酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/22 涙を拭いて…

<<   作成日時 : 2010/01/22 20:13   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 


私たちの日常は喜怒哀楽の連続です。
人々の心には、喜楽より哀や怒の方が深く刻まれます。
洒落ではありませんが、良くも悪くも どうにもならないのが人間の・・ なのです。

しかし、欲にも様々あります。
私たちの小さな欲を、踏み躙る強欲の亡者が跋扈しているのも現実です。

私たちの先人は、涙を拭いて……堪えてきたのです。

どうか皆さん。
今、日本で繰り広げられている、前近代的な茶番に目や心を奪われないで下さい。

****

梅は咲いたか桜はまだかいな〜

貫之と友則。従兄弟同士で共に、三十六歌仙の一人で優れた歌人です。
貫之は初めて男性による仮名で書いた「土佐日記」で有名な人ですが、百人一首に載っている二人の歌を詠みますと、仲良しの従兄弟同士でも作風が違います。で、私は、友則の方が好きです。

*人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける 紀貫之

*久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ 紀友則

貫之は、
少し前まで例年訪れていたのに、少しばかり無沙汰すると、人々は忘れたかのように連れない。
私を変わりなく歓待してくれるのは梅の花だけだ。

対する友則、
こんなに麗らかなのに、何故 散り急ぐのだ? 桜の潔さ と 儚さを詠んだ。
人生に重ね合わせたかどうかは分かりませんが・・

私の勝手な解釈ですが 目を閉じて思い描くと、可憐な梅に相対して懐かしみ嘆く貫之より、長閑な陽を浴びて風もないのに散り舞う桜花爛漫を描写した友則の姿が浮かぶ。ww

梅は咲いたか桜はまだかいな〜

各地から梅便りがぼちぼち届く季節になりましたが、桜はまだ遠い。
季節を分ける節分までが厳寒期ですが、翌4日の立春を過ぎても春はまだ名のみです。
寒がりでせっかちの私は、童謡 「春よ来い」の「みいちゃん」のように春を乞い願っています。

                     ***

さて、一見平穏そのものの日本社会ですが・・・少し引いて見てみますと不穏な空気が漂っているのが見て撮れます。耳を澄ませば神経を逆撫でする足音が忍び寄っているのが聞こえる筈です。

人間は可笑しな者でゴシップ大好きな動物です。近年、メデイアはゴシップ報道で売り上げを伸ばしてきた。
そして、お得意様としての,ゴシップ依存症の人を増やしてきた。

流言蜚語が然も真実であるように人々に植え付けられて行く、小さい嘘には騙されないが、大きい嘘には騙される。
今、連日、繰り広げられている報道が正しくそうである。

真摯に国の政治を憂いて変えた人々の思いを大疑獄事件にしようとする序曲なのだ。
連日、繰り返し々小さなゴシップを膨大に喧伝し、醜聞にして人々の脳裏に植え付ける。単純だが効き目がある作戦だ。だが、時間の制約がある…だから、連中は強引に出ざるを得ないかった。

急いては事を仕損ずる。
政官業+マスメディア。
業は自民離れが顕著、官も一枚岩ではなくなった。
政(自民)はご覧の通りの体たらく。

残るは、起訴独占権を持つ検察と一方的に大報道できるメディアしかない。
で、両者は小沢放逐、民主転覆で意図が合致し、ランデブーしているのだ。

 笑 
勝負はついています。
私たちが勝つ!

画像  今晩もありがとうございました。 

+青春の思い出。
今やひねた親父になりましたが、遠い時、私も純でした。www

 三好鉄生 涙をふいて

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!
 小沢一郎民主党幹事長の西松献金疑惑を発端とした、「小沢vs検察の戦い」がいよいよ佳境に。一連の戦いは検察の暴走なのか、それとも国家権力の亡霊なのか……。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/01/22 21:31
万里の河/チャゲ&飛鳥・ ♪どれだけ待てばいいのですか〜ああ、この国は〜
今日、例のアメリカのポチで滅茶苦茶にこの国を壊した「コネズミ」が京都で吼えたらしいね。 「秘書が三人も逮捕されるような議員はジミントーにはいなかった!」 「首相、幹事長がこんなザマだったら自民党はとっくに排除している」とかなんとか・・・。 ...続きを見る
緑と青のカッパ道
2010/01/23 18:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/22 涙を拭いて… 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる