酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/20(水) 川の流れのように…

<<   作成日時 : 2010/01/20 18:17   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 2 / コメント 2

画像 *レンギョウ 「希望」 「集中力」 


今日は 「大寒」 ですが17度、春の陽気でした。
だけどこの陽気も今日まで今晩から崩れ寒気が戻ってくるそうです。
体調管理にご留意して下さい。



国会が始まりました。
マスコミは「与野党激突」「鳩山・小沢問題徹底追及」と煽り立てて、国民の目を政策論争より然も重要であるかの如く大合唱している。

何度も同じ事を言って恐縮ですが、民主主義の手続きに則って誕生した正当な政権を、国民に選ばれたのではない官僚(検察)が、税金使って権力を恣意的に濫用して、私たちの望みを絶とうとしているのは許せない行為だ。また、マスコミが嬉々としてお先棒を担ぐでいるのも異様な光景だ。

その目的は唯一つ、天敵、目の上のたん瘤、小沢一郎を政界から追放することである。小沢を失脚させれば、民主は分裂瓦解し、国民に退けられた政権が復活し、我が世の春を謳歌できる。
実に奇妙きてれつ、身勝手・自己中で不遜な連中だ。

今、日本には、二つの権力がある。
選挙で誕生した正当な権力と、過渡期であるが故、権力を恣意的に濫用できる検察、紙と電波を独占している新聞屋とテレビ屋が既得権益死守を賭して勝手に作り出した権力である。

マスコミは、新政権誕生直後から、小沢氏を念頭に.二重権力だと誹謗してきた。が、検察が狼藉を働き出すと一緒になって世論操作を始めた。その頃から、政権は二重権力だ、と言わなくなった。否、現状が二重権力なので言えなくなったのだ。

 私たちはやっと、小泉時代からず〜と続いてきた嫌な時世にやっとピリオドを打った。やっと出た希望の芽を、利己主義者達が汚い泥靴で踏み躙っている。

こんな先進民主主義国家は日本しかないだろう。国民として恥ずかしい。

     ***

漱石は小説 「草枕」の冒頭で。

「山路を登りながら、こう考えた。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」

と.述べています。
私たちの一挙手一投足は、知性と感情と意志、三つの心の働きによります。
多くの人が揺られる川では様々ありますが、情けは人の為ならず。
川(社会)を往く者同士は互いに思いやりの心を共有していなければなりません。
互いに思いやる心で、思い切り棹を川底に突き立てれば、船は流れにのって軽やかに滑走します。
目指すは幸せの大海原。

昨年までヘドロが堆積して悪臭を放っていた川は、私たちが塞き止めました。
清流ですが.まだ.せせらぎです。大河になるまで相当な時間がかかりますが、小さな流れの今がチャンスと敗残兵がヘドロで埋めようとしている。負けたらアカン!

参院選挙に勝利すれば、ヘドロ軍は霧消します。
それまで頑張りましょう。

画像 「ひばりさん」の素晴らしい叙情歌をお聴き下さい。

 川の流れのように


*早く春にならないかなぁ・・
  今日もありがとうございました。
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クロスオーナーシップ禁止を法制化 やっぱり報じられない原口発言
人気blogランキング 新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明 2010/1/15 20:42 J-CASTニュース 「プレス(新聞)と放送が密接に結びついて言論を一色にしてしまえば、多様性や批判が生まれない」。原口一博総務相は2010年1月14日、新聞社が放送局を支配する「クロスオーナーシップ」を禁止する法律を制定したいという考えを明らかにした。 ...続きを見る
晴耕雨読
2010/01/20 19:17
小沢一郎と小澤一郎は違う
  いやはや、マスコミの報道をみていて「こいつら。本当に物事を理解をする能力があるのか」と思ってしまった。 先日11日にThe Journalのコメント欄に、自分はこうコメントをした。「経理の振替伝票に書けばすぐに納得ができる問題です。」 と。 その後 LedLineさんという方が、簿外操作ではないという事を二度にわかって書かれていた。 本当は、そんなにややこしい事をしなくてもわかるのは、小澤一郎と小沢一郎の違いである。 そんな中で阿修羅に「 小沢」と「小澤」にまつわる驚愕の新事実!」という記事... ...続きを見る
雑感
2010/01/20 21:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いま国民は 目と耳を奪われたじょうたいです。
ヘレンケラーさんには こころがありました。
国民は 誤認の判断をする事も当然です。
議員さんは 目と耳を戻すよう努力してほしい。
日本人にも こころがありますから信じてください。
富山の小石
2010/01/21 09:16
富山の小石さん。
何だか可笑しな世の中になりましたねぇ。
こんなに簡単に、目と耳を奪われる国民なのでしょうか?そんなことは絶対にない。と信じています。
私は場末の庶民ですが真偽を見抜く心眼があると勝手に思い込んでいる馬鹿です。w 
で、何時も馬鹿にされてきました。ww
照る日、雨の日、曇りの日。めげないで参りましょう。
お返事遅くなりました。
何時もありがとうございます。酔語。


酔語
2010/01/21 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/20(水) 川の流れのように… 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる