酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳩山新体制の民主党 石井一・党副代表に聞く

<<   作成日時 : 2009/05/23 16:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「日暮し雑記」 part [T]


特集ワイド:愚問ですが 鳩山新体制の民主党 石井一・党副代表に聞く

 民主党は、鳩山由紀夫代表による新体制が動き出した。剛腕で知られた小沢一郎氏に比べて、「宇宙人」とやゆされる鳩山さんの手腕はいかほどか。ご意見番である石井一党副代表に、新旧代表の評価と、選挙の展望を尋ねた。【坂巻士朗】

 ◇すべては衆院選に
 ◇「友愛」…分かるような分からんような
 ◇小沢院政?なりませんよ


 −−世論は、党代表に岡田克也さんを、という声が強かったですよね。

 石井さん 岡田さんは、本人の意思とは別に、小沢批判の象徴的存在にされてしまった。選挙に向けて、党が割れるのではと、危ぶむ人たちの支援が得られなかったのではないか。

 −−鳩山新代表をどう評価しますか。

 石井さん 自民党を出て、(93年に)新党さきがけをつくっただろ。園田さん(博之衆院議員)とか自民党に帰ってしまったけども。官僚と政党人が結びついた自民党政治に対しては、並々ならぬ闘志を持った男ですよ。野党生活を続けてきて、反骨精神に磨きをかけてきた。小沢さんの下で3年幹事長をやって成長し、安心感のある、敵のない人間になった。麻生(太郎首相)なんかより、はるかに粘り強い総理になると思う。

 −−敵がないということは、けんかを好まないということでしょうか。八方美人?

 石井さん けんかができるかどうかはこれから見せてもらわなくちゃいけないが、世の中、けんかばかりじゃないからな。鳩山という政治家が未熟だと思ったこともある。ただ、苦言を呈したり注文すると、すぐメモをとって、「ありがとうございました」なんて素直なんだ。

 −−鳩山さんの掲げる「友愛」って分かりづらいです。

 石井さん いやあ、すべての人に対して愛を持つということで、ぼくは友愛に関してはあんまり深く知らん。まあ、政治の未来像というのは、ああいう言葉でいいんじゃないかな。分かったような、分からんような、悪い感じはしないという。

 −−友愛は、鳩山邦夫総務相も使います。兄弟での政治活動もあるのでしょうか。

 石井さん 邦夫さんは次男坊としてやんちゃというか、きまぐれというか。兄弟でもなぜあれだけ性格が違うのかという評価があります。本当は邦夫さんだって、民主党の椅子に座って、兄弟でともに努力する姿勢があっていい。

     ■

 −−小沢さんの辞任についてです。連絡のあった時は、どんな様子だったんですか。

 石井さん 本人から電話がかかってきたのが、11日の会見をする3時間ぐらい前。「ぴんちゃん、心配かけた。決断した。許してくれ」と。「残念だな」と言った。

 −−おれの目を見ろ、何にも言うな、という感じ?

 石井さん 男の美学だよ。連休前の4月28日に会って話した。辞めろという世論が強いので迷っていたのは分かった。「ぷっつんするなよ」と言った。一昨年秋の自民党との大連立が失敗して、一時辞めようとしたことがあるから嫌な予感があった。

 −−連休の間に何があったんでしょうか。京セラの稲盛和夫名誉会長との密談が決め手とも言われますが。

 石井さん 稲盛さんのことは分からない。人にはほとんど会っていなかったようだ。ものすごく孤独に考えた。大連立騒動の時もそう。夜中にいきなり辞表を書いて、鳩山幹事長(当時)のいた名古屋のホテルにまで秘書に運ばせた。今回は、自分が代表を辞めれば党を救い、政権交代ができると判断したんじゃないか。その決断が正しかったことは、選挙で勝ち、裁判で真実が分かったときに判断される、と考えているのだろう。

 −−とはいっても、国の工事を受注する西松建設から、多額の献金を受けた理由をきちんと説明しないまま辞めてしまった。

 石井さん 事件が起きたとき「お前、1回や2回は(口利きの)電話をしたことあるやろ」って聞いた。「おれはそんなことしないんだ」との答えだった。彼自身、東北のドンみたいな顔をしている。民主党が政権を取ったら、公共事業で恩恵をこうむれるかもしれないという思いが、ゼネコンにはあったんだろうね。

 −−だからこそ、説明してほしいと思うのですが。

 石井さん だけどね、地検が秘書を捕まえて、資料を持って帰って調べても、政治資金規正法の虚偽記載という形式的な問題しか出てこなかった。いっちゃんに、「きちんと説明したほうがいい」と言ったが、「一点の曇りもない」とのことだった。

 −−やはり説明する考えはないんですね。地検と何らかの司法取引があったとか。

 石井さん 代表を辞任する代わりに、捜査を終結させるっていうこと? 今の状態ではそれは考えられないんじゃないの。捜査はまだ続いているんだよ。証拠隠滅や逃亡のおそれがあるとは思えない秘書が拘置されたままで。

     ■

 −−小沢さんについて回るのが、「選挙の小沢」という言葉です。

 石井さん いっちゃんが党首をやっていた自由党と、民主党が合併を進めていた6年前。民主党の中で、「小沢の思想は自民党より右だ」って反対の強かったのが旧社会党の人たちです。ところが、代表になってからの3年間で、全国各地の連合を回り、旧社会党の議員から支持をとりつけた。前回の参院選(07年)で、四国で圧勝し、九州や北陸、東北、北海道でも強かった。自民党が半世紀以上、金城湯池として耕してきた地盤をひっくり返し、民主党を都会政党から脱皮させた。

 −−小沢さんの選挙対策には、秘策があるとか。

 石井さん 実際に現地を歩くとか、調査するとか手法はあるが。いっちゃん自身が、寡黙で素朴なんだな。それと同時に、自民党に裏切られてきたという不満があって、医師会も特定郵便局も農協だって、小沢ファンが多い。

 −−その小沢さんが代表代行として、選挙にあたる。衆院選は、どのような展開になると見ますか。

 石井さん これからの努力ですが、過半数(241)に近づいている。180の比例代表のうち、民主党が80、自民党が50、公明党が20ぐらいか。300の小選挙区で半分に届かずとも、無所属の人が10人程度いて(会派を組めば)単独過半数も夢ではない。

 −−鳩山新体制は「小沢院政」になるのでしょうか。

 石井さん マスコミは一斉に辞めろと言って、今度は院政とかかいらいとか言う。なりませんよ。鳩山代表はそれだけの人間修業、鍛錬を積んできてます。それに、いっちゃんの考えているのは、とにかく選挙で勝つということだけ。だから、選挙以外、代表にも幹事長にもほとんどものを言わんでしょうな。この数日を見ていても、はっきりしている。すべてが衆院選にかかっているんですよ。小沢代表代行の功も罪も凝縮されている気がします。

 −−愚かな質問ばかりで失礼しました。

==============

 ◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan@mbx.mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

==============

 ■人物略歴

 ◇いしい・はじめ
 1934年生まれ。69年に自民党公認で衆院議員に初当選。現在は参院議員。国土庁長官、自治相など歴任。93年に新生党結成に参加し、98年に民主党へ。

毎日新聞 2009年5月21日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090521dde012010013000c.html

「日暮し雑記」5/23(土)も読んでください。
http://430-1219.at.webry.info/200905/article_27.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳩山新体制の民主党 石井一・党副代表に聞く 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる