酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/24(水) 横道に逸れるブログの覚え書き。

<<   作成日時 : 2010/02/24 19:28   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 5 / コメント 0

画像 20℃。正に春でした。


 沖縄県議会は 「普天間飛行場 『県内移設反対』の意見書」 を全会一致で可決しました。

このところ閣僚や国民新党からベストでなくベターの選択もあり得ると言う発言が増えている。
これに対して、鳩山首相が 「ベターでなく、私どもはベストを探す」と閣僚や国民新党の発言を火消しに回ると言うドタバタを演じている。

鳩山首相の言うベストは、
沖縄の皆さんに理解され、米国にも分かってもらえて、与党3党それぞれが分かったと言えるような案を作ること」だそうです。

しかし本日の県議会で「県内移設反対」が、自民・公明も賛成し全会一致で可決したことで、沖縄県民は揺ぎ無い意思を改めて表明した。

当ブログの拙文で何度も書いてきましたので今日は書きませんが、鳩山さん、玉虫色や三方一両損では済まされませんよ。腹を据えて英断願います。

県議会、普天間意見書を可決 超党派で「国外・県外」要請
2010年2月24日 琉球新報

 県議会(高嶺善伸議長)は24日午前、本会議の冒頭で「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外への移設を求める意見書案」が与野党の超党派で議員提案され、全会一致で可決した。

  提案者を代表し渡嘉敷喜代子氏(社民・護憲)は「日米両政府が普天間飛行場を早期に閉鎖・返還するとともに、県内移設を断念し、国外・県外に移設するよう強く要請する」と表明した。

 普天間代替施設の県内建設を盛り込んだ1996年12月の日米特別行動委員会(SACO)最終報告以降、県議会では県内移設の是非をめぐり議会を二分した対立の構図が続いてきたが、初めて県内移設反対を県議会の総意として示した。

 あて先は首相、外務相、防衛相、沖縄担当相、官房長官。3月上旬にも県議会代表団が直接要請する。 【琉球新報電子版】


米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める意見書

 米軍普天間飛行場は、沖縄本島中部の市街地に位置し、その周辺には住宅や学校等が密集しており、万一事故等が発生した場合は、その被害は多くの周辺住民や各種施設に及ぶことが想定され、極めて危険性が高い場所となっている。

 特に、平成16年8月13日に発生した沖縄国際大学構内への米軍海兵隊所属CH53D大型輸送機ヘリコプターの墜落事故は、一歩間違えば大惨事を引き起こしかねないもので、「世界一危険な飛行場」の存在を改めて内外に証明した。

 このため、県民は同飛行場の返還を強く要求し、これを受け日米両政府は、平成8年の日米特別行動委員会(SACO)合意及び平成18年の在日米軍再編協議で同飛行場の全面返還を合意したところであるが、13年経過した今なお実現を見ることはなく、その危険性は放置されたままである。

 ところで、県民は、去る大戦の悲惨な教訓から基地のない平和で安全な沖縄を希求しており、SACO合意の「普天間飛行場移設条件つき返還」は新たな基地の県内移設にほかならない。

 県民の意思はこれまで行われた住民投票や県民大会、各種世論調査などで明確に示されており、移設先とされた名護市辺野古沿岸域は国の天然記念物で、国際保護獣のジュゴンをはじめとする希少生物をはぐくむ貴重な海域であり、また新たなサンゴ群落が見つかるなど世界にも類を見ない美しい海域であることが確認されている。

 また、宜野湾市民や県民は、最も危険な普天間飛行場を早期に全面返還し、政府の責任において跡地利用等課題解決を求めている。

 さらに、地元名護市長は、辺野古の海上及び陸上への基地建設に反対している。

 よって、本県議会は、県民の生命・財産・生活環境を守る立場から、日米両政府が普天間飛行場を早期に閉鎖・返還するとともに、県内移設を断念され、国外・県外に移設されるよう強く要請する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
                                     平成22年2月24日 沖縄県議会

内閣総理大臣
外務大臣
防衛大臣
沖縄及び北方対策担当大臣
内閣官房長官
                あて

                     ***

さて、彷徨える恍惚の爺さん。
今日もまた一人気勢を揚げて売れないピエロ芸を披露している。
ホテルで講演を聴いた人の反応は分からないが、この記事を読んだ人は全員失笑しているだろう。

脳内の血流は、「七奉行」を従えて政界を闊歩している勇姿で溢れ、我を仰ぎ見て畏怖する党員等の姿が瞼に焼き付いているのに違いない。更に爺さんを称える国民の声が鼓膜を震わせているだろう。

反小沢メディアの御用達になった「恍惚の爺さん」 と 「七奉行」。
見事に党を乗っ取れるか・・・乞う御期待。

「憎まれるのはオレ1人でいい」 民主の渡部氏が小沢氏批判を抑制
2月24日15時59分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100224-00000564-san-pol

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、都内のホテルで講演し、政治資金規正法違反罪で元秘書らが起訴された小沢一郎幹事長への不満を抱える中堅若手議員に対し、自制を呼び掛けていることを明らかにした。

 渡部氏は講演で、「『憎まれるのは俺一人でいい。君らが憎まれ口をいって意地悪されることもないから、参院選までにけじめをつけるから辛抱しろ』と(中堅若手を)抑えている」と説明。

 そのうえで、「今の民主党は大政翼賛会みたいだ。大政翼賛会の時は太平洋戦争になったが、今の民主党には渡部恒三がいる。参院選前に『さすがは』と言われるよう、ちゃんとけじめをつけて党を再生させる」と述べ、党としての自浄能力を発揮するよう働きかける考えを強調した。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題では「鳩山由紀夫首相がしっかりやっている。国民に約束したとおり解決するのは間違いない」と断言した。

                     ***

反小沢側はみんな幹事長を辞任しろと言う。
昨年、小沢氏はタイミングを見計らって辞任し民主を大勝に導いた。
反小沢議員等が小沢を辞めさせ選挙に専念させて二匹目のドジョウを狙っているのは分かる。

だが、メディアの辞めろ大合唱は小沢を辞任に追い込み、反小沢議員を懐柔して党内をかく乱し、アワヨクバ分裂させ、自民の復活を目論むための策謀なのが明白だ。

反小沢議員とメディアは小沢の議員辞職を望んでいた。
だが、一年掛けて重箱の隅を穿り回した検察は小沢は潔白だと認定した。検察の敗北はメディアの敗北であり、恍惚爺さんと七奉行の敗北だった。
だから、反小沢の議員等は自民とメディアに合わせてネチネチ呟くしかなくなった。
反民主議員は能弁家であるが政治家としては力量足らずで、官僚のようなテクノクラートでもない中途半端な連中だ。

連中は大きなジレンマに遭遇している。小沢を排撃しているが選挙には小沢の力が要る。
小沢を無役の平議員にする力が連中にあるか。現状の自民の体たらくを見て小沢無しでも勝てると算段しているのだろうが、世間はそんなに甘くない。

政治と金なら鳩山氏もメディア・自民の猛攻撃に晒されている。「平成の脱税王」とまで言われている。
鳩山さんは民意がNOなら潔く職を辞すると明言している。小沢氏が辞めたら自らも任命権者として辞するかも知れない。政界は激動する。反小沢議員等の陰謀も振り出しに戻る。

その火の粉はすべて国民に降りかかる。
恍惚爺さんの徘徊に構っている暇など国民にはない。
「七奉行」と呼ばれる議員さん。
詰まらない記事を提供するメディア御用達の恍惚爺さんに大した利用価値はない。
貴方方が連んで往来を闊歩するのを歓迎するほど世間は甘くない。
政権政党の一員として優先すべきことがあるでしょう?

 話があちこち飛んで済みませんでした。
昨日までお湯割りでしたが今日は水割りで良いくらいの暖かさです。

三寒四温、季節は春へ春へ移って往きます。
ここまでくればもう安心。後は私たちの生活にも春がきて欲しいと願うばかり・・・

画像 今日もありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おかしな人たち(笑)
 山口県の某プロテスタント教会の牧師から,私の教会の牧師へと連絡があり,私を「偽医者だと訴えてやる」という 「脅迫的なメールの猛爆撃」 で業務に支障が出ているとの話が出た(笑) 教会は 「聖なる場所」 なのだから,頭のおかしい人の妄想で汚染しないで欲しい.これ以上おかしなことをすれば,「日本基督教団」名にて訴えるかも知れませんよ.他のブログでも似たようなことを起こしていましたよね. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2010/02/24 19:50
小沢幹事長の西松事件の真相(漆間巌と大林宏が画策した茶番劇)
【日本の政治改革】小沢幹事長の西松事件の真相(漆間巌と大林宏が画策した茶番劇)【糾弾の趣旨と提言】 投稿者 純一 日時 2010 年 2 月 23 日 からの転載です。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/02/24 21:06
カット野菜は洗いますか? 洗いませんか?
毎日の食事には「野菜」はかかせません。でも、忙しい時には、野菜を「洗う」「切る」っていう時間がとってももったいなく感じることがあります(^^;;)朝もそう、仕事から帰ってきて短時間でご飯の用意をしなくちゃいけないなんて時に大活躍してくれるのが「カット野菜」なんです。私がよく利用しているカット野菜の袋にはこのように表示があります。「・・・新鮮な野菜を、きれいな水でよく洗いましたので、そのまま洗わずにお使いいただけます」カット野菜の魅力は、そのまますぐ使えることなので、あたりまえ... ...続きを見る
水のある生活
2010/02/25 11:16
東京地検もかなりヤバイ
 なにやら、近頃また「 政治と金 」なる言葉がゾンビのごとくマスコミの記事の中を徘徊しまくっている。なにやら2007年当時、つまり安倍内閣時代の自民党の恨みがさまよっているように見える。そう言えば、産経の安倍晋三のお仲間さんが今の官邸キャップだったなぁ〜。裏情報では、フジサンケイGの誰かさんが、産経の社長を交代させた方がいいか聞きにきたとか。 それはさておき、個人的には、「政治と金」の問題で、こんなにややこしいことをマスコミが垂れ流すのであれば、 「企業・団体献金をやめてしまえばいい」 と考える... ...続きを見る
雑感
2010/02/25 11:26
水源涵養(すいげんかんよう)活動で自然を再生
飲料水を販売しているメーカーが、神奈川県丹沢エリアの自然再生プロジェクトとして『水源涵養(かんよう)林』の整備活動を推進する協定を、自治体と締結したというニュースを目にしました。このメーカーでは、工場でくみ上げる地下水の水源を守る活動を、各地で実施しており今回の丹沢で10カ所目になるのだとか。『水源涵養林』とは、雨や雪などの降水を土壌に浸透・保水させ、河川へ水を供給する機能を持っている森林のことをいいます。そのため、水源涵養機能の高い森林というのは、「清浄で豊かな水」を作り出... ...続きを見る
水のある生活
2010/02/26 12:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2/24(水) 横道に逸れるブログの覚え書き。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる