酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/26(月) 友愛宣言。

<<   作成日時 : 2009/10/26 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 2 / コメント 3

画像 友愛を実らせましょう。
 

 ☆友愛宣言

鳩山政権の本格的スタートとなる、臨時国会が開会しました。会期は11月30日まで36日間。
鳩山総理の所信表明演説は今までの自民党の総理と全く異なり格調高い趣ある演説でした。

これまでの総理の演説は、省庁(役人)が書いた政策を並べた味気ないものでした。最高権力者として真に国民に語り掛け、共に歩もうと言う意欲が感ぜられなかった。

鳩山総理は演説で高らかに友愛を謳い宣言しました。演説は鳩山政治が掲げる政策のすべてに、友愛が貫かれていました。
互いに認め合い、助け合う社会。政治は弱者・少数の人々の視点が尊重されなければならない。社会の絆を再生させ「新しい公共を創ろう」と呼びかけました。

偏った経済合理性や経済至上主義の行き過ぎを止め、雇用等々のセーフティーネットを整備・充実させ国民生活を豊かにする「人間のための経済へ転換」する。と、今までと全く違う考えを主張しました。

まだまだ沢山ありますが、鳩山演説は新政権の政治が目指すべき社会・国民と共に歩もう!、という志に溢れていました。

鳩山総理は演説の最後を 「政権交代は 「無血の『平成維新』です」 「国民生活第一」 「コンクリートから人へ」が私の理念であり鳩山政権の目指す国、と述べ、「友愛政治」実現への決意を表明して締め括りました。

<臨時国会>鳩山首相、所信表明 演説の要旨
10月26日14時9分配信 毎日新聞

 第173臨時国会が26日、召集された。鳩山由紀夫首相の所信表明演説の要旨は次の通り。

<はじめに>

 「今の日本の政治を何とかしてくれないと困る」という国民の声が政権交代をもたらした。総選挙の勝利者は国民一人ひとりだ。国民の強い意思と熱い期待に応えるべく、国政の変革に取り組む。政治と行政に対する国民の信頼を回復するため、行政の無駄や因習を改め、政治家が率先して汗をかくことが重要だ。官僚依存の仕組みを排し、政治主導・国民主導の新しい政治へと180度転換する。

 まず行うべきは「戦後行政の大掃除」だ。「組織や事業の大掃除」として、行政刷新会議で政府のすべての予算や事務・事業、規制のあり方を見直す。税金の無駄遣いを徹底して排除し、行政内部の密約や省庁間の覚書も明らかにする。地域主権型の法制度へと抜本的に変え、国家公務員の天下りや渡りのあっせんも全面禁止する。国家戦略室で税金の使い道と予算編成のあり方を見直す。縦割り行政の垣根を排し、複数年度を視野にトップダウン型の予算編成を行う。個々の事業の政策目標と、それが達成されたか説明できるよう予算編成と執行のあり方を改める。

 政治資金を巡る国民の批判は真摯(しんし)に受け止める。私の政治資金の問題で政治への不信を持たれ、国民に迷惑をかけたことを誠に申し訳なく思う。政治への信頼を取り戻せるよう、捜査に全面的に協力する。

<いのちを守り、国民生活を第一とした政治>

 政治には弱い立場、少数の人々の視点が尊重されなければならないと、私の友愛政治の原点として宣言する。年金記録問題では集中的な取り組みを行う。医療・介護については、財政のみの視点から費用を抑制してきた方針を転換する。子育てや教育は社会全体が助け合い負担する発想が必要だ。子ども手当の創設などを進める。

<「居場所と出番」のある社会、「支え合って生きていく日本」>

 新しい共同体のあり方として、子育て、介護などのボランティア活動や環境保護運動、インターネットでのつながりなどを活用し「誰かが誰かを知っている」信頼の市民ネットワークを編み直す。人と人が支え合い、役に立ち合う「新しい公共」の概念を目指す。

<人間のための経済へ>

 経済合理性や成長率に偏った評価軸で経済をとらえるのをやめ、雇用や人材育成の面でのセーフティーネットを整備するなど国民の暮らしの豊かさに力点を置いた経済、社会へ転換させなければならない。子ども手当などで家計を直接応援し、物心両面から個人消費の拡大を目指す。低炭素型産業「緑の産業」を成長の柱として育てる。公共事業依存型の産業構造を「コンクリートから人へ」の基本方針に基づき転換する。

 「人間のための経済」を実現するために地域のことは地域の住民が決める「地域主権」改革を断行する。地方の自主財源の充実、強化に努め、国と地方が対等に協議する場の法制化を実現する。

<かけ橋としての日本>

 日本が地球温暖化や核拡散問題、アフリカをはじめとする貧困問題など地球規模の課題の克服に向けて立ち上がり、東洋と西洋、先進国と途上国、多様な文明の間の「かけ橋」とならなければならない。地球と日本の環境を守り未来の子供たちに引き継いでいくための行動を「チャレンジ25」と名付け、あらゆる政策を総動員し推進する。

 日本を取り巻く海を友好と連帯の「実りの海」にすることは世界全体の利益となる。その基盤は緊密かつ対等な日米同盟だ。在日米軍再編については安全保障上の観点も踏まえ、過去の日米合意などの経緯も慎重に検証した上で、沖縄の人々が背負ってきた負担、苦しみや悲しみに思いをいたし真剣に取り組む。

 アフガニスタンに対しては農業支援、元兵士に対する職業訓練、警察機能の強化など日本の得意とする分野や方法で積極的支援を行う。インド洋での補給支援活動は単純な延長は行わず、大きな文脈の中で対処する。

 アジア太平洋地域では日本の防災技術などを役立てることが、より必要とされてくる。文化面での交流関係の強化も重要だ。次世代の若者が国境を越えて交流を深めることは相互の信頼関係深化のために極めて有効だ。他の地域に開かれた透明性の高い協力体としての東アジア共同体構想を推進する。

<むすび>

 鳩山内閣が取り組んでいるのは「無血の平成維新」だ。官僚依存から国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への国のかたちの変革の試みだ。

 つまずくことも頭を打つこともあるかもしれないが、後世の歴史家から「30年、50年後の日本を見すえた改革が断行された」と評価されるような政権を目指したい。私たちの変革の挑戦に力を貸してほしい。

                     ***
 
政権発足来、政務三役の活躍は周知されていますが、マスコミが批判的な報道に多くを割いてきたのもまた、周知されています。自民が遠吠えするのは分からないではありませんが………

全く理念の違う新しい政権が誕生したので、従来の国会論戦が様変わりするでしょう。
民主党は内外政共にマニフェストや政策ビジョンを網羅して選挙を戦い、多くの人の信託を受けました。

一方、ついこの間まで政権を担っていた野党・自民、公明は、選挙でその政権担当能力を全否定とも言えるほどの惨敗を喫しました。

今まで政権は自公内のたらい回しでしたので、国会論戦も新鮮味がなく人々は膿み無関心でした。それを良いことに自公は好き勝手に振る舞い弱者・少数者を切り捨ててきました。ついこの間までの事実です。

今までの国会論戦も変わるのが必然だと思っています。
国民に否定された側が唯々、重箱の隅をほじくり揚げ足取りに終始すれば墓穴を掘る行為になり、自民は益々、人々の視野から外れてしまう。

国会論戦は臨時国会の後、通常国会へと長期戦になります。
巨大な政権政党だった矜持を失わないよう、民主と堂々と渡り合って欲しい。
そうすれば国会論戦が一変するでしょう。変わって欲しい。変わってくれると多くの人も期待している筈です。
明後日から与野党の攻防が始まります。是非、実りある論戦を願います。

***

土、日と野暮用でPCのない環境に在りました。
コメントを下さった方にお返事できませんでした。今日にでもお返事をと思ってましたが、ずぼらな性格が出て今回はパスさせて頂きました。ご容赦下さいませ。

**

朝から降ったり止んだりの愚図ついた空模様でしたが、夕焼け小焼けで日が暮れました。

紅葉に彩られる山々は、秋の雨に煙り幽玄な風情を醸しだしているのだろう、と、想像しています。
家の窓から見える小焼けも写真として切り取ればそれなりの風情が無くもない。笑

                   ☆今日の空
画像
                 ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
谷垣と大島 おまけで阿比留
昨日、鳩山(由)首相の所信表明演説を見ていた。 その前に、 コラ! 国会に居眠りに来るんじゃない! 内容の部分については、後ほど述べるとするが鳩山(由)首相・表明演説の国会内での雰囲気(感想) を、早速自民党の谷垣自民党総裁と大島自民党幹事長が、コメントで批判ともならない批判ををしている。 谷垣は、 「ヒトラーの演説のときにヒトラー・ユーゲント(ナチスの青少年組織)が賛成しているような印象を受けた」 というものである。また、大島は 「郵政選挙後、小泉元首相の演説に自民党新人議員が拍手していたが、... ...続きを見る
雑感
2009/10/27 12:37
財政赤字の累積問題は、高額所得者への累進課税と切っても切れない関係にあるのです
>日本は貧富の差がそれほど激しくない。この程度の貧富の差は有って当然で無ければおかしい。 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/11/05 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今、鳩山首相の所信表明演説を国会TVで聞いています。一言一言に心のこもった今までの首相とは全然違う演説だと思います。
これを具体性がない、とぬかした「記者」がいるそうです。コメントのしようがありませんね。

さて、ことしご主人を亡くした主婦と娘さん。娘さんは、パート勤めですがここにきて給料が下がってたいへんだということです。
例によってお母さんは、「(景気は)これからよくなるのかね?」私は、「良くなりますよ」さすがに本日は八ツ場ダムのことはお話ししませんでしたが、母子家庭加算復活のお話をしました。
多くの国民が日本再生の兆しを感じ、大きな期待感を持って景気が回復してきたら、新政権をああだこうだい言っているマスゴミの諸君は、なんと言い訳するのかな?

総務省の保坂顧問や亀井顧問にがんばってもらって、郵政の膿を出し、明らかにしてもらいたいと思います。

ところで、今すごく期待していることがあります。それは、国会でのまともな質疑応答です。今までは日本語の会話ではなかった。
野党「総理、YesかNoで答えてください!」首相「しかるべく」これは、もっとも教育上よろしくない。つまり、日本語の正しい会話ではないので、子どもには見せたくありませんでした。
しかし、これからは、まともな論議がされることをすごく期待しています。
証人喚問で、タケナカがわけのわからない言い訳をすると、委員長が「タケナカクン、質問にきちんと答えるように!」とか注意したり。楽しみです。

というところで、本日も失礼しました。
かん
2009/10/26 21:48
かんさん。

色んな人が色んな事を言う。
自然の成り行きです。互いに言い合えば良いのです。
人の進化は妬みと言う副産物を増長させました。
地位・金・名誉そのすべてに己が意に副わなければ妬みが生じます。鳩山演説はそんな方々の嫉妬を買うに十分な演説でした。恐らく民主にもそんな者がいるでしょう。日米では政体が違うでしょうがオバマは絶賛されました。最高権力者は先ず国家ビジョンを持っていなければその資格はありません。
政策は理念の下に位置づけられるものです。

何事も完全はありませんので、鳩山演説が100点満点と言う積もりはありませんが、花○(マル)を幾つかあげても良いのではないでしょうか。
私はそう思っています。

かんさん。訪問しましたが……
ありがとうございました、酔語。

酔語
2009/10/26 22:35
酔語さん、大変申し訳sりません。
実は、コメント(認証なんとか)って書いてあるのを、いつもなんだろうな、と思ってました。
そして好奇心の赴くまま、会員登録をしてしまったら、私がブログを作った形になってしまいました。
抹消の仕方も分からず、そのままにしてあります。
ですから、今日の訪問のことは忘れてください。(汗)
かん
2009/10/26 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
10/26(月) 友愛宣言。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる