酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/12(火) 分福茶釜。

<<   作成日時 : 2010/01/12 18:59   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 2 / コメント 2

画像 罪深い者たち


ちょっとこじ付けタイトルですが容赦下さい。 

+++

なんともマヌケな男が居たものだ。
売り出したいなら、せめて小沢氏の地元くらい頭に入れて貰いたいねぇ。www〜

辞職しろ」と小沢氏に詰め寄った男、取り押さえられる JR高崎駅
1月12日12時26分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100112-00000529-san-pol

 民主党の小沢一郎幹事長が12日午前11時40分ごろ、群馬県高崎市のJR高崎駅の改札口を通過した直後に、近くにいた若い男が「おらあ! 辞職しろ。山形帰れ!」などと叫び、2、3メートルの距離まで近寄ったが、群馬県警などの警察官に取り押さえられた。

 男は黒いジャンパー姿。小沢氏に動揺した様子はなかった。小沢氏は同日午後、高崎市内のホテルで今夏の参院選に比例区で出馬する公認候補予定者と会談し、記者会見するため高崎入りした。

 小沢氏の地元は山形県ではなく、岩手県(衆院岩手4区)。

      ***

小沢氏が群馬県に行ったのは夏の参院選に出馬予定者との会談のためですが、群馬・館林の茂林寺は、お伽話.狸の恩返しで.有名な「分福茶釜」を所蔵していることで知られています。(私は実際に拝観したことはありません)

「分福茶釜」文字通り、福を分け与える茶釜。

この嫌なニュースを載せたのは、少し危惧することがあるからです。
私たちは民主主義のルールに則って政権を代えましたが、敗残者は現実を受け入れられず、凄まじい反撃に出てきた。
今、日本は、民主主義を無視する者共が徒党を組んで、無理やり権力闘争を引き起こしています。とは言っても連中も先進国家として恥ずべき行為は露骨に出来ない。そこで、新政権転覆を目指して.プロパガンダを繰り広げ、国民を権力闘争に引っ張り込み、意識を変えさせるべく連日扇動しているのです。
成功すれば民意だと言い逃れができる。

最近の報道振りにそのことが良く表れている。、小沢氏を闇将軍、独裁者と断じ、未だ不確定なのに.然も不正資金であるが如く一方的に報じるなど、小沢バッシング一色に染まっている。

メデイアがスクラムを組んで、或る目的を遂げんがために扇動すれば必ず跳ね返りが出る。連中がこんなことまで意図していたとは思えないが・・・

テレビの政治ショー番組は殆ど見ない者で、日曜のサンデープロジェクトも見ませんでしたが、あるブログさんが、次のように記録されていました。

毎日新聞 特別編集委員の岸井氏が.司会者にリーク報道について聞かれた際、
「ロッキードも取材していたので検察リークに反論しますが、検察は情報をマスコミに直接話しません。まずこっちから検察に質問をぶつけるんです。その時の検察官の表情やニュアンスで判断するんです。そうでなければ記事には出来ません」

笑 検察官の表情やニュアンス=顔色で判断する。
ニュアンス:辞書には、言葉などの微妙な意味合い。また、言外に表された話し手の意図。とある。

例えば、私は所帯をを持って30年以上経ちますが、連れ合いの表情やニュアンスで、的確に判断できるまでには到っていません。(まあ、大体分かるようになりましたが)分かった積もりで誤判断しているかも知れない。

しかし、岸井氏には完全に判断できる能力が備わっているらしい。
何故なら、顔色での判断=絶対間違いない確証だと、堂々と公に記事にしているからだ。w

それこそ.如何に検察と親密であるか良く分かる発言だ。
しかし、検察官も大勢いる。的確に判断するにはどの検察官にも適用できるノーハウが要る。また、その技術が万人に適用可能なものなら、新聞記者には勿体無い。社会は人対人、あらゆる場面で活用できる。

検察官の顔色を読んでバッシング記事もどきにしないで、是非、質問の仕方、表情の読み方を公開して頂き、平和社会のコミュニケーション・ツールとして広めて頂きたい。

***

しかし、大手紙の編集委員様が、盾となって検察の庇うのも可笑しいが、一方で記者の能力の高さを言い募るのも、些か恥ずかしい言動だ。

生業は草の種。
記者クラブにいれば.超低コストで記事のネタを手に入れられる。
日本の各界は良くも悪くも横並び、抜け駆けは許されない。みんな一緒なのだから責任を問われることもない。

生業は草の種。
殆ど無料に等しいネタを巧く味付けして売り上げを競う。それが各社のセンスと言うらしい。
新聞は、半分以上を広告で埋めて月、4000年円弱の料金を徴収する。NHKは有料、民放は無料だがみんな同じ穴のムジナだ。

岸井編集委員は、思わず出てしまったのだろうが語るに落ちた。
今頃、臍を噛んでいるだろう。
噛んでいなければ、毎日新聞社の幹部が.とんだ食わせ者、厚顔なおっさんだったことになる。

***

毎度、申し上げていますが、小沢を貶める=民主弱体化、もしくは崩壊させて、どのような政体、国体がベストなのか提示しないでネガティブ報道を執拗に続けるのは、自民を復活させて既得権益を享受したいがためだと、断じられても仕様がない。自民が復活すれば、国民にどれほど幸せになれるか説明がない。
国民が最も知りたいことに蓋をして、己が利益だけのため扇動するのは止めて頂きたい。

 「分福茶釜」文字通り、福を分け与える茶釜。

昨年の総選挙は、多くの人々にとって、一期一会の機会だった。
私たちは獰猛な野獣(自公)を追い払って、民主(狸)を援けた。
民主は茶釜に変身して今日まで、福を分け与える準備を懸命にしてきました。
今国会から除々に成果がでます。ぼちぼち参りましょう。

***

「これくらい、いちいち言わなくても分かるでしょ!」
連れ添って33年。以心伝心なんて、私の脳内辞書にはありません。
家庭内の方針や揉め事の処理に対して、阿吽の呼吸で一致したことなどもありません。笑

ちょっと話が変わりますが、女性は男性より第六感の働きが優れているように思います。
やはり、女性は万物の源ですので、直観力(本質を見抜く力)で男より勝っているのでしょう。

五感でさえ不十分の私です。第六感が働く筈もありません。
で、何時も後ろ向いて舌をだしながら、白旗を揚げています。ww

私は風貌から、ゴリラやクマと.呼ばれたり、仕草からパンダやタヌキ.と.からかわれている悲しき人間です。
昨日は私の寝姿を見てカエルと言われました。笑 カエルの子のくせに……

今日もまた、取りとめののなく書き連ねてしまいました。
画像 ありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
週刊朝日・土地の購入資金4億円は奥さんの和子さんから借りたお金だった。(検察が言う「裏金」ではなかっ...
  当  ブ  ロ  グ  へ  の ...続きを見る
晴 天 と ら 日 和
2010/01/13 20:21
週刊朝日・土地の購入資金4億円は奥さんの和子さんから借りたお金だった。(検察が言う「裏金」ではなかっ...
  当  ブ  ロ  グ  へ  の ...続きを見る
晴 天 と ら 日 和
2010/01/13 20:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
館林市は、息子・娘の高校があり 文福茶釜の <茂林寺→もりんじと読む>のたぬきだけでなく、町中のそれこそ至るところに 巨大たぬきさんが、ド〜ンと、いるのです^^。(私が1番好きなのは、中心部の交差点にいる家族4匹が並んでいるやつ。)  ・・・・高校が、地元(住んでいる市)ではないので、進学するにあたり 町中のたぬきを初めて見たときは <恥ずかしかった・・・裸に近いから>。  暖かくなったら、茂林寺のたぬきさん、ブログに登場させますね ^^(変わったたぬきさん揃いなので、お楽しみに。)

酔語さんは、ゴリラ クマ系?なんですか??
・・・私が描いていた、イメージ。
超細身で、ちょっとナイスガイな感じ。
あとは、りょうかん様とか。
ゆり
2010/01/12 21:24
ゆりさん。
40年以上前は、すらっとしていました。笑
子供たちが、ゴリラ、クマと私を呼ぶのは、彼らと私のの小さな思い出に起因しています。でも、最近は言葉も行動も鈍くなり、うつ伏せで寝ていたりするとカエル見たいと言われたり・・・でも昔の面影を偲ぶよすがは残っています。笑
春の訪れはまだまだ先ですが、早く早くと待ち焦がれています。そして、茂林寺のたぬきさんの記事を楽しみにしています。

何時も応援して下さってありがとう。酔語。
酔語
2010/01/12 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/12(火) 分福茶釜。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる