酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日暮し雑記」 10/7 雑草の 雑想。

<<   作成日時 : 2009/10/07 18:40   >>

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 風雨が強くなりました。警戒して下さい。



多くの人々の希望を乗せた鳩山連立丸、船出して3週間経ちました。
鵜の目鷹の目で粗探しに躍起な反民主勢力尻目に、激動の選挙戦を戦った船長以下、乗組員は志気高く前進しています。

私たちは鳩山連立丸と共に船出した。
しかし世は一様ではありません。そっぽを向いて岸壁から石を投げているのがいる。
その代表が日本一否、世界一嫌われ者、恥知らずのマスメディア(全部ではない)です。

民主主義の要、選挙によって成立した現実を直視できない。往生際の悪い連中です。
毎日々あっちの大臣、こっちの大臣の言動を捉えていちゃもんを喧伝している。国民主導(主権)を願う人々と応えるべく頑張っている政権に細やかなエールすら送れない.さもしい連中だ。

未だ3週間なのです。
自公政権の旧弊・悪弊を取り除くにはかなりの時間がかかる。

緊急経済対策と称して組んだべら棒な補正から2兆5000億を削減した。そもそも選挙用にばら撒いた自公の付けを清算しようとしているだけだ。褒められこそすれ批判される筋合いはない。

国債発行避けられないと批判しているが、税収と同じ或いは上回る国債の発行は、やがて増税で民を苦しめる。極力慎重であるべきと、言っているだけだ。
日本の予算は税収と国債で成り立っている。経済動向と睨めっこだが、新政権になったら即、国債発行ゼロと言う訳にはいかない。
第一、この税収見込みは前政権が立てたものだ。連中はかなりお手盛りなので見込みも怪しい。自公なら色んな理由を付けて躊躇せず発行するだろう。

繰り返します。

未だ3週間なのです。
自公政権の旧弊・悪弊を取り除くにはかなりの時間がかかります。

                     ***

さて、前政権には口の悪い者や軽い者が多かった。
原爆しょうがないや女性蔑視、民を睥睨して嘯く者。人生いろいろ、公約など守らなくても良いと言い放ってマスコミが快哉した者まで…中には舌禍事件となって更迭や辞任を余儀なくされた者もいる。みな、自公は不滅だと驕っていた。

そこへいくと民主議員は紳士だ。
新政権の政務三役の言葉は好感がもてる。

画像 そんな中、一人気を吐いているのが亀井大臣である。

鋭い舌鋒は小気味良いが、過ぎないように…願います。

親族間の殺人、亀井金融相「大企業に責任」 発言が波紋
2009年10月7日7時1分 asahi.com 朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/update/1007/TKY200910060446.html

 亀井静香金融相が、親族間の殺人事件と大企業の経営姿勢を結びつけるような発言をし、波紋を呼んでいる。鳩山由紀夫首相は6日、「言葉が過ぎたのかもしれない」とくぎを刺した。亀井氏は日本銀行の金融支援策の打ち切り議論に絡んでも「時々日銀は寝言みたいなことを言う」と述べており、その発言が政権内でも問題視されている。

 亀井氏は5日、内外ニュースの講演会で、日本経団連の御手洗冨士夫会長と以前会った際に、労働者を大切にする日本的な経営を捨てたとして大企業を批判したことを紹介した。「ため込んだ内部留保をそのままにしといて、リストラをやっている。人間を人間扱いしないで、自分たちが利益を得る道具として扱っている」と指摘。立件された国内の殺人事件の約半分が、親子や兄弟、夫婦といった親族間で起きていることを引き合いに、経営者側に「責任がある」とした。

 亀井氏は6日の閣議後会見で真意を聞かれた際も、「改革と称する極端な市場原理、市場主義が始まって以来、家族の崩壊、家族間の殺し合いが増えてきた。そういう風潮をつくったという意味で、(経団連に)責任がある」と発言を撤回しなかった。

 これに対し、経団連の御手洗会長は6日、首相官邸で鳩山首相と会談後に記者団に、「私たちは日本的経営を捨てたつもりはない」と反論した。経団連によると、御手洗会長らは3月、当時国民新党の代表代行だった亀井氏らと懇談した。その席では、経営姿勢への批判はあったが、親族間の殺人が増えたという発言はなかったとしている。

中略

大企業の経営姿勢を巡る亀井氏の発言は次の通り。

 「(大企業は)従業員を正社員からパートや派遣労働に切り替え、安く使えればいいということをやってきた。人間を、自分たちが利益を得るための道具としか考えないような風潮があり、社会の風潮もそうなる。

 人間関係がばらばらになり、家族という助け合いの核も崩壊していっちゃう。改革と称する極端な市場原理、市場主義が始まって以来、家族の崩壊、家族間の殺し合いが増えてきた。

 そういう風潮をつくったという意味で、(経団連に)責任があると言った」(6日、閣議後の記者会見で) 記事全文はこちら

+++++++

当初、マスコミは連立の不協和を喧伝したかった。産業界と足並みを揃えたかったが巧く行かなかったようだ。その所為か批判も先細りしてきた。マスコミが如何に非難してもバッシングの嵐を呼べそうにない。

何故か?理由はある。
自民の先生方は上から目線で庶民の心を逆撫でして反感を買ったが、亀井氏は国民目線、ある意味、国民の声を代弁しているからだ。

民主連立さん。
マスコミに耳を貸すことはない。国民の多くがマスコミの記事は話半分と思っているから・・。

政権が船出して3週間、補正予算の清算にけりを付けて早く本予算に取り組んで欲しい。
無論、12月を控えていますので万全の対策を取って下さい。

画像 もう一人思い上がった捻くれ者が東京にいます。


此奴(敢えてこう呼ばせてもらいます)こそ、絵に描いたような自惚れ屋のとんでもない親父です。
今まで散々書かせてもらいましたので、今更言いませんが、一言だけ。

オリンピックはスポーツの祭典である。 
参加する選手はスポーツマンシップを大切に競います。
(主催者が形骸化しているにしても…)
精神は大切にしなければならない。勝敗がすべてではない。
勝者を素直に称える度量が要る、と言うか当たり前のことだ。敗者もまた健闘を称えられる。

石原のいじましい所業は道断、非難されて然るべきだ。
こんな輩が威を張って世間を跋扈しているのが残念でならない。

石原知事発言「裏取引」にリオ招致委、非難の声明
2009年10月6日20時41分 asahi.com 朝日新聞
http://www.asahi.com/sports/update/1006/TKY200910060292.html

 16年の夏季五輪開催地に選ばれたブラジル・リオデジャネイロの招致委員会は5日、東京都の石原慎太郎知事が、ライバル都市のイメージを損なう論評を禁じた国際オリンピック委員会(IOC)の規則に抵触する発言をしたと非難する声明を出した。IOCに正式に抗議するという。

 リオの招致委は朝日新聞の取材に、「4日の記者会見で『裏取引』があったかのように言及した部分だ」と説明した。

 石原知事は4日の会見で、「例えば、ブラジルの大統領が来てですね、聞くところ、かなり思いきった約束をアフリカの(IOC委員の)諸君としたようです。それからサルコジ(仏大統領)がブラジルに行って『フランスの戦闘機を買ってくれるなら(五輪招致で)ブラジルを支持する』とか」などと発言。開催地選考に関しても「目に見えない非常に政治的な動きがあります」と話していた。

 リオの声明について、都幹部は「人づての情報を確認せずに口にした知事は、やや軽率だったかもしれない」と声を落とした。別の幹部は「東京は20年五輪に再挑戦するかもしれない。IOCの心証を損ねないよう、誠実に対応しないといけない」と話した。

 IOCは、開催候補都市に向けた行動規範で「ライバル都市のイメージを損なう恐れのある論評を慎まなければならない」としている。(平山亜理=リオデジャネイロ、岡雄一郎)

                     ***

台風が来ています。
雨が大粒になってきました。
風はさほどではありませんが、だんだんと押し寄せてきているのを肌が感じています。
家の前の自転車、鉢物など皆フェンスに縛りました。

皆さんも警戒して下さい。
画像 今日もありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
亀井先生........好いですね(笑)
 何かと 「お騒がせ」 ととられている亀井静香郵政・金融担当相なのだが、 しっかり頑張っています。 新聞・テレビ、ましてや同人誌の産経では載らないだろうし、放映もされない話なのだが、 亀井静香郵政・金融担当相が、記者クラブに対して会見開放を呼びかけたというもの。 ところが、 記者クラブ側の方は「オープン化をしない」 と断ったらしい。 そこで、亀井先生が考えたのが、 大臣室で自ら雑誌や夕刊紙の記者を集めてもうひとつの記者会見を開いてしまった という、亀井先生 らしいお話 です。   9月18日に岡... ...続きを見る
雑感
2009/10/07 19:28
石原の不適切発言
  「10年後の東京」 というお題目を掲げた石原だが、この計画は2006年12月に 主要な施策をまとめた冊子 がHPに載せられた。 2006年の10年後、つまり2016年の東京オリンピック招致を前提にこの計画が進められたことがわかる。 前々から言われていた、東京都の約1兆円の不良資産であるが、オリンピックのドサクサに紛れて処分をしてしまおうという話は前からあった。 その一部として、国営漫画喫茶の話もあり、石原の息子である石原のぶてるが、「 う ちのくそオヤジが、処分をしたくてあの土地を云々 」と... ...続きを見る
雑感
2009/10/07 19:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日暮し雑記」 10/7 雑草の 雑想。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる