酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 日暮し雑記 笑いましょう。

<<   作成日時 : 2009/10/09 19:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 2 / コメント 2

画像 ☆ススキ


画像 くやしい・・・俺は知事だ!


大阪府民の圧倒的な信任を得ている…らしい…橋下知事。
就任来、橋下劇場の座長として大見得を切ってきました。
感情のコントロールが苦手な橋下知事によると、上司(つまり自分)への態度に問題がある職員は100人ほどいると言う。大阪府は数万人の職員がいるそうだ。100人ぐらいいても全然不思議じゃない。

意見・批判.歓迎だったが「愚痴はご自身のブログで・・」と言われて脳神経回路がショートして火が吹いた。
「上司対する物言いではない。非常識だ!」 「言いたいこと(つまり文句)があるなら知事室へ来い」と言う橋下知事に対して、「知事室にお呼びとあらば、公務をどけてでもお邪魔いたします」と応戦した。

当事者(橋下氏)でない者が当事者の怒りをあれこれ詮索するのは宜しくない。ですが、野次馬としては無料で橋下芝居が見られるので面白い。失礼かも知れませんが、井戸端の恰好のネタになるでしょう。

橋下府知事ブチ切れた!不遜メール職員に処分
10月9日8時0分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000054-sph-soci

 大阪府の橋下徹知事(40)が、職員の批判メールが非常識だとしてブチ切れた。知事が1日夜、府幹部の議会答弁を問題視した内容のメールを全職員に送信。

 これに、40歳代女性職員が「愚痴はご自身のブログ等で行ってください(原文のまま)」とのメールを返信し、知事と職員の間で応酬に。知事は8日、「トップへの物言いとして逸脱している」として、府は同日付で職員を厳重注意した。メールの内容が原因で職員が厳重注意されたのは初めて。

 職員に対してメールアドレスを公開し、批判も含めて様々な意見を歓迎してきた橋下知事が、歯に衣(きぬ)着せぬ職員の批判メールに大激怒した。

 府によると、1日夜、知事が全職員にメール送信。和歌山市の紀ノ川大堰からの利水撤退で府の負担が約380億円に上ったことへの府幹部の議会答弁に、謝罪の気持ちがこもっていなかったと問題視した。「民間の普通の会社なら、組織あげて真っ青ですよ!!」などと税金投入に敏感になるべきと指摘する文面だった。

 これに対し、保健所勤務の40歳代女性職員が2日に「このメール配信の意味がわかりません。愚痴はご自身のブログ等で行ってください。メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしていることを自覚してください」と返信。“そんなメール、読むヒマはない”といわんばかりの内容だ。

 さらに「何があっても給料が保障される組織は恐ろしいです…」とした知事の文面にも「こんな感覚を持つ人が知事であることの方が私は恐ろしい…」と反発した。

 これに、知事は敏感に反応。同日夜、同職員に「上司に対する物言いを考えること」「その非常識さを改めること」と注意し「言い分があるのであれば、知事室に来るように」と返信した。すると、5日に職員から「知事室にお呼びとあらば、公務をどけてでもお邪魔いたします」と“応戦”する再返信があった。

 怒りの火に油を注がれた知事は、処分を検討するよう人事担当者に指示。不適切メールを送ったことが府職員として自覚に欠け、服務規律に違反するとして、職員と所属長が厳重注意処分を受けた。職員は深く反省しているという。

 会見で橋下知事は、トップへの態度に問題のある職員が「100人ぐらいはいる」と指摘。知事を「お前」呼ばわりする職員がいるとして「『お前』はダメでしょ」と不満をあらわにし「組織としての体をなしていない」とダメ出しした。

 一方で「物言いが逸脱している」とする今回の措置は処分基準が明確でなく、関係者から「自由に意見ができなくなる」との声も出ており、今後、府庁にぎくしゃくムードが漂いそうだ。

                     ***

このところのニュースを見ていますと現日本の世相が良く分かります。テレビ番組や他のメディアが報じる記事は世相の反映でしょうから.人々の心を映していると言えます。

本当に笑える出来事、微笑ましい出来事が少なくなった。
以前は淡々とアナウンサーが読み上げる記事でも微笑ましさや感動が伝わってきました。
最近は、小さなニュースをオーバーに表現し感動を押し付けている番組があったり、凶悪事件はBGM付きでおどろおどろしく語り余計な不安を増幅させている、ように見受けられる番組もあって残念な気がします。

また、最近お笑い番組と言うのがあるのでしょうか…本当に笑える番組があるのでしょうか。
あまりテレビを見ませんので、間違っていたら誤ります。如何でしょうか。

本当に笑いをくれる番組。
喜怒哀楽は人生に付き物です。何れも押し付けられるものではありません。

特に心から笑えるものに出会えば、精神的に良いのは当然ですが、身体的にも新陳代謝が促進され健康に良く、長生きできると言われています。最近のテレビ番組はどうですか…笑え笑えと強制していませんか。そうでないいことを願っています。

勿論、笑いは個々でかなり違います。
私なぞは捻くれ者ですので、笑いを押し付けられると苦痛を感じてしまいます。逆に上の記事のように笑える記事ではないのに笑ってしまったりしてしまいます。

橋下氏に戻れば、この人は府民の圧倒的な支持を力の源泉にしている。それは良いのだが、彼の言動を見ると、本人自身の政治家としての資質に難がある気がする。
橋下・支持者連合 vs 反橋下(役人・議員)連合をメディア戦略で優位に立とうとしているのでしょう。
だが、人気は移ろいやすいものです。橋下連合の一角、支持者が離れると地金がでて野望は崩れ去るでしょう。

パフォーマンスを駆使、メディアを引き入れて庶民を味方にした小泉氏は体よく逃げた。都民の圧倒的な支持で首都に君臨している石原氏も化けの皮が剥がれた。

両人は高齢でこれ以上野望の上積みは、多く望めないが橋下氏は若い。
未だ己が野望の緒に就いたばかりだ。機を見るに敏、利に敏い橋下知事。
知事の大先輩石原亡者を反面教師にして、スマートに野望の道を歩まれんことを・・・・。ww

***

台風一過の青空が広がると期待していましたが、晴れたり曇ったりの煮え切らない一日でした。
上のススキの写真は借り物ですが、近所のススキも季節に ぴたっと はまって秋らしい風情を醸しだしていました。

 *をりとりて はらりとおもき すすきかな 飯田蛇笏

風まかせに軽やかに揺れるススキ、手折って見ると思いがけず重い。
万物みな掛け替えがない。見ているだけでは分からない。触れて見て初めて、その命の重さを実感できる。

陽が落ちて ひんやり してきました。
やはり秋なんですねぇ。
夏男もいよいよ寒さに対しての心構えをせざるを得なくなりました。

画像 今日もありがとうございました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
なんで、オバマ ノーベル平和賞
ブログのネタ探しに、ネットのニュースを探していたら、オバマ ノーベル平和賞の見出 ...続きを見る
ひげログ人
2009/10/09 20:44
ノーベル平和賞
  バラク・オバマ氏に、ノーベル平和賞を授与   とのニュースが流れてきた。 いろいろな意見もあるだろうが、ここは素直に評価をしたい。  中東和平交渉は、今朝も米特使が交渉再開へ現地入りをしたというニュースが流れ、核兵器廃絶に関しては、4月5日のプラハ演説が評価をされたものだろうと思う。 しかし、そうなると佐藤栄作のノーベル平和賞に対し、疑問が湧くのも否めない。 1974年に佐藤栄作がノーベル平和賞を受賞理由が「非核三原則」であったことにある。同時に彼・佐藤は、アメリカのベトナムへの「北爆」を支... ...続きを見る
雑感
2009/10/09 21:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
油断大敵、風邪注意です^^。
ゆり
2009/10/09 19:46
ゆりさん。

お気遣いありがとうございます。
台風は去りました。そちらの天気はいかがですか。
季節は一気に秋へ冬へ往きます。
ゆりさんも気を付けて下さいね。
いつもありがとうございます。
何時も楽しく読ませて頂いています。

ありがとう。今後もよろしくお願いします。
酔語。
酔語
2009/10/09 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
日暮し雑記 笑いましょう。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる