酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日暮し雑記」 5/23 (土)

<<   作成日時 : 2009/05/23 16:50   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 2

画像 道端に立つ花
  

この頃国会中継を見るのが苦痛になってきました。
理由は麻生太郎さんの答弁姿を生理的に受付なくなったからです。(無礼な物言いですが・・)
人には順応性が具わっていて、大概の変化に自然に慣れるように出来ています。社会環境だけでなく、テレビなどから与えられる番組や人物なども見続けているうちに慣れてしまいます。

姿・形で言えば、あばたもえくぼだった連れ合いが、時を経て、あばたばかりが目立つようになっても、より親しみを感じるようになる。(お互い様ですが…)

人の心を大きく動かすのは、表情と仕種、と飾り気のない言葉です。と、思います。麻生太郎さんの表情、仕種、言葉が胡散臭く感じられ国会中継を敬遠することになったのです。
まあ、順応性に富むのは利点ですが、新しい刺激に対する感受性が低くなることもありますので、麻生さんの姿に順応できない私の感性はまだ、機能していると言う方便で逃げて置きます。笑

そんな時は自然に対峙するのが一番ですが、一枚の写真、一幅の絵でも十分気持ちが安まります。

     悠久オホーツク、草食べる季節 網走市営牧場で放牧

画像
          知床連山を背景に、海風を受けながら牧草を食べる
             牛や馬たち=網走市営美岬牧場


 オホーツク海に面した網走市能取岬の市営美岬牧場で、牛や馬の放牧が始まった。知床連山を望む牧場で牛たちがのんびり草を食べたり、体を横たえたりしている。

 現在は、市内の農家から120頭以上の牛や馬が預けられている。今年はピーク時に220頭以上放牧される見込みだ。波状の傾斜地となっている牧場は約67ヘクタールで、七つの牧区に分けられている。放牧は10月末ごろまで続く。

 のどかで、広々としたオホーツク地方らしい風景は、映画やテレビドラマのロケ地として知られ、多くの観光客が訪れている。

拡大写真

2009年5月23日3時1分 asahi.com(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0522/HOK200905220002.html

                     ***

新生民主党が船出して一週間経ちました。
マスコミは相変わらずですが、世間は鳩山新体制を歓迎しています。

小沢代表代行も地方行脚を本格化しました。
だがメディアは健気ですひたすら自公を援助しています。
党内からは「回れば回るほど票が減る」(若手)と冷ややかな声も漏れている。
西松建設の違法献金事件には触れないなど、代表を辞めても態度は変わらなかった。
など、連日題目を唱えているが世間の風を変えることは出来ないでいる。

「派閥ごっこ」に意味はない。
マスコミが推奨した岡田氏は「私の役割は代表と代表代行を支えることだ」と力強く語った。
また、「岡田グループ」結成の動きを「派閥ごっこ」に意味はないと一蹴した。
新体制のエンジンを引き受けた人物は、何が最重要、最優先か.を十分以上に分かっている。

一部跳ね返り連中など上手にガス抜きに利用すれば良い。
泣いても笑っても後3カ月、たった3カ月だ。
不穏分子は捨て置いて、他の者一丸となって勝利へ突き進んで欲しい。

岡田克也幹事長は22日午後、幹事長就任後初めてとなる党本部での定例記者会見で、「私の役割は、代表を支え、3人の代表代行を支えること」と改めて述べるとともに、総選挙まで残された時間は少ないが、何としても選挙に勝利し、政権交代を成し遂げることが幹事長としての任務であると語った。

民主党本部記者会見
http://www.dpj.or.jp/news/?num=16005

かく乱するメディア
民主 「岡田グループ」発足 前原氏ら60人参加
5月21日7時57分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000123-san-pol

 民主党代表選で、鳩山由紀夫代表に敗れた岡田克也幹事長を支援したメンバーが20日夜、都内で陣営の打ち上げ会を開き、今後、岡田氏を支える有志の会合を開いていく方向となった。事実上の「岡田グループ」の発足で、代表選をきっかけに民主党内の勢力図に大きな変化が生じた。

 東京・紀尾井町のホテルニューオータニで開かれたこの日の会は、当初、着座形式で予定していたが、参加者が約60人にふくれあがったため、急遽(きゅうきょ)立食形式に変更するほどの盛況ぶり。岡田氏本人のほか、前原誠司副代表と野田佳彦幹事長代理、川端達夫副代表ら党内グループのトップとそれぞれの所属議員が出席し、菅直人代表代行グループの多くのメンバーも姿を見せた。

 出席者によると、会合では、前原氏は「次は岡田さんだ」とあいさつするなど、「岡田待望論」が続出し、「岡田氏を支え、政局を見据えていく」(中堅)などとして、グループとしてまとまって活動を行っていくことでほぼ一致したという。

 出席者の一人は「岡田氏の下にグループ横断的に集まるので、『岡田ホールディングス(持ち株会社)』のようなものだ」(別の中堅)と解説するが、早くも会の名称として、岡田氏の代表選での得票数にちなんだ「95(きゅうご)の会」などの案が上がっている。

 一方、岡田氏はこれに先立ち、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、西松建設の違法献金事件で公設秘書が逮捕・起訴された同党の小沢一郎代表代行について「集めた金を何に使っているか、分かりやすく説明した方がいいと申し上げてきた。国民がいまだに疑問を持っているとすれば、した方がいい」と述べ、小沢氏は政治資金の使途を十分に説明すべきだとの考えを示した。

毅然たる幹事長

「岡田グループ」に否定的=民主幹事長
(2009/05/22-18:35) 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009052200854

 民主党の岡田克也幹事長は22日の記者会見で、先の代表選で岡田氏を支持した議員から党内グループの結成を求める声が出ていることについて「民主党と自民党は違う。『派閥ごっこ』のようなことをしていったい何の意味があるのか」と否定的な考えを示した。(2009/05/22-18:35)

                     ***

恒例のサラリーマン川柳。
一位の歌は世間に疎い私には意味がよく分かりませんでした。

私のお奨めは九位
「胸よりも 前に出るなと 腹に言う」 (えんどうまめ)
四位
「朝バナナ 効果があったの お店だけ」 (品切れ店長)

皆さんは?

サラリーマン川柳に託す嘆き節、今年のベスト10決まる
5月22日19時45分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090522-00000840-yom-soci

  「しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ」−−。

 第一生命保険が22日発表した「サラリーマン川柳コンクール」のベスト10で、妻の体形を、人気歌手グループとアニメ映画の名前を使って嘆いた作品が1位に選ばれた。

 今回は「朝バナナ 効果があったの お店だけ」(4位)、「胸よりも 前に出るなと 腹に言う」(9位)など、健康や「メタボ」にまつわる4作品がベスト10入り。一方で、「久しぶり ハローワークで 同窓会」(2位)など不況やリストラを嘆く作品は、2作品だった。

 今年2月に選ばれた入選100作品を対象に人気投票が行われ、全国から約10万票が寄せられた。

 ◆ベスト10◆

 第一位 しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ (オー マイ ガット)

 第二位 久しぶり ハローワークで 同窓会 (転起)

 第三位 ぼくの嫁 国産(こくさん)なのに 毒(どく)がある (歩人)

 第四位 朝バナナ 効果があったの お店だけ (品切れ店長)

 第五位 やせたのは 一緒に歩いた 犬の方 (花鳥風月)

 第六位 「ストレスか?」 聞かれる上司が その原因 (読み人知らず)

 第七位 コスト下げ やる気も一緒に 下げられる (敏腕経営者)

 第七位 「パパが(・)いい!」 それがいつしか 「パパは(・)いい」 (はりきりパパ)

 第九位 胸(むね)よりも 前(まえ)に出(で)るなと 腹(はら)に言(い)う (えんどうまめ)

 第十位 篤姫に 仕切らせたいな 国会を (玲子命)


画像 ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日米が突き進む「金融心中」への道
昨日発売された「ニューズウイーク日本版2・11」の9ページに掲載されているピーター・タスカ氏の論説である。 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/05/23 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日たまたま国会中継を見ました。国民新党の自見庄三郎氏が郵政の人事について質問していました。
自見氏は麻生首相に対し、「鳩山総務相が西川社長続投を否認した時に、首相権限で覆すことはないですね?」と念を押した際、「適切に判断いたします」という答えにならない答えをしていました。
思えば、国会答弁は昔から煙にまくようなものが多かったのですが、対話になっていなことが大問題だと思います。
「どうなんですか?YesかNoでお答えください」という質問に対し「適切に判断いたします」というような、まじめに答えない答弁がまかり通っています。
これでは、教育上まことによろしくないと思っています。日本で「議論」「討論」の文化が育たないわけです。
民主党はじめ野党が政権交代を果たし、新しい政府を作った暁には、国会での答弁は、やるものはやる、やらないものはやらない、できないものはできない、検討するものは検討する、と明確な答えをしてもらいたいものです。
かん
2009/05/24 11:29
かんさん。

国会の議論は、質問、答弁が、予め分かってますので、言わばやらせです。たまに、大臣が役人の紙に頼らず答える時があります。また、時に軽妙洒脱な応酬があったりしますが、大概は審議時間の消化のためでしょう。
原則政府委員に答弁させないと、言っている野党が政権を取った時が楽しみです。
是非、視聴率の取れる国会論戦になって欲しい。

ありがとうございました。 酔語。
酔語
2009/05/24 14:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日暮し雑記」 5/23 (土) 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる