酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/18 (火) パンデミック寸前

<<   作成日時 : 2009/06/18 17:51   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 3 / コメント 0

画像画像 感染爆発


党首討論2連勝。政令市長選3連勝。
麻生自公は、五里霧中、闇雲に突き進んで、沈没・破裂するだろう。

「麻生総理は100点だった」

自民の細田幹事長の能天気な発言です。笑
これには、テレビを見ながら朝飯を食べていた私もずっこけてしまいました。

昨日の党首討論は誰が見ても鳩山代表の圧勝でしょう。与党の中からも麻生氏に辛口の採点する人もいる。

細田氏は麻生氏への友情で声援を送ったのかもしれませんが、「100点」は言い過ぎ。
見ていた人に、誉め殺しと取られたのではないか。

ひょっとして、細田氏も、もう投げてしまったのでは?

党の要が「迷言」で失笑を買っているなら、内閣の要のこの方も負けていません。

鳩山氏は説得力ない=党首討論で河村官房長官
6月17日18時9分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000128-jij-soci

 河村建夫官房長官は17日午後の記者会見で、麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表の党首討論について「鳩山代表の具体論のなさが際立った。無駄を省けば(財源が生まれる)ということでは説得力は全くない」と批判した。
 鳩山氏が「わたしは一人の命も粗末にしない」として医療政策の充実などを求めたことに対し、河村氏は「党首討論の中で お涙ちょうだい式の議論をやるゆとりはないのではないか」と酷評した。

+++

「コンクリート(公共事業」の方が大事で人の命を粗末にしてしまう政治に成り下がっている」
鳩山代表は、麻生自公政治をばっさり切った。
税の無駄を精査して、無駄を無くして.人の命を救う、と言う為政者としての当たり前の言だ。

態々、難癖を付けることなどない。「我々も確り精査する」 と言えば言いだけのことだ。
追い詰められた自公の余裕のなさを自ら曝した官房長官も.麻生に匙を投げたか…笑

河村官房長官は、官僚から 「無駄は無い。増税は必定」 と.言われると、そのまま鵜呑みにしてしまうのだろう。
鳩山代表の言質を捉えた長官の発言は,官僚から脱却できない自公政治の限界を表している。

+政権を取れば西川郵政社長には辞めて頂く。
+「4年間消費税増税」はしない。

党首討論は鳩山代表の圧勝でした。

                    ***

画像画像 *燃えろよ燃えろ!


西川氏続投支持派を批判=鳩山前総務相
6月17日20時55分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000184-jij-pol

 自民党の鳩山邦夫前総務相は17日、麻生太郎首相が党首討論で、日本郵政社長人事をめぐり「政府の介入は最小限にとどめるべきだ」などと発言したことについて「誤った判断をそのまま語った」と指摘した。

 また、「誰がそんなばかな入れ知恵をするのか。本当に腹が立つ」と述べ、西川善文社長の続投を求める勢力も批判。「やっぱり振付師を首相から遠ざけたい」と語った。都内で記者団の質問に答えた
 
画像 *鳩山前総務相が怒っている。
    記事中で鳩山氏が 「振付師」 と呼んでいるのは恐らく下の記事の麻生側近の菅氏でしょう。
    この方には紐が付いていて、手繰っていくと、中川秀、武部〜小泉・竹中など、西川死守派へ辿れるのでしょう。知りませんが……

「西川氏辞任、何が正義か」=自民・菅氏
6月17日16時31分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000110-jij-pol

 自民党の菅義偉選対副委員長は17日、文化放送のラジオ番組に出演し、鳩山邦夫前総務相が西川善文日本郵政社長の辞任要求を「正義のため」と正当化したことについて「何が正義か聞きたい。具体的なことは全くない」と批判した。

 また「かんぽの宿」の売却で、民主、社民、国民新の野党3党が西川氏を刑事告発したことに触れ、「(鳩山氏の西川氏辞任要求は)民主党や国民新党と一緒にやっているとしか思えない」と述べた。

画像 *党内も小爆弾の導火線に火がつきだした。

<清水鴻一郎議員>麻生首相の信任投票、自民議員に呼び掛け
6月17日20時42分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090617-00000099-mai-pol

 自民党の清水鴻一郎衆院議員(古賀派、当選1回)は17日、党所属国会議員に、麻生太郎首相(党総裁)の信任投票を呼び掛ける文書を配布した。東京都議選(7月12日投開票)後の投票を予定しており、不信任が多数だった場合、総裁選の前倒しを党執行部に求める方針。次期衆院選への危機感を背景に「麻生降ろし」の動きが広がっている。

 清水氏は17日、自民党本部で記者団に「麻生首相のリーダーシップに疑義があるという意見が多い。所属国会議員の考えを確認すべきだ」と強調した。

 今月に入って党内では、山本拓衆院議員(町村派)が総裁選前倒しを求めて署名活動を開始。各派閥とも署名に応じないよう締め付けているため、清水氏は信任投票の形で、総裁選前倒しを働きかける。【田所柳子】

画像 * もう直ぐ大爆発

                    
「麻生首相のリーダーシップに疑義があるという意見が多い。所属国会議員の考えを確認すべきだ」と強調した。
これは違うと思う。
自民党の議員は、選挙に勝てる顔として担ぎ上げただけで、麻生太郎氏にリーダーシップがあるなんて、誰も思っていなかった。端から分かっていたのだ。

だが、太郎さんはリーダーシップはないけれど、一筋縄ではいかない強か者だった。
最高権力を手にした者は皆、その魔力に取り憑かれる。中には重圧?にまけて.放り出す者もいるが、太郎さんは違った。矜持もない.さもしい人間だが、権力の頂点の旨みは熟知していた。何度も総裁選に立ったのは総裁候補として認知させるパフォーマンスだったのだ。

安倍が崩れ、福田が崩れ、清和会は遠慮せざるを得なくなった。小池、石原、石破は小物でしかない。与謝野は党内基盤が薄い。党内序列では俺様が上、俺の出番だ。

虎視眈々と狙っていた権力の頂点をやっと手にした。放してなるものか…
権力は法制度で守られている。引きずり降ろすのは容易ではない。担ぎ上げた者も非難される。
欲張りが更に欲張りを表紙に飾るというパロディー以下の茶番を演じてきたのだ。

清水と言う議員は 「信任投票」 を呼びかけるなんて繕ってますが、麻生降ろしを呼びかけているのでしょう。

ちょっと意地悪ですが…
この際先んじて野党から国会で不信任を突き付けたら?
自民は信任せざるを得ません。その後党内で不信任できます?

まあ、どうなるか分かりませんが、自民の議員は麻生に構ってないで、地元の有権者と真摯に向き合って.信頼を勝ち得るのが得策でしょう。

みんな大変ですね。驕れるものは久しからず と.言いますが自民の狼狽振りは哀れを誘います。

先のことは断定できませんが、自民が爆発・炎上して新しい政権が誕生するのは殆ど確定的だと.思います。
政治が停滞すれば社会も閉塞します。政治が躍動すれば社会も躍動し人々に笑顔が戻ってきます。

▼ ハンデミック
自民内で麻生降ろしが広まっている。感染者が増えれば爆発する。
ワクチンはあるのだろうか……www〜

自公の議員すべてが可笑しくなっているのではないでしょうが、皆、我が身の保身を優先するので、感染拡大は止まらないのでは?権力と言う魔物に絡め取られて.最初の志を忘れてしまった,政治家の哀れさが臭う。

一度下野して有権者と同じ目線で語らえば初心が蘇るでしょう。
政治家はテクノクラートやエキスパートである必要はありません。
人々の思いを汲み取り.思いやる感性があれば良い。


自公の皆さん。
下野すれば本当の世間が見えます。
捲土重来を期して下さい。

***

懐かしい歌をお聴き下さい。
自民の人は情緒的だ現実的でない、と.言うでしょうが.この歌はオーバーではありません。
今も似た様なものなのです。豊かさの重さを感じて下さい。
画像 今日もありがとうございました。


 川は流れる・・・仲宗根美樹



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
久間元死刑囚弁護団再審請求:飯塚事件 森法務大臣はなぜ急いで死刑執行したのか説明せよ
参考記事:裁判員法案の問題点――内田雅敏さんに聞く:「開かれた司法」の建前で密室・即決裁判が横行する ...続きを見る
晴耕雨読
2009/06/18 19:28
鳩山対麻生 党首討論第二戦 「麻生首相 逆転焦って自滅」日刊スポーツ見出し
鳩山由紀夫民主党代表と麻生太郎首相との、第二回戦の党首討論が昨日(6月17日)に ...続きを見る
ひげログ人
2009/06/18 20:30
何かが変わり始めたかも?
 本来なら昨日エントリーをしようと思っていた 「沖縄密約文書」 の 情報公開訴訟 なのだが、党首討論をみていて仕事の手が止まってしまい時間が足らなくなってしまった。   先日も書いた「沖縄密約文書」問題 だが、一昨日(6月16日)に東京地裁で情報公開訴訟が開かれ、東京地裁の杉原則彦裁判長が国側に 「もう大概にせえや」 と言ったように読みとれた。 ないとするなら 「その理由を合理的に説明する必要がある」 沖縄返還の際に、日米政府高官が交わされたとされる覚え書き3通であるが、 アメリカの公文書館で公... ...続きを見る
雑感
2009/06/19 05:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/18 (火) パンデミック寸前 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる