酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS ようこそ、覚え書ですが…

<<   作成日時 : 2009/10/16 19:17   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 2 / コメント 0

画像 ようこそ・ありがとうございます。

概算要求が90兆を超え95兆になった。
過去最大、国債発行不可避。潰れたスピーカーの如き喧しい。
補正予算執行停止2兆9259億。省庁抵抗強く3兆に届かず。
潰れたスピーカーは2兆9999億円だったとしても、目標達成ならず…公約どうした?と言うだろう。www

日本の財政は長期驕り政権によって赤ランプが点滅したままだ。経済も疲弊したまま。
麻生政権は46兆税収見込みを立てていたが、年初から危うさを指摘していた人は多くいた。
税収見込みを粉飾していたのだろう。連中は一体どんな戦略を立てて人々を幻惑する積もりだったのか。敗れた者石を投げるのは礼を失するので、止めて置きますが…省みることもなく.しら〜として批判中心で国会論戦に臨むと更に窮地に立たされるだろう。

何回も補正でばら撒いて首長以外の国民にそっぽを向かれたのは何故?集票マシーンだった組織・団体が思惑通り機能しなかったのは何故?マスメディアは多臓器不全に陥った自民に変わって検証、進言して上げましょう。
民主の足を引っ張るだけでは商売が危ぶまれる。

温故知新、という言い古された言葉がある。
歴史をひもといて.古きを訪ねれば良き治世、偉人がいた筈。
高々数十年の独占時代を踏襲して懐かしむ、保身主義は止めましょう。

こんな時、心あるメディアが世論をリードするものだが…既存のメディアは既得権死守、大量情報で権力を行使することが第一義のようだ。残念ながら・・・・。

++メディアが出来る訳がないと嘯いていた.選挙目当てのバラマキ補正から3兆削減した。「コンクリートから人へ」の公約通り概算要求している。
これの何処に文句がある?

一方で長期政権からの既得権者にも配慮しなければならない。多くの人々はこの試練を乗り越えようと決心している。何故?マスコミだけが己がエゴを剥き出して庶民を扇動したいのか…
相手を誹謗中傷する大きなツールを独占しているマスメディアと我とでは遍く知らしめる手立ては残念ながら未だ、大きな差がある。

差がありますが大容量・大合唱の一方通行も、アリの一穴小さな偏向が積み重ねれば信頼が失墜する。
私たちは民主連立を作りました。立法・行政・司法の三権は民主連立が正してくれる・・自公時代のように権力の濫用はなくなるでしょう。

残る第四の権力マスコミ。これは三権にとって都合の良いツールで、権力と二人三脚できました。
私たちにとっては最も強敵な権力です。
私たちは報道によって玉石混交の情報に晒されています。特に政治は生活と直結していますので注意が必要です。惑わされないように願います。

+++

新しい政治に変わろうとしています。
旧政権の悪政を引き摺りながら変えようとしています。
権力に任せて虐げられる〜権力を使って幸を得る。

これが民主主義です。
毎度の能書きでした。すみません。

画像 ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
概算要求は、あくまでも要求でしかない
産経の【主張】に「概算要求 これでは財政が破綻する」と題された記事が出ていた。 どうも、同人誌産経も含めマスコミ報道が奇異に感じる。 後で書くが、【主張】も【正論】もピントがずれ始めているようだ。 概算要求が90兆円を超えたと大騒ぎ である。 そもそも、昨年同様46兆円の歳入予定が40兆円を切るのではないかといわれる状況で、尚且つ毎年800兆円を超える国の借金の返済が年に22兆円ある。 ようは、4段ロケットが意味をなさなかったということである。 「1年で4度も予算を組んだ」 と自画自賛をしたのは... ...続きを見る
雑感
2009/10/17 20:27
副大臣が存在をする意味
  自公政権から大きく立場を変えたものに 「副大臣」 という存在がある。副大臣の立場が大きく取り上げられられはじめたことである。 自公政権下における、副大臣の立場はいわゆるお飾りというか盲腸と等しいものであった。 認証官 でありながらというより、各派閥の長が議員に与える認証官の肩書きのひとつとさえ成り下がっていた。 事実、自分は自公政権下で副大臣が、何の仕事をしたのかひとつも記憶にはない。 しかし、副大臣ポストを新設をした理由は、はっきりしている。これは 「政府委員制度の廃止及び副大臣等の設置等... ...続きを見る
雑感
2009/10/17 20:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようこそ、覚え書ですが… 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる