酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/7 (火) 七夕・星に願いを。

<<   作成日時 : 2009/07/07 20:20   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 0

 酔語酔吟 夢がたり
画像


画像画像画像
**荒海や 佐渡に横たふ 天の川 芭蕉

生憎の曇り空で天の川を見ることが出来ませんが、破った白紙を短冊にして、笹代わりの造花の葉っぱにぶら提げました。願い事は 「旨酒と生きの良い肴・酔語(すいご)」 笑

果たして叶えられるでしょうか・・・乞う御期待!(期待しているのは私だけですが…www)
私はこんなことを しょっちゅう やっていて周りの顰蹙を買っていますが、下手の考え……、下手な鉄砲……。
でも、願いは何時の日か届き・・・叶えられる・・・時もある。笑

嘘ではありません。
時間差はありますが・ある日食卓の上に何気に置かれていたりするのです。ww

何事もやってみる価値はあります。
お子さんが短冊に書く小さな願いは、清らかですので、天に聴いて貰うよりありません。
が、お母さんやお父さん方は、卑近な欲を言い難いでしょう。
そんな時にお勧めです。そこらにある、紙を破いて大書してそこら中に吊るして下さい。
そのうち きっと 叶えられます。是非 一度試して下さい。

子供の頃は満天に星が輝いていました。よく歌の歌詞にある 「星が降る」 と.言う形容は本当です。全国にあったでしょう。

夏の海岸で夜空を見上げていますと、幾つでも流れ星が見えました。瞬いて消えるまでに願い事を言わねばなりませんので、みんな競争して星空に夢中でした。

今は、地方にお住まいの方を除いて、ある程度お年を召した方の想い出に残るだけになったと思います。

織姫さんと彦星さんは、この日だけ逢瀬を許されました。
満天の星の川を渡る二人の心も満天の星のように輝き溢れていたでしょう。

生憎曇り空で織姫さんと彦星さんも 広大な大河を渡るのに少し迷うかも知れません。雨にならないことを祈っています。
大雨になると カササギ が橋を架けられないかもしれません。
この日の逢瀬を楽しみにしてきた、思いを流さないでほしい。
二人の涙雨を見るのが忍びない。

***

私たちは皆、夢を抱いて生きています。
勿論、長く生きてきて定まった人もいるでしょう。
しかし、夢は泉です。清水が湧き出るように耐えることはありません。
そして、夢は欲と紙一重、表裏一体です。

少し前、選抜高校野球に出場した高校の女子選手がいました。
(私もブログに書かせて頂きました)

その女子選手は、
「叶えたい夢がある。叶えられない夢がある。」
と言う、素晴らしい言葉を残してくれました。
(高野連に規則があるそうです。興味のある方は各々でお調べ下さい。済みません。)

夢は無限、自由です。
が、制度・仕来たり・慣習などで、どうにもならないこともあります。
それで人々は、現実社会で可能な最大を夢と称して頑張るのでしょう。

***

さて、私たちにも小さな夢があります。

大きな夢は、一人一人の心に仕舞われているでしょう。

小さな夢は政権を代えることだと、勝手に思っています。
で、叶えられるのが現実になりました。

叶えられると、夢でなくなる。
また、新たな夢を見る。

政治は夢ではありません。庶民の小さな夢を実現せしめる希望です。
私たちは、小さな夢を抱き続けなければなりません。
政権が代わっても……

++夢は一人一人が自由に見て遊ぶ、心に優しい天の贈り物です。
卑しい者共の集団に取り込まれると、個人の素朴な 純粋な夢が汚され、亡者になって我を見失う。

++何時ものように話がバラバラになってきました。

七夕です。
織姫と彦星さんを偲び、一献傾けて下さい。
一杯、一杯乾す度毎に願い事を忘れないように……
画像 今日もありがとうございました。


{星に願いを]

英語は解せません。
訳詩もありません。
・・雰囲気で参りましょう。
 Cecilia - When You Wish Upon A Star



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サミットと自民党
  去年の今頃、 洞爺湖サミット があった 。 今年もイタリア中部ラクイラで開催されている。 去年の議長総括 に目を通してみた。 外務省のHP にも目を通してみた。 世界経済 環境・気候変動 開発・アフリカ 政治問題 現実には、 この一年で何かが変わったのだろうか? 福田氏が、洞爺湖サミットのホストをしてからの一年で次の首相である麻生氏の立場さえ風前の灯火という状態である。 ふと、麻生さんはサミットに参加をするためだけに首相の座に居座っていたのではないだろうかとさえ思えてくる。 穿った見方をする... ...続きを見る
雑感
2009/07/08 18:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7/7 (火) 七夕・星に願いを。 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる