酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/4(木) 往く者去る者

<<   作成日時 : 2009/09/04 18:05   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 3 / コメント 2

画像 +がっくり自民。


◇◇

メディアが小沢氏を記事にする時、必ずと言っていいほど、「壊し屋」 「豪腕」。「二重権力」 「院政」 「二元支配」等の決まり文句並ぶ。メデイアによるステレオタイプの喧伝によって、一般の方々も小沢氏=上記のようなステレオタイプに毒されてしまっている。

唯、メディアや自公は小沢アレルギーがあるが一般の人々は必ずしもそうではない。小沢フアン以外の人も小沢氏に期待している人は多い。絶対安定多数を超える議席を与えたのがその証左の一である。

民主がこれほど期待され躍進できたのは、国民主導、国民生活第一を掲げた小沢主導の鳩山、菅、輿石氏とのトロイカ+1体制だった。

民主連立政権はまだ胎児である。巨大児の出生は16日。
国民はその日を大歓迎するだろう。

メディアはそれまでに何かと煽って置こうという算段だろうが、さもしいことは止めて、暫くネガティブな報道は慎むべきだ。民主は政権運営は初経験だ。しかも、「官から国民へ」という大目標を打ち立てている。
躓くこともある。詰まらない議員が出てゴシップネタにされることもあるだろう。
批判はこれから幾らでもできる。

メディアさん。
貴方方も大きな権力を有している。権力は国を良き方へ導くのが使命の筈だ。
大多数の人々が決心して新しき道を行こうとしているのを、引き戻そうとするのは恥ずべき行為だ。
先ずは、船出を見送り操船を監視し続ける。批判はそれからで良い。

小沢代表代行 幹事長就任に閣僚から批判や警戒
9月4日12時36分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000014-maip-pol

 民主党の小沢一郎代表代行の幹事長就任が決まったことに対し、4日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から批判や警戒する意見が相次いだ。河村建夫官房長官は、西松建設による違法献金事件を挙げ、「一連の事件はまだ解決されていない。説明責任をどう果たすかということは、当然あり得る」と指摘。

 甘利明行革担当相は「閣内に入らないなら、当然(政府と党の)二元体制になる」と述べ、民主党が掲げる「政策決定の政府への一元化」に疑問を呈した。

 小沢氏が来年の参院選の指揮をとることへの警戒感も強い。
舛添要一厚生労働相は「どんなピッチャーでも打ち崩すだけの戦力を持たないと勝てない。もうちょっと練習してうまくならないといけない」と自民党再建の必要性を強調。佐藤勉総務相も「まず(衆院選敗北を)党として総括して、反省していくのが基本だ」と語った。

 小沢氏と囲碁仲間の与謝野馨財務・金融担当相は「肝心な時には慎重に考えるタイプだ。一見、荒っぽく見えるが、なかなか考える時には考えるというのが率直な印象だ」と評価した。

 麻生太郎首相は閣議や閣僚懇談会で小沢氏について発言しなかった。【坂口裕彦】

                     ***



国民の大きな支持を得た鳩山民主、人事や施策の工程を着々と進めている。
一方、惨敗した麻生自民の迷走振り、一寸先は闇と言われた政界も顧みれば一党支配の井戸の権力闘争に過ぎなかった。メデイアが面白可笑しく伝える情報を我々は興味本位で眺めていただけだった。

そして、8/30以来、私たちは鳩山民主の一挙手一投足を真剣に見詰め、麻生自民の敗戦処理を興味本位で眺めている。長期政権を見る人々は倦んでしまい、個人、組織のスキャンダルしか興味がなくなる。現在進行中の自民のドタバタも然り。

われても末に逢わんとぞ思う。
自民の皆さんには余計な事だと思いますが、それぞれ思うところを同じくする同士を集って別々の道を行かれたらどうでしょう。何時かまた、同じ仲間として仕事が出来る日を楽しみに……

次期官房長官には平野博文・民主党役員室担当
9月4日14時50分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000695-yom-pol

 民主党の鳩山代表は4日午後、16日にも発足する新政権の官房長官に平野博文役員室担当を起用する方針を固めた。鳩山氏が同党幹部に伝えた。

 平野氏は今年5月、鳩山氏が代表に就任した際、役員室担当に就くなど、鳩山氏の側近として知られる。衆院大阪11区選出で、当選5回。松下電器労組などを経て、96年に衆院に初当選した。



<自民党>首相指名選は白票に 麻生総裁へ反発強く
9月4日15時0分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000061-mai-pol

 自民党は、16日召集の特別国会で行われる首相指名選挙で、白票を投じる方向で意見集約することになった。衆院選の大敗を受け、党内では、辞任を表明している麻生太郎首相に投票することへの反発が広がっている。森喜朗元首相らが主張する党総裁選日程(18日告示、28日投開票)の前倒しは難しいことから、白票で妥協を図ることにした。

 首相周辺は4日、「首相は自分の名前が書かれるかどうかにはこだわっていない。党がゼロから出直すには白票しかない」と語った。首相は8日の党両院議員総会でこの方針を説明し、理解を求める。ただ、現職総裁に投票しないという異例の対応は、党が混乱した印象を与えかねず、首相が特別国会前に党総裁を辞任する可能性もある。

 党内では津島派が麻生氏には投票しないことを決めたほか、福島県連からも白票を求める意見が出ていた。【坂口裕彦】

***

往く者去る者

民主党、

308人が議席を得た。自公相手に闘志を漲らせ見事に勝利を収めた。そしてその意志は国民のためにと言う大目標に向かって満ち溢れている。
無論、前途は平坦ではない。だが、往こうとしている者の顔は美しい。更に更に輝いて欲しい。

自民党、

落選した人は去らねばならない。個々人それぞれに思いはあるでしょうが.感慨に浸るより.志した政治に向かって前進して欲しい。一方に何かが起きた時、空白が生まれない装置がいる。2極の一方の雄になって下さい。

*身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

何人も我が身を捨てるのは至難です。特に権力の中枢にいればなお更です。

麻生氏は我が身を生かし党の活路を見出すチャンスが何度かあった。しかし決断できなかった。麻生氏が大きな顔をしているのはみな同罪だと思っているからでしょう…な?
詰まらない打算で麻生氏を看板にした自民の不覚だった。自民が痩せ細った原因の一でしょう。
今更言っても詮無いことですが、新生自民は権力亡者だった連中を排除して健全な野党に生まれ変わって欲しい。

往く者には国民に負託された大きな目的がある。
みな志を同じくする同志、目的に向かって一丸となって邁進する。

去る者も敗者ではない。
一からですが、今度は野党ですから、今までのようには行きません。志高い同志を糾合して、民主に勝る政策を掲げ国民に訴えなければなりません。そして民主と対峙する政党になって頂きたい。
・・・くれぐれも権力亡者連中に惑わされないように願う。

画像 ☆ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本だけがなしえていなかった本格的な政権交代
  産経は、駆け込み天下りや補正予算執行停止には極力触れず、国益・外交問題に関してだけは、「わぁ〜わぁ〜騒いでいる」。 駆け込み天下に関しては、「面従腹背とも思える官僚機構を、民主党はどう突破するのか。」と嘯いているのだが、本当に空気がよめていない。 また補正予算執行停止に関しては、「遡及(そきゅう)的に変更していいか、法律論でも政治論でも問題がある」とする与謝野氏の言葉をただ載せてお茶を濁している。 マスコミに伝え方もあるだろうが、「駆け込み天下」に本気で怒っている人間は自分の周りにも多い。 ... ...続きを見る
雑感
2009/09/05 12:10
答弁書は嘘を書いてもいい by 麻生
  山崎養世氏や馬渕澄夫氏が前々から国交省が取りまとめたものだとして出していた数字は、 7.8兆円と2.7兆円 である。 そんなわけで、朝日や読売の記事を見ても別に驚きはしないし、政権交代が100%確実となった今、朝日も知っていて出してきたのだろう。金額がぴったりなことから、山崎・馬渕・岩國氏らは、間違いなく正確な数字をつかんでいたということである。 しかしはっきりしたことがある。 猪瀬直樹氏は7.8兆円の数字に関しては、ニュースステーションで明確に否定をしている。 (You Tube 3of ... ...続きを見る
雑感
2009/09/07 17:08
各閣僚
◇関連記事・情報安倍新内閣になって麻生外務大臣の「留年、いや留任」発言なども話題になった各閣....安倍新内閣になって麻生外務大臣の「留年、いや留任」発言なども話題になった各閣僚記者会見が行われましたが、5人の「首相補佐官」の記者会見って行われました?中山拉致担当、山谷教育再生担当、世耕広報担当など、各大臣よりもむしろ就任当初の意気込みが気になる人が多いのですが。[⇒回答を読む] ...続きを見る
ニュースに学ぶさまざまなこと
2009/09/17 11:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>麻生氏は我が身を生かし党の活路を見出すチャンスが何度かあった。
本当にそう思います。「郵政改革」の名の元の政治を批判した麻生さんがいましたが、ひっこめました。あのまま自分の素直な気持ちを展開し、国民政党としての回復と新水路を国民にぶつければよかったのですが。。総裁であることの立場を取りました。たとえ20名の派閥でしたが、国民のなかには理解を示したお方がいれば、党がなくなるような大敗はしませんでしたと思います。地方でも自民を推す自治体議員が少ないし、これから大変ですが、反省のうえの反省を重ね、再び国民から信用を受けるしかありませんねー。
さとし君
2009/09/05 11:25
さとし君さん。

二大、であろうと、二極であろうと、競う政党が必要です。よく腐っても鯛と言いますが、現状の自民には、品、風格がありません。
個々人に品がなければ組織の風格は失せてしまいます。
先ず個々が感性を磨いて欲しい。でなければ理屈が受け入れられません。
こんなドタバタを晒していれば消滅するでしょう。
私たちは別に自民でなくとも、有意な政党であれば良いのです。ガンバレ自民とエールを送るのは、まだまだ先になるでしょう。
何時もありがとうございます。酔語。
酔語
2009/09/05 15:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/4(木) 往く者去る者 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる