酔語酔吟 夢がたり

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日暮雑記」 5/2 土曜日

<<   作成日時 : 2009/05/02 20:06   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

画像   卯の花(ウツギ) 「謙虚」


GWの丁度真ん中の2日、高速道路は故郷や行楽地へ向かう車で大渋滞しているそうです。空港もインフルエンザは怖いけど…マスクなどで自衛して海外へ出かける人々で混雑しているようです。事故なく楽しい旅にして下さい。

列島を北上して各地に春を告げてきた桜は今、札幌で見ごろを迎えています。
北海道の皆さんにやっと春が訪れました。

サクラ前線、札幌に到達 平年より4日早く
(05/01 14:31、05/01 15:35 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/162536.html

 札幌管区気象台と日本気象協会道支社は一日午前、札幌でのサクラ(ソメイヨシノ)の開花を発表した。開花は平年より四日早いが、春先の記録的な高温で観測史上最も早かった昨年に比べると、十日遅い。

 観測対象の標本木は札幌市中央区の北海道神宮にあるソメイヨシノで、同気象台の職員が一日午前十時に二十輪の開花を確認。開花は、気象台の予想より一日早く、協会の予想より三日遅かった。

 また、神宮内のエゾヤマザクラは一日、昨年よりも九日遅く、満開となった。

 札幌の三十日の最高気温は七月上旬並みの二三・四度を記録、一日も正午で一七・三度まで上がり、開花が早まった。連休中に見ごろを迎える見込み。

+++ 当地ではほとんど散ってしまいましたが、往く春を惜しむかのように、ぽつんと咲いている花もあります。春景色から夏景色へ変わりつつある中、何やら私の如く年を取るのが嫌で若さを自慢しているような花が残っています。笑

*ゆく春や 逡巡として 遅ざくら 蕪村

*散る桜 残る桜も 散る桜 良寛
でも、結局は散ってしまいます。
桜も私も年輪を重ねて往きますが、毎年、咲き誇れず先細りの道を往くよりない自分を恨めしく思います。
まあ、それよりも 春よこい、早くこい と願う日々をやつと抜けだして、夏は来ぬ の季節になりました。

ここまでくれば夏まで一息です。連休は夏を迎えるためのリフレッシュ期間です。一息入れて大いに英気を養って下さい。

もう一つ、今夏は戦後最高の暑い夏になります。
やっと、私たちの権利が行使できる選挙の夏です。相変わらず.ネチネチと嫌らしい小沢攻撃に加えて身内の自己保身議員がキャンキャン吼えていますが、一切無視しましょう。

メディアもコメント屋も民主の吼え吼え議員も世間から浮き上がっているのを知るべきです。メディアやコメント屋は利益第一ですので公共や公正・中立を一時捨てる動機があります。今、大同(強欲権力)に着いてますが風向きが変わればジャーナリズム云々を垂れて白っとしているでしょう。

問題は民主の吼え吼え議員連中です。良く名前の挙がる人物は野党であるがゆえの存在だと気付いていないだろう。ある時勇ましく、ある時ネチネチ、ある時屁理屈で追い詰める自身に自分が惚れているに過ぎないナルシストなのです。

それほど自信があるなら党を離れても十分に政治家としての道を行ける筈だ。だが、連中は正義は我等にある。世間は皆、支持している。だから小沢辞めろ。党の執行部は世間を知らないのか!党を明け渡せと内外に吼えているのだ。www


果たしてそうか。そうか?
世間を馬鹿にしてはいけない。小泉・安倍。福田・麻生で学習してきた。それは官僚による中央集権、それに乗るパフォーマンス政治を破壊して欲しいと、心から思っていからだ。

志高く政治家を目指しそれを貫いている人もいるだろう。家業を継いだ政治屋もいるだろう。
民主の吼え吼え議員は志高く政治家を目指して今、その職にある筈だ。連中が一片の曇りもないと誇りがあるなら、小沢だけが強欲だと決め付ける運動は可笑しすぎる。

「何処からカネを持ってきた分からないような…云々」 「土建屋からカネを貰った以上、どんな言い訳も出来ない…云々」 こう云う言動を吐く人間こそ、その人間性を問われるべきだろう。

世間から、腹の底が見透かされているのだ。
ネット巡りをしていますとある民主議員のブログに遭遇した。彼の周りは90%以上、小沢辞めろだそうだ。笑
だから、本人は自分の当選が覚束無い…で、小沢辞任せよ…マンガ以下である。
彼の為すべきは簡単である。自身の信念を吐露して小沢から離れて活動する、と宣言すれば済む。90%の人が彼を応援し当選するだろう。

まあ、この程度の連中が、あわよくば民主の主導権を握ってパフォ^マンス政治をしたいのでしょう。
とまあ、嫌味を並べてしまいました。

世間は皆、政権交代を待望しています。敵の攻撃がどんどん激しく陰湿になることも皆、折込済みです。
自らの発信力のなさを認めないで、メディアに乗せられ片棒を担ぎ、己が身の浮上だけを画策する愚を恥じてほしい。

***

栄西和尚が伝えた、お茶はもともと薬だった、と聞いたことがあります。
お茶には様々な栄養素が含まれていますので、薬効はあるでしょう。科学が進歩した現代ではその有効成分を抽出して医薬品から健康食品まで利用されています。

でも、やっぱり最大の効用は、仕事中や近所の井戸端のコミュニケーションのツールでしょう。

アフターファイブの酒を介在したコミュニケーションとは全く違う効用があります。
私もお茶は好きです。コーヒーはもっと好きです。紅茶は嫌いではないですが、たま〜にしか飲みません。

♪〜
 夏も近づく八十八夜
 野にも山にも若葉が茂る
 あれに見えるは
 茶摘ぢやないか
 あかねだすきに菅(すげ)の笠 ♪〜


<茶摘み>初夏の日差しの中、新芽、丁寧に 愛知・西尾

画像 八十八夜の2日、抹茶の産地、愛知県西尾市の茶畑で茶摘みが行われた。

 かすり姿の女性たちが新芽を丁寧に摘み取った。「いい抹茶になってほしい」との願いを込め、やわらかい葉が破れないように、優しく摘んだ。「夏も近付く八十八夜」と唱歌に歌われ、緑の茶畑は初夏の日差しを浴びていた。

 西尾の抹茶は今年2月、特許庁の地域ブランドに認定された。年間約350トンを生産する。茶摘みは5月末まで続けられる。【中村宰和】

(八十八夜を迎え、新茶を摘むかすり姿の女性たち=愛知県西尾市で2009年5月2日、兵藤公治撮影)
5月2日14時34分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000047-mai-soci

***

私の親愛なるご老人のお住まいはこの季節「卯の花」が満開になります。
電車でも車でも3時間ほど、離れていますが行けば何時も大きな満足が得られました。
今年はまだ訪問していませんが瞼に焼き付いています。

You Tube で見つけました。
懐かしい歌を聴いて下さい。


 夏は来ぬ


画像 水芭蕉 「美しい想い出」


ちょっと気が早いですが、夏がくれば思い出す♪〜

連休は各地で水芭蕉も満開になります。お近くに名所はあれば 花言葉のように 「美しい想い出」 が出来るでしょう。

*** 今日もありがとうございました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごぶさたしてます。ついに桜前線も札幌到達ですね。
こういうニュースを見ると、あらためて日本って広いなあと思います。南北にも東西にも。
ああ、旅心がむずむずと。それどころでない毎日なんですが
仲@ukiuki
2009/05/02 22:44
仲@ukiukiさん。
おはようございます。

お元気ですか?
私は相変わらずの日々を送っています。
もう直ぐ夏になります。春眠から目覚めて下さって、更新して欲しい。心よりお待ち致しております。
ありがとうございました。
お身体に気をつけて。 酔語。


酔語
2009/05/03 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日暮雑記」 5/2 土曜日 酔語酔吟 夢がたり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる