】

 ◇裁判官謝罪にうなずき

「菅家さん、証言台にお進みください」。佐藤正信裁判長にうながされ、菅家さんは2回頭を下げた。再審開始が決まった茨城・布川事件の桜井昌司さん(63)にプレゼントされた赤いネクタイを締め、リラックスした表情。

 佐藤裁判長は「菅家利和氏に対する本件事件の再審公判における判決を宣告いたします」と告げ、無罪を言い渡した。 その後、約40分間にわたって判決理由が読み上げられた。

 「自戒の意味を込めて謝罪させていただきます」。裁判官3人が起立し頭を下げると、菅家さんは大きくうなずき、閉廷後、傍聴席にいた桜井さんと抱き合って涙を流した。

 ◇釈放後も苦しみ増し

 この日、菅家さんは「支える会・栃木」代表の西巻糸子さん(60)の車で自宅を出た。足利市から地裁のある宇都宮市まで1時間40分、夜半まで降った冷たい雨は上がり、薄日がさし始めた。ほころんだ梅に目をやる菅家さん。「春だよね。やっとこの日が来たね」。西巻さんの言葉に深くうなずいた。

 昨年6月に釈放された菅家さんだが、再審公判で無罪が出るまでは「複雑なんです。半分被告、半分自由。本当に不安」と話していた。それでも「『真っ白な無罪判決』じゃなきゃ困る」と一貫して誤判原因の徹底究明を求めた。「私(の足利事件)で終わらせちゃだめなんです。冤罪(えんざい)を繰り返さないための判決をもらい、たすきを次につながないと」

 昨年12月に故郷の足利市に引っ越し、請われるまま全国の冤罪被害者支援集会や講演会に飛び回ってきた。メディアの取材にも積極的に応じている。「1人でいるより、忙しい方がいいんです」。

 自宅で1人、食事の準備をしている時などに抑えがたい感情が噴き出す。「おとといより昨日、昨日より今日。日に日に苦しみが増していく。刑事に追及される夢をみて、『あーっ』と叫ぶ声で目が覚める」。

 憎しみと悔しさから「自分を支えてくれる人にも、つらく当たってしまう」ことがある。後悔しても「この苦しみは冤罪被害者にしか分からないんです」とつぶやいた。

 子供のころ遊んだ鑁阿寺(ばんなじ)や同僚と散策した行道(ぎょうどう)山。早く帰りたかった故郷には、女児の遺体が見つかった渡良瀬川河川敷もある。田中橋を渡る時、嫌でも目に入る。「死体はどこに置いたんだ」。刑事にどなられ、身に覚えのない犯行を再現させられた忌まわしい記憶がよみがえる。だが、見たくもない河川敷を見てしまうのは「四つの子供が殺されて。かわいそうでしかたない」からだ。

 足利には逮捕後間もなく亡くなった父、服役中に亡くなった母の眠る墓もある。「自分はやっていないから、安心してほしい」。菅家さんは、無罪判決を少しでも早く両親に報告したいと話した。

 ◇裁判長の菅家さんへの謝罪

 菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり自由を奪う結果となりましたことを、この事件の公判審理を担当した裁判官として、誠に申し訳なく思います。このような取り返しのつかない事態を思うにつけ、二度とこのようなことを起こしてはならないという思いを強くしています。菅家さんの今後の人生に幸多きことを心よりお祈りし、この裁判に込められた菅家さんの思いを深く胸に刻んで、本件再審公判を終えることといたします。

【ことば】再審

 有罪確定者に無罪を言い渡すべき明らかな証拠を新たに発見した場合に、再度、裁判をやり直す制度。かつては真犯人が見つかった場合などに限られたが、75年の最高裁決定(白鳥決定)が「明らかな証拠」について「新証拠と他の全証拠を総合的に評価して、事実認定に合理的な疑いを生じさせれば足りる」と判断し、「疑わしい時は被告の利益に」という刑事裁判の鉄則は再審にも適用されることを示した。80年代に免田、財田川、松山、島田の4事件で死刑確定が再審無罪に覆って以降、重大事件で再審が行われることはなかったが、09年に足利、布川両事件で相次いで再審開始が確定した。

 ◇足利事件再審 判決公判までの主な経過

90・5・12 栃木県足利市で女児不明。渡良瀬川河川敷で翌日遺体発見

91・12・2 県警が菅家利和さんを逮捕

93・7・7 宇都宮地裁が無期懲役判決

96・5・9 東京高裁が控訴棄却

00・7・17 最高裁が上告棄却

02・12・25 宇都宮地裁に再審請求

08・2・13 宇都宮地裁が再審請求の棄却決定

 12・24 東京高裁がDNA再鑑定を決定

09・5・8 DNA再鑑定で「不一致」との結果判明

 6・4 菅家さん釈放される

   23 東京高裁が再審決定

 10・21 宇都宮地裁で再審初公判

 11・24 第2回公判。検察、弁護側双方のDNA再鑑定人が証言

 12・24 第3回公判。警察庁科学警察研究所所長が証言

10・1・21〜22  第4、5回公判。菅家さんを取り調べた際の録音テープ4本を再生。取り調べを担当した元検事が証言

 2・12 第6回公判。検察側が「真犯人でない菅家さんを起訴し申し訳ない」と謝罪。無罪論告し結審

 3・26 再審公判で無罪判決

                     ***

奪われた17年半。

菅谷さん。
無罪判決と裁判官の謝罪を聴いて感無量だったでしょう。
菅谷さんの無念の涙に暮れた歳月を思うと、「良かったですね」 心で呟くしかできない私ですが、「本当に良かったですね」

奪われた歳月は取り戻せませんが、奪われた空間に幸せのピースを一つ一つ埋めて行って下さい。
誰よりも幸せになってください。私の筆力では、ここまでが精一杯です。

 今、この国では検察とメディアが暴走しています。
両者が手を組めば、いとも簡単に人々を操作できるのが多くの人が分かってきました。

同じ犯罪でも彼らの利に適う者や.形式犯に過ぎない事案を無理やり疑獄事件にしようとしたり等、恣意的に濫用しているのも多くの人の知るところとなりなした。

現在、公判中の幾つかの事件も.検察がある目的を持って逮捕、起訴したことも明らかになりつつあります。
何故なら、検察のストーリーに沿って供述させた密室の自白調書が.公判で被疑者も証人も翻しているからです。
村木さんの裁判が典型です。
取調べした検事が調書を廃棄したと平然と述べている。

日頃証拠隠滅の恐れがあるなどと言って勾留し、密室に置いて被告の精神を乱して手柄にしたい者が、証拠になり得る調書を 我に利あらずと廃棄して開き直る。正しく 奢れる検察の面目が躍如している。

民主主義を名乗る日本なのに ちと恥ずかしい。
可笑しな国ですね。
まあ、有罪率99%の国なので司法が上手に裁いてくれると思っているのかもね。

菅谷さんは無念を晴らすことができましたが、氷山の一角でしょう、海面下には、言われなき罪で泣いている人が多くいる筈です。

                     ***

今朝は降ったり止んだりの愚図ついた天気でしたが、昼前には、菅谷さんを祝福するように青空が拡がりました。
菅谷さんは、お酒のほうは 如何なんでしょうか。
私は勝手に酒杯を上げさせて頂きます。

画像画像 菅谷さんと支援されてきた方々に 幸あれ。


           ☆ 今夜もありがとうございました。 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
総理会見のオープン化関連ドタバタ劇続編
岩上安見氏のツイートより編集。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/03/26 21:48
だから、ゴミウリごときに「愚弄してる」とか言われるのだ
 ゴミウリ新聞が本音では沖縄の事なんか、これっぽっちも忖度していないくせに、鳩山政権を攻撃する材料ならなんでも正義の味方のフリでもしまっせ、とばかり普天間基地移設の問題で政府のグダグダぶりを大喜びで叩 ...続きを見る
偏西風にのって
2010/03/26 21:51
【祝!無罪】警察、犬察、裁判所そして翼賛マスゴミどもは自らの責を今一度深く自戒せよ!【足利事件】
 一応、対外的にも国民の意識としても我が国は「先進国」扱いをされている。  だが、その内実は とても「先進国でござい」などと胸を張って言うことなどとても烏滸がましいことが多すぎる! その一例が世界的にも稀な「記者クラブ」という利権談合組織の存在である。  そして、 刑事司法の面においてもハッキリ言って日本は後進国 である!  それは、自白偏重主義、取調べが「可視化」されず弁護士も立会しない、別件逮捕の横行、代用監獄の存在、そして「推定無罪」の原則を全く無視した報道などから明らかである!  そして... ...続きを見る
ステイメンの雑記帖 
2010/03/27 01:06
足利事件、菅家さんの無罪が確定
菅家さんご本人にはお祝いと労いの言葉を送るしか思いつきません。本当によかったです。裁判官も謝罪の言葉を述べただけでなく3人揃って起立して頭を下げたそうですし。 ...続きを見る
ボヘミアンな京都住まい
2010/03/30 00:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
法治国家として司法、行政、立法の権力があるのは当たり前なことですが、権力を持つ裁判所(長)が謝ったことは僕の記憶にはありません。良かったです。でも、26日のTVでは、警察と検察にも謝って欲しいとの菅谷さんの話がありました。当然なことです。無罪は支援者の力でもあります。支援するお方に敬意を持ちます。
弁護士会をはじめ、冤罪のめにあったお方から、警察も含め日本法曹界全体に向け「疑わしい時は被告の利益に」の鉄則に還るべしの闘いの連続でした。取調べ官が「絶対落としてみせるぞ」で、たくさんの冤罪が生まれたことに対する闘いがゼロになる国にしたいです。
さとし君
2010/03/27 02:05
さとし君さん。
日本は一応、法治国家ですが逮捕されると、23日間は弁護士なしで密室で取り調べられます。脅しも含めてあの手この手で追い詰めます。被疑者は、もう如何にでもなれと、作られた調書にサインするしかなくなるのです。
連中は視野狭窄のマシーンですので、さっさと片付けて手柄を上げたいのしょう。
可視化は絶対に必要です。民主は何をもたもたしているのか。不思議でなりません。
政治主導を発揮して頂きたい。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2010/03/27 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/26(金) 完全無罪。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる