酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 12/11(金) 金曜の戯れ言

<<   作成日時 : 2009/12/11 18:30   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 3 / コメント 4

画像 一日.雨でした。


画像
当地は、雨でしたが気温は高めでした。
そんな、鬱陶しい気分を癒してくれたのが、冬のヒマワリの写真です。

季節はずれのヒマワリ大輪 富山の休耕田 原因分からず

画像
      青空の下、堂々と咲き誇るヒマワリ=富山県上市町旭町、久保田写す


 富山県上市町の休耕田で、季節はずれのヒマワリが10アールあまりにわたって黄色の大輪を広げている。

 土地を管理する土井純一さん(59)によると、一帯ではお盆明けまで咲いていたヒマワリを裁断し、土を耕してソバの種をまいていた。だが11月末、ヒマワリがいっせいに広がったという。

 開花の原因ははっきりしない。「年越し用にでも」と楽しみにしていたソバを収穫できなかった土井さんも「暖かい日が多かったからかな……」と首をひねっている。(久保田一道)

2009年12月11日5時25分 asahi.com 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/1209/TKY200912090188.html

冬の青空とヒマワリ、対比が素晴らしい。ヒマワリは太陽を追いかけると言われますので、ソバは収穫できなくて残念でしょうが、好き事の前触れですよ、きっと。

今年の漢字に「新」が選ばれました。
理由は新政権誕生が大きいのでしょう。新政権が誕生したのは、私たちがを置いたからです。

昨年は『変』
「変革」を訴えたオバマがアメリカの新政権を担い。挙句に何の実績もないのに.ノーベル平和賞まで贈られた。

その、戦時下の米軍最高指揮官が、受賞の記念演説で、アフガン戦争を正当化し、人道目的だ。平和維持のための手段だと、詭弁演説を堂々と打った。

対する鳩山新政権。
今、心無い既得権者達によって揺さぶられています。彼らのキャンペーンは目に余る執拗さです。普天間、予算では.いかにも連立が危ういと棒大に喧伝している。特に、普天間移設では、「同盟と連立、どちらが大事だ」と、アメリカの代理人が如き、二者択一の扇動記事で誤誘導する始末です。

アメリカと日本は国力に大きな差がありますが、アメリカはかつての輝きが雲っています。それでも強大なな軍事力を背景に、正義を振り回し世界の指導者面をしています。オバマも,エスタブリッシュメントの一員になって、力こそ正義の信奉者になったのでしょう。オバマは核無き世界と言う、遠い将来のチェンジを語ることで自身を正当化するしかないのでしょう。オバマにアメリカの歪んだ理屈の殻を破ることは期待出来ない。

鳩山さん。
オバマさんとは、政治家としての年功が違います。
今、アメリカ国民は、過日の熱狂から醒めて、オバマに失望感を抱いてます。
鳩山さん。オバマさんのようにならないで下さい。
しなやかな言動で、覇権国家アメリカと対峙して下さい。

日本には、柔能く.剛を制す、 と言う言葉があります。
力こそ正義だ、と、凝り固まっているアメリカを.肩の凝りを解すように、諄々と説いてやりましょう。


人々は..ヒマワリ(向日葵)のように太陽(新政権)の施策を見詰めています。前途は多難ですが、一歩一歩前進伸長し、に国民第一の政治を実現して下さい。

                     ***

画像 今日もありがとうございました。


 大空と大地の中で -松山千春-


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
質問: 政府ができることやるべきことの提言について
政府ができることとやるべきこと に関して質問です。 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/12/11 21:28
「永続的平和を追求し続ける」 オバマ大統領ノーベル平和賞授賞式
「核兵器なき世界」の目標などを掲げて国際外交を強化したことが評価され、ノーベル平 ...続きを見る
ひげログ人
2009/12/12 09:12
因縁の「兄弟ゲンカ」(笑) (^_^;)
 上記の写真は98年に管直人氏が出した岩波新書『大臣』の初版本である.前の古いスキャナで読み取った画像をさらに拡大したので,いささかぼけているのをお許し願いたい.(後日時間のある時にでも差し替えます) そして,岩波書店の Webページ によると,来週の18日にこの岩波新書の 「増補版」 が出るとの話である.このリンクにはこのような紹介文が載っている. ...続きを見る
Die Weblogtagesschau...
2009/12/12 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックをども.m(__)m
確かに冬場にヒマワリが芽生えるって面白いですね.
でも,これって私も実は経験があるんですよ.(^_^;)

子供の頃,ルリコシボタンインコという中型のインコを飼ってた時,繁殖期に発情させるためと産卵させるためにヒマワリの種を与えていたんです.(手乗りだけど噛まれると血が出るので軍手は必需品)

こいつらは亜熱帯から熱帯の出身だから,当然冬場は暖かい場所に置いてやる.普通は玄関でしたけど.すると,水入れの中に落ちたエサのヒマワリの種が芽を出したんです(笑) 窒息しないうちに拾って土に植えてやると,ぐんぐん成長するんですね.関東地方の10月の終わりの話.

ましてや,栽培用のヒマワリですし,たまたま種が自然に出芽したのなら,暖冬の日が続く今年なら十分に有り得ることだと思いますよ.(^_^;)

まぁ,外交に関しては中国の偉いさんとの話し合いが恐らく米軍基地移転に関してのカギになるんじゃ? 宮内庁はしぶとく反対していたらしいけど(笑)
kaetzchen
2009/12/11 20:12
kaetzchenさん。
子供の頃、ヒマワリの種は、他の果実のように,腹の足しになりませんでしたが、良く食べました。

突然であれ自然の悪戯であれ、変化に違いありません。
ヒマワリを希望の群集と見るか、唯一絶対の花と見るか、人其々です。
私は、自公を無用の長物だと思って民主に投票しました。
何れ結果は出るでしょう。
ありがとうございました。酔語。

酔語
2009/12/11 21:05
ヒマワリの種を脂として食べられたというと,かなりご年配の方と思われます.私の親父は無理がたたって後期高齢者になるやいなや,昨年亡くなりました.

唯一絶対の花,というと昔のSMAPの歌を思い出しますね.親父の話だと戦前の国民学校や旧制中学ではサクラの花は種類を問わず全て「桜」とされて違和感を生じたとのこと.ゴキブリとコオロギの区別がつかないような人のようなものかな.(^_^;)

# ちなみにゴキブリは3億年前から日本に住んでる最も古い昆虫なのですけど,なぜか日本昆虫学会は未だにムカシトンボにこだわっています.

保守王国の広島で民主が全勝したことはある意味革命でしょうね.あとは山口と山陰が問題ですけれど.
kaetzchen
2009/12/12 12:32
kaetzchenさん。
ヒマワリの種は食べましたが、戦後生まれで還暦を過ぎたばかりです。何しろ欠食児童でしたもので。

家に時折、ゴキブリが出て家人が騒動します。居付きのコオロギもいて、夏〜秋の夜は良い音色を奏でてくれます。
親父さんのご冥福をお祈りします。
ありがとうございました。酔語。
酔語
2009/12/12 13:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
12/11(金) 金曜の戯れ言 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる