酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/19 (火) ちょっと能書き…

<<   作成日時 : 2009/05/19 17:58   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 2 / コメント 4

画像  チューリップ
   「博愛」 「思いやり」


梅は咲いたか 桜はまだかいな・・

春を待ち焦がれた日が懐かしい。
早いもので振り返れば初夏を迎えていました。沖縄、奄美地方は 梅雨入り したそうです。もう一月も経てば真夏の太陽に焼かれる季節になります。(私の最も好きな季節です)

<梅雨入り>沖縄、奄美 平年に比べ遅く
5月18日12時4分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090518-00000025-mai-soci

 気象庁は18日、沖縄と奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。全国で最も早い梅雨入りで、沖縄は平年より10日遅く、昨年より4日早い。奄美は平年より8日遅く、昨年より4日早い。

 気象庁は梅雨入りが遅い要因について「大陸からの高気圧の勢力が強く、西からの湿った空気が入らなかったため、前線が現れなかった」と説明している。沖縄と奄美地方は今後1週間、前線の影響で曇りや雨の日が多い見込み。

                     ***

今朝の朝日の記事は、相変わらず「傀儡」「院政」の文字が踊り、小沢氏を「猛獣」「闇将軍」と呼んでいた。他のメディアも似たようなものでしょう。兎に角、小沢引き剥がしが第一、これさえ為しえれば民主であれ、自公であれ日本の政体は二の次のようだ。

暑い夏は、熱い夏になります。

戦いは、人々の信任を得た政党が勝利した。
熱い戦いが終わり新政権誕生に沸く世間に.心地よい秋風が吹く頃、メディアには恨めしい風が吹き込んでいるだろう。麻生権力と交わした約束を遂行するべく懸命に戦ったが.民の心を変えられず、苦渋をなめた。メディアは.どんな論調を展開しているのだろうか。

あわれ今年の 秋もいぬめり・・・

やがて秋も深まり冬が訪れる。恃みの権力は寒さに曝される前に冬眠してしまった。
少し強引だったようだ…元のように公正・中立に戻ろう。
そう願います。新しい権力が自公のように暴走しないように監視・批判する使命を果たして下さい。

夢想……でないことを信じています。



さて、鳩山新代表は自身の政治哲学 「友愛」 を.高らかに謳い上げました。
私に 「愛」 と言う抽象概念を語る 能力(脳力)はありませんが、鳩山さんの思いは共感できます。社会は.人やその集団・組織など多様で、ともすれば対立します。その対立を繋ぐ懸け橋が 「友愛」なのでしょう。これは人以外の動植物に対しても同じです。

もともと、国家も政治も抽象ですから理念は壮大で良いのです。政治家はそれを我々に資するべく具体化してくれれば良いのです。

一方 私たちは、「愛」に囲まれて日々を暮らしています。気付かずとも、言わずとも私たちの営みを支えています。
私たちは誕生すると、父母の愛を一身にに浴び、周りの愛に育まれて成長します。父母・兄弟姉妹互いに思いやり、支え合って自然に 「愛」 が育まれます。

親、兄弟、年の差はあっても互いに影響を受け成長する過程で対立が生じた時、愛が触媒となり更に絆が強くなるのです。基本は家族愛でしょう…だけど、人は成長するにしたがって自己愛が強くなります。これも自然です。

「友愛」 は壮大な理念ですが、基本は個々人の心次第です。
制度で喚起させるのはかなり難しいかも知れませんが、多くの人々が合意できる福祉制度なら可能だと思います。果たして合意を取り付けることができる政治家、説得できる政治家が出るかどうか…。

こちらの、超セレブの親子、兄弟の 「愛」 も複雑なようです。

鳩山さんの弟、邦夫(総務相)は、代表に就いた兄貴に対して 「小沢さんの操り人形に見える」

小泉さんは、世襲批判に対して 「私は自分の子供たちにああしろ、こうしろとは1度も言っていない。進次郎が『自分は政治家になりたい』と言ったので、親バカと言われながら応援している」
と、語ったそうだ。

片や、共に民主党を立ち上げ後に袂を別った兄弟。
片や、批判は承知の上で家業を継がせたい父親と子息。

親子や兄弟の愛に他人が嘴(くちばし)を挿む無粋なことは慎みます。
愛憎も表裏なら、愛と欲も紙一重、複雑なものですねえ……。

一言、言わせて貰うと世襲は止めて頂きたい。

「完全な小沢院政」=民主新体制を酷評−各閣僚
5月19日12時42分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000081-jij-pol

 民主党の鳩山由紀夫代表が小沢一郎前代表を代表代行に起用したことについて、19日午前の閣議後の記者会見で、各閣僚から批判する声が相次いだ。

 甘利明行政改革担当相は「完全に小沢院政が敷かれたと思う。(鳩山氏に)その呪縛(じゅばく)から逃れるだけのパワーはない」と酷評。

鳩山代表の弟の鳩山邦夫総務相は「兄弟の間で非常に言いにくい」と前置きしつつも、「国民の誰から見ても小沢さんの操り人形に見える」と指摘した。

 金子一義国土交通相は「小沢さんを代表代行にしたのは失敗だ。西松(建設からの違法献金事件)の問題の説明がついていない」と断じ、佐藤勉防災担当相も「鳩山さんはそれ(説明責任)を引き継いでいる」とけん制した。

 新体制の顔触れに関しても、与謝野馨財務相は「写真を見ると(代表を経験した)同じ人たちが写っている」と皮肉り、野田聖子消費者行政担当相は「新しい顔がいないのはライバルとして残念だ」と述べた。


「世襲は制度ではない」小泉元首相、地元で反論
5月19日7時4分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000025-yom-pol

 小泉純一郎元首相は18日、神奈川県横須賀市本町で開かれた自民党横須賀市連合支部大会で講演し、「世襲は制度ではない。政治家は有権者に選んでもらわない限り、議員にはなれない」などと、世襲批判に強く反論した。

 大会には、次期総選挙に元首相と同じ神奈川11区から出馬予定の次男、進次郎氏や蒲谷亮一市長らが出席。

 元首相は「私も初めて出た時は世襲批判の中で選挙をした。進次郎は世襲批判のターゲットにされているが、批判を乗り越えて頑張るしかない」と述べた。また、 「私は自分の子供たちにああしろ、こうしろとは1度も言っていない。進次郎が『自分は政治家になりたい』と言ったので、親バカと言われながら応援している」と、会場を笑わせた。

                    ***

鳩山さんのデビュー 楽しみです。
麻生氏は記者に問われて、受けて立つ余裕の表情でした。
鳩山さん!麻生氏の言いがかりを論破して.堂々たる姿を世に知らしめて欲しい。

自・民、27日党首討論開催で合意=麻生首相、鳩山代表が初対決へ
5月19日12時5分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090519-00000068-jij-pol

 参院国家基本政策委員会の自民党の脇雅史、民主党の小川敏夫両筆頭理事は19日午前、電話で協議し、麻生太郎首相と民主党の鳩山由紀夫代表による初の党首討論を27日に開催することで合意した。

22日の衆参両院の国家基本政策委員会合同幹事会で正式決定する。小川氏が27日の開催を申し入れ、脇氏も応じた。
 党首討論は今国会初めてで、昨年11月に首相と小沢一郎前代表が行って以来となる。

                    ***

インフルエンザも気になってますが、ダラダラ能書きを連ねてしまいました。
かなり前、「愛情一本○○ドリンク」、と言うCMがありました。
私には滋養強壮も健康ドリンクも必要ありません。笑

これから私から私への 「愛情一本○○焼酎」を頂きます。
酒を愛する=詭弁です。自己愛、ここに極まれリ。笑

画像
               ありがとうございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【検察庁の本性】加藤紘一氏の立件見送りと三井元公安部長の逮捕 〈検察庁は刑事事件の裁判所か〉
古い記事ですが、 ...続きを見る
晴耕雨読
2009/05/19 20:17
御礼 + 古賀誠の本音がポロリ!「(投票率が)あまり高くない方がいいのではないか。」
  当  ブ  ロ  グ  へ  の ...続きを見る
晴天とら日和
2009/05/20 12:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
何が一番大事か。
このたびの小沢氏秘書逮捕の一件では、私の愛読する(?)ブログの反応がいくつかに分かれました。
ひとつは、逮捕や捜査が不当であり、小沢氏を追い込むためのものであるから、小沢氏は代表辞任すべきでないとするもの。
ふたつ目は、目指すのは政権交代であるが、脛に傷持つ小沢氏が代表では戦えない、だから代表辞任すべきとするもの。
もうひとつは、すごく大雑把に言うと、だから民主党はダメなんだとするもの。
三番目は日本共産党がそうでした。今回こういう方は関係ありません。問題は、二番目の反応をした方です。
今大事なことは、お互いの違いを認めながらも、大目標である政権交代に力を結集することです。政治とカネの問題は、政権交代後早晩俎上にのぼる問題です。その時に、侃々諤々論議すればいい。そんなことを考えています。
かん
2009/05/19 20:06
かんさん。こんばんは!
「お互いの違いを認めながらも、大目標である政権交代に力を結集することです。」
仰る通りです。時間は人為的に止めることはできません。歩きながら、走りながら考え、答えを出さなければ、未来はありません。

勿論、立ち止まる、振り返るのは大切ですが、今はその時ではないような気がします。安倍、福田、麻生で十分学習してきたと思うからです。

仰るように政権交代後に侃々諤々議論、総括すれば良い、と私も思っています。
チャンスは活かせ、良縁は逃すな。
これで行きましょう。

ありがとうございました。 酔語。
酔語
2009/05/19 20:45
「晴天とら日和」さんのBlogより来ました。団塊世代の男性です。
始めて読ませてもらって始めてコメントします。
鳩山民主党代表の「友愛の政治」、最初はえっ?って思いました。しかしこの言葉が単なる思いつきでなく、96年の旧民主党結党時の理念であることを知って、すごく納得すると同時に、鳩山代表に、ぜひとも頑張ってもらいたいと思っています。
自民のお馬鹿議員や、お馬鹿マスコミにはこの言葉の意味すらまったく理解できない人間が多いようですが、堂々と「友愛の政治」を前面に掲げて、邁進して欲しいと思ってます。
この言葉を聞いて思い出したのが、Kanの「愛は勝つ」。
「どんなに困難で くじけそうでも
 信じることさ 必ず最後に愛は勝つ」
路傍の石
2009/05/20 13:34
路傍の石さん。
初めましてありがとうございます。
「路傍の石」は謙遜なさっての命名だと思いますが、私は正真正銘の道端の石ころです。笑。

「艱難汝を玉にす」
一度しかない人生を生かさなかったら生まれてきた甲斐がない……私は大して苦労もしておりませんが石ころの方が世間がよく見える場合もあります。

堂々と「友愛の政治」を前面に掲げて、邁進して欲しいと思ってます。私もそう思います。
Kanの「愛は勝つ」は知りませんでした、一度聴いて見ます。

「とらちゃん」(晴天とらさん)は、肝っ玉母さんです。私もフアンの一人です。

ありがとうございました。
拙い当ブログですが、お暇な折、時々覗いて下さい。
宜しくお願いします。 酔語。
酔語
2009/05/20 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/19 (火) ちょっと能書き… 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる