酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/5(金) 「空が全然違って見えた」

<<   作成日時 : 2009/06/05 18:08   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 5 / コメント 3

 スイレン
画像
                  「潔白」 「信頼」


「晴天とら日和」様

2009年06月07日
「冤罪」:一概に可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません。
by麻生太郎。
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/2009-06.html#20090607

                     ***

足利事件 「空が全然違って見えた」 一夜明け菅家さん
6月5日11時34分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000005-maip-soci

 栃木県足利市で4歳女児が殺害された「足利事件」(90年)の再審開始が決定的となり、17年半ぶりに釈放された菅家利和さん(62)は5日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し「今朝はすごく明るい気持ち。刑務所にいた時と空が全然違って見えた」と語った。自由になって初めての朝の喜びをかみしめた。

【関連動画】「刑務所の中とは全然気持ちが違う」と晴れやかな笑顔を見せた菅家さん
動画はこちらへ

 グレーのチェックのジャケットと薄い青色のシャツ姿。4日夜はすしを食べた後、好物のコーヒーを何杯も味わったといい「(宿泊先のホテルで)1時間しか眠れなかった」と苦笑した。洗面所では水の出し方や温風乾燥機での手の乾かし方が分からず、弁護士が「手をかざせばいいんだよ」などと教えたという。

 「逮捕されていなかったら、今でも(逮捕当時と同じ)幼稚園バスの送迎をずっとやっていたと思う」と話す菅家さん。弁護団が捜査や裁判の再検証の必要性を訴えた際には、伏し目がちに涙をこらえた。週末は逮捕・受刑中に亡くなった父母の墓参りに行き「無事釈放されました。再審が開始します。心配かけたね」と語りかけるつもりだという。

 東京高検は4日、DNA再鑑定の結果、無罪の可能性が高いとして菅家さんを千葉刑務所から釈放した。今後、東京高裁が再審開始を決定し、宇都宮地裁の再審で検察側が無罪を論告、無罪判決が言い渡される可能性が高い。【安高晋】


「間違ったではすまない」
「警察と検察、絶対に許せない」
「私は無実、人生返して」


既にご存知だと思いますが、無実の罪で17年半、獄中に囚われていた菅家さん(62歳)が、開放されました。上の言葉は17年半抱き続けてきた思いの炎です。

検察は無罪だと断定していますので、再審が始まれば検察は無罪の論告をし、短期間で無罪が確定するでしょう。
弁護士さんや支援者はもとより多くの人々にも嬉しい報せでした。

記者会見で菅家さんはこう語りました。

「髪の毛を引っ張る」 「蹴り飛ばす」
「お前がやった」 「本当のことを言え」 「早く楽になれ」

朝食後から昼食を挟んで、夜中の12時近くまで連日取調べが続いた。
執拗な脅しと誘導に絶望し、負けてしまうと、後は警察、検察のシナリオ通りに調書を取られていきます。

物証がなくても、動機がなくても、状況証拠があやふやでも自白があれば良い。唯一の物証が精度の低いDNA鑑定だった。

菅家さんを無期懲役にしたDNAが鑑定だったが、,著しく精度の高くなった鑑定法が開発され、検察、司法(裁判所)が閉じた扉をこじ開けた。再審前に検察が釈放したことは、動機も、自白も、状況も物的も間違いだったと認めたことになる。

これはある意味権力の作り出した歪んだ正義による暴走事件だ。
日本の有罪率は90数%だそうだ。如何に司法が検察側の証拠を贔屓にしているかの証左だ。その彼等が無辜の人間を17年以上も地獄に繋ぎ、40代、50代という人生の重要な期間を奪った。
罪は計り知れないほど大きい。恐らく彼等も内心忸怩たる思いだろう。

先ず、私たちはこの現実と真正面から向き合わなければなりません。
世間では、警察も検察も裁判官も人の子100%はないと、言いますが、そうであれば誤りを認めて謝罪するべきです。しかし、彼等の思考は世間一般と乖離していますので、捜査は適正だった…云々、証拠に基づいて判決を下した、やむを得なかった…云々。

これは氷山の一角かも知れません。何時、我が身に降り掛かるかも知れない。
でも、恃みは警察・検察しかない。権力は冤罪を生まないように細心の注意を払って貰いたい。

上意下達、手柄主義、出世主義はどの世界にもあります。一方で皆、同じ色、同じ臭いを強制されるのは拒みますが、共有することで安心しているのも現実です。ごますりは敬遠されますが、ごますりが引き上げられるのも事実です。

様々が綯い交ぜの複雑な模様の社会では力の強い者が言う詭弁が、声の大きい者によって正義に摩り替えられた現実を経験し、苦しめられた人も多いでしょう。。

菅家さんが会見で述べた.自白を強要、誘導したり、暴力紛いの行為は正義ではない。
だが、彼等は何かに取り憑かれたかのように、執拗に追い込みます。
何がそうさせるのか…保身に走らせる公権力…彼等も辛い…。
権力を持った集団の正義の恐ろしさと危うさを見せ付けられた.人も多いと思います。

特に公務員と言う身分社会はそういう意識が強い世界なのか、と.思ってしまう。
裏金問題を告発した警察官が村八分にされたことなど、まだ記憶に新しい。

今度の件も、国家組織の正義を由一の拠り所に 「やるだけやった。ベストを尽くした」.と言い逃れるのでしょうが、菅家さんの失われた17年半は二度と返ってこない。

勿論、立派な人がおられるのも十分承知しています。
でも、この事件の捜査・公判に携わった警察・検察官、判決を下した裁判官は、結果として犯人に仕立て上げてしまった。犠牲になった子供さんの人生を奪った真犯人は時効になってしまった。
ご家族の心情は如何ばかりでしょうか。そして無実の罪で獄中に囚われた菅家さん。
権力側は十分に反省して欲しい。

冤罪がなくなって欲しい。
ある報道によりますと菅家さんの弁護士は訴訟費用約1000万を自腹で用立てたそうです。
警察・検察の奮闘を願っています。

最後に一言。
菅家さん。弁護士さん。支援者の方々。
理不尽な権力に打ち勝った信念を心より称えます。

菅家さん。62歳にはとても見えないお姿でした。
冤罪の壁をぶち破って地獄の扉を開いた精神力に敬服しました。

「空が全然違って見えた」
新しい幸運の未来が きっと 拓けます。
ゆったりと心ゆくまで自由を堪能して下さい。

    ***

ところで、この方にはどうしても.違和感を感じてしまう。
この記事を載せたのは批評したいからではありません。
唯、太郎さんと言う総理大臣は、実のない人だなあ…と、
それだけを申しておきます。

麻生首相、可視化で冤罪減るとは感じない
6月4日20時28分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090604-00000621-san-pol

 麻生太郎首相は4日夜、DNA再鑑定で受刑者が釈放された足利事件に関連し、取り調べの可視化について「可視化すれば直ちに冤罪(えんざい)が減るという感じがありません」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【足利事件】

 −−(平成2年の足利事件で殺人罪などで服役していた元幼稚園バス運転手の)菅家利和さん(62)が今日、(DNA再鑑定の結果)釈放されました。再審が始まる前の釈放というのは極めて異例だが、首相の受け止めを

 「再審請求に関する、いわゆる司法手続きってのは今から開始されるんだと思いますけれども、私の知ってる範囲でこれは極めて異例っていうけど、前例はないと思いますけどね。まあいずれにしても無実の罪で17年服役してたっていうのは、こういったようなことはあっちゃいかん。これはつくづくそう思いますね」

 −−似たようなケースがないとも言い切れない状態の中で、日本では再審請求が認められるのは非常にレアケースだが

 「そうですね。今回の場合はDNAの鑑定っていうのが大きな決め手になったんだと思いますけども、昔のDNA鑑定の、いわゆる科学的なレベルと今のレベルとは全然、倍率がまったく違うことになってるんで、そういったケースもあるかと思いますが、これ一概に一般論として答えるのは難しいです」

 −−この件を受けて、冤罪防止のために、さらなる取り調べの可視化を求める議論が強まると思うが、首相の考えは

 「可視化にしたからといって、途端にそれがよくなるという感じはありません」

 −−そうは言っても、無実の人が捕まって刑に服することはあってはならない

 「それ、今、答えた通りです」

 −−そういった国家のあり方を考える上で…

 「国家のあり方ってどういう意味ですか」

 −−冤罪が起きない国にするために可視化は必要だと思わないか

 「ぼくは基本的には一概に可視化すれば直ちに冤罪が減るという感じがありません」

 −−杉村太蔵衆院議員が…

 (秘書官「終わりま〜す」)


***

ついでに、政局の記事がありました。

続投あり得ず、辞任はしない=郵政社長人事で鳩山総務相
6月5日12時12分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090605-00000066-jij-pol

 鳩山邦夫総務相は5日の閣議後記者会見で、政府が西川善文日本郵政社長の続投を容認した場合の自身の進退について問われ、「辞任しない。(自ら)認可権限を持っている。

 政府が不正義に走るとは思わない。 
 自民党や今の内閣を信じており、そんなことは想像していない」と強調した。

 また、自民党内で鳩山総務相の対応に批判が出ていることに対しては「(かんぽの宿という)国民共有の財産をこんなふうに(ずさんに)扱った者を残すか残さないかに関して責任を負っている。

 いい加減にしたら国民に申し訳なく、街を歩けない」と反論。
 「首相が誤った判断をするとは全く思わない。正しく判断していただけると信じている」と語った。

++
**記事を見る限り、鳩山さんは本気モードのようだ。
ボールは太郎にある。どうする?
決まってます。延命の王者太郎は玉虫色で逃げたい。
が、今度は就任当時と違って時間の制約がある。今までは周りが上手に始末してくれた。だが、今度は、太郎の資質・性分を見抜いている、自党の狢(むじな)から決断を迫られている。内圧に耐えられるか??

どうする?
生まれて初めて自ら決断しなければならなくなった。
上の記事の鳩山発言を再掲します。

: 政府が不正義に走るとは思わない。 
自民党や今の内閣を信じており、そんなことは想像していない」と強調した。

  また、自民党内で鳩山総務相の対応に批判が出ていることに対しては「(かんぽの宿という)国民共有の財産をこんなふうに(ずさんに)扱った者を残すか残さないかに関して責任を負っている。

  いい加減にしたら国民に申し訳なく、街を歩けない」と反論。
 「首相が誤った判断をするとは全く思わない。正しく判断していただけると信じている」と語った。 :

株主総会は今月末、都議選は来月12日、国会は28日で閉じられる。
それまでうやむやにできるか、
メディアは西川続投キャンペーンを張っている。
庶民は、おどろおどろしい.闇の解明を期待している。

どうする?
早くしないとサミットでパフォーマンスが出来なくなりますよ・・太郎さん。

何時もですがまた横道に入ってしまいました。

日本の政治家に欠けているもの。

画像  ☆「雄弁」 「沈着」 
    ★ハス(蓮)
  
画像今日もありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本当に怖い北朝鮮問題とは・・・?2/2
人気blogランキング ...続きを見る
晴耕雨読
2009/06/05 20:22
屋山vs小沢vs麻生
6月1日の「TVタックル」で、ひとつの異変が起きた。とまぁ〜書くと植草氏のようになってしまう。 現実には、小沢氏から鳩山(兄)氏に民主党代表がかわり「友愛」という言葉の内容に関してのコメントであった。 小沢氏が代表の頃には、ボロクソに言っていた屋山氏が鳩山(兄)氏の友愛に関しては友好的な言葉を吐いたのが原因というものだ。 屋山氏の経歴から自ずと原因は見えてくる。 *財団法人日本国際フォーラム理事 北朝鮮に対抗するためには、米国への反対は「道理にも正義も反している」と取りまとめている財団法人である... ...続きを見る
雑感
2009/06/05 22:26
6.4緊急フォーラムへのご参集ありがとうございました
どなんとぅです。昨夜の緊急フォーラム、108名の熱い心を抱いた主権者のみなさまの ...続きを見る
どなんとぅ ぬ だぁ
2009/06/06 03:31
日本郵政の西川社長進退問題でのマスコミの論調を比較考察する。
本日の読売新聞を読んでいたら、日本郵政の西川社長進退問題での各社の社説の論調が変 ...続きを見る
ひげログ人
2009/06/06 17:31
産経新聞の言いたいのは何なの(笑
日本郵政西川社長の再任案が、 先月取締役会で決定され 、今月29日の株主総会で、 全株を保有している政府 に承認を求める運びとなったことから、揉めだしている。 そもそも 株主は、与謝野さんだけ なんですよね。鳩山(弟)氏は 所管大臣として法律上、株主総会で決定されてもそれを覆す権限(許認可権限)が与えられている のですが、 言い出すのが早すぎた かも(笑 どうせNOを出すのなら、 総務省に回って決済をする瞬間にNO! これなら、面白かったのに。などと思っている。  多くのマスコミが総務大臣の独走... ...続きを見る
雑感
2009/06/07 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
全面的に共感いたします。戦後、人権を謳った新憲法、新刑事訴訟法ができてもこの状況、この体たらくです。

「自白そのものの証拠能力無評価理論」とでもいうものが新しい法体系に盛り込めないものでしょうか。
人はどうしても予断や思い込みをしてしまう存在です。
警察、検察は拷問まがいの自白強要をしてしまう事例には枚挙のいとまもありません。
拘留中の被疑者は警察、検察との関係で言えば絶対的な弱者です。権力者の恣意に制限を加えるのが「法の支配」の本質と考えます。
「自白無価値論」を取り調べ側に徹底させたい。

取り調べの可視化はその第一歩です。
麻生総理の発言を見る限り、事の本質を理解しておられないのではないでしょうか。
人権擁護のための闘いの歴史も知らない。
「全面可視化を前提に徹底的に検討せよ。日本を名実ともの人権大国にしよう」
とでも宣言し、具体的に法務省、検察に強い指示を出せば少しでも評価される総理になれたものを・・・。
余白
2009/06/05 20:25
余白さん。

こんばんは!ありがとうございます。
私は「余白さん」のように理論立てる能力がありません。でも人が従うべきと合意した法(正義)を乱用して法より己(組織)を立てたいと言うのは可笑しいと思っています。個は組織に埋没して生きるのが楽なのでしょう。

可視化が徹底されますと、彼等の手品が暴かれ、民の非難に晒され、法を守る正義が法を超えた手法だと思われてしまう。真摯に地道に真実を追う、原点に返って欲しい。

余白さん。
拙い私の意見にコメント頂き、
ありがとうございました。 酔語。


酔語
2009/06/05 20:58
酔語さん、
コメントありがとうごさいました^^。
ゆり
2009/06/05 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/5(金) 「空が全然違って見えた」 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる