酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/1(日) いよいよ予算委員会です。

<<   作成日時 : 2009/11/01 16:44   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 1

画像 いざ・衆院予算委


11月になりました。
今年も後2ヶ月、景気の先行きが不透明な中、唯一の明るい出来事は新政権が誕生したことです。

民主党は数々のフレーズを発信して民意を汲み取りました。
「国民生活第一」「コンクリートから人へ」「人間のための経済」「脱官僚依存」「友愛」等々、みな素晴らしい理念です。私たちは長期腐敗政権を打倒しました。
これらをスローガン倒れにさせないように常に監視し、時には批判しなければなりません。

しかし、私たちは新政権に希望を見出したのですから見守り育てることを忘れないで往きましょう。
少しの失敗で見放すと再び化け物政党が権力を握り、暴政に泣かされます。

まだ、歩き出したばかりです。長い目で見ましょう。

今年のと言うか長い歴史上でも国民による無血革命と言う素晴らしい出来事が起きたのに、メディアは否定的な記事を流し続けている。自民は対立する政党なので色々言うのは構わない。彼らは民主主義のルールに則って敗れた。自覚している筈だ。

しかし、メディアは何処の誰からも制約されず。批判にも一向に耳を傾けず.利を貪り権力然と振舞っている。メディアには民主主義と言う概念が欠落しているのだろうか・・・

ともあれ、
与野党は舞台を衆院予算委員会に移して本格論戦にはいります。
すっかり攻守ところを変えた両軍。

画像
画像 
王者・民主カブトムシに.自民ゴキブリが挑戦する第1戦。攻防が見物ですが、既に前哨戦が始まってます。

下の記事にありますが、
「政治主導」を掲げる鳩山政権の姿勢を逆手にとり、詳細な質問通告を拒否。「どんな質問も各閣僚に答えてもらう」と、場外で変化球を投げています。

予想通り自民は初戦に大物を投入してきました。大島、町村、加藤何れも曰く付きの古狸です。そして自民党の利権政治の体現者ですので、その口からどんな言動が飛び出すか…面白そうです。

普天間、郵政、八ッ場、JAL、雇用等々やマニフェスト実現に必要な財源の裏づけなども追求するだろう。
閣僚間の発言の食い違い、党(小沢氏)と政府の齟齬も突いてくる。

受けて立つ立つ王者も当然、予想される質問ですので、対策は練っているでしょう、
総理・閣僚は中継テレビの向うの国民がいることを忘れず、あまり気負わずに答弁願います。

<衆院予算委>自民、質問通告拒否 2日から本格論戦
11月1日12時30分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091101-00000013-mai-pol

 国会は2日からの衆院予算委員会で、与野党の本格論戦に入る。自民党は大島理森幹事長らが、鳩山由紀夫首相の献金偽装問題や民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)実現に必要な16.8兆円の財源の裏付けを徹底追及する構えだ。衆参代表質問での首相答弁は、公約実現への意気込みをアピールする一方で、具体論の先送りも目立った。首相が野党の質問をどうしのぐのか、今国会は最大の山場を迎える。

 衆院予算委は2、4、5日の3日間。自民党は初日に照準を合わせ、質問者に大島氏のほか、町村信孝元官房長官、加藤紘一元幹事長ら論客をそろえた。大島氏が総論、町村氏が外交・安保、加藤氏らは財政・金融と、担当を振り分けた。

 自民党の林芳正参院政審会長は31日の民放テレビで、「年末年始が大変という声が大きい」と語り、景気対策を取り上げる意向を示唆したものの、同党は「政治主導」を掲げる鳩山政権の姿勢を逆手にとり、詳細な質問通告を拒否。「どんな質問も各閣僚に答えてもらう」と政権を揺さぶっている。 【坂口裕彦】

                     ***

各地とも荒天で、気象庁は落雷や突風、大雨の恐れがあると注意を呼びかけています。皆様もご留意ください。
当地も昨日と打って変わって生憎の雨になりました。

予報では明後日には強い寒気が南下し冬型の気圧配置になり、北国や本州の山に雪が降るそうです。このまま冬へと行くのか2、3日後に戻るのか…寒暖が.くるくる変わると体が変調を来たしますし、インフルエンザも流行っています。体調の管理を十分なさってください。

画像 今日もありがとうございました。

今日は灯台記念日だそうです。
灯台記念日(とうだいきねんび)は日本の記念日の一つで、毎年11月1日。

日本最初の洋式灯台である観音埼灯台の起工日が、1868年(明治元)の新暦で11月1日<旧暦では8月30日>だったので、それにちなみ、1949年に海上保安庁により制定された。

*フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 灯台守 (唱歌)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八ッ場ダム報道における産経の記事
産経が4回にわたり【検証・八ツ場ダム】という記事を書いている。 この記事には、そもそも重大な欠陥がある。 それは、何かというと八ツ場の建設の基準をカスリーン台風をベースにしているのであるが、カスリーン台風時の八ツ場の建設予定地より上流の降雨量を記事の中では、一切示していないことにある。 つまり、カスリーン台風のときに 八ツ場建設予定地の上流にこれこれの量の雨が降って、その結果下流のどこどこの地点の水位がどれくらい上昇をして決壊をしたのでダムを作るのだ。という基本的なこと の数字が一切省かれている... ...続きを見る
雑感
2009/11/01 22:06
政権交代が起きた今しか基地の縮小はできない
 普天間基地の移設問題に絡んで些か北沢と岡田が暴走気味で、産経が煽りを入れて、周りのマスコミもつられて追いかけ記事を書く始末。 事の発端は、ゲーツと岡田の会談でのことである。佐藤優氏もその点を取り上げている。  大統領が変わっても留任した史上初の国防長官がこのゲーツである。この部分が、オバマ政権のアキレス腱とみるか、米共和党も大きく騒がないで半信任という部分であろうか。 ようは表に顔は見せないが、裏で国防省に純然たる事実をもって操っている輩が存在をしているということであろう。 10月20日の岡田... ...続きを見る
雑感
2009/11/02 18:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた根本の裏話がテレビニュースでも公表された、『八ツ場ダムが造られる吾妻川は、かつて「死の川」と呼ばれていた。上流の硫黄分によって水質が強い酸性に変わってしまうからだ。もともとダム建設には適さない川なのに、旧建設省は川に大量の石灰を流し込み、中和させることで、ダム建設を強行した。』と計画されること自体疑問なものに振り回されるバカさ加減。
普天間は迷走して結構なことだと思う、日米関係を憂慮するというコメントばかりだが、極東の要でもなぜここまで沢山の基地が沖縄にそもそも必要なのか、普天間を返還して辺野古は必要ないのでは、極東の一等地に基地をというのに大家の日本が家賃を負担して間借り人のロックの騒音に耐えなくてはいけないのか。政権交代のいまこそごねるチャンスでは。地位協定を対等に。
でももう官僚布陣に取り込まれ旧態小沢支配に先行き心配。ハトに仕切りは出来ないのでは?見ざる、聞かざる、言わざる!
知らぬが華
2009/11/02 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
11/1(日) いよいよ予算委員会です。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる